いまさらーなモンテレイの幼稚園、小学校事情

このブログをやっていて、知り合い・そうでない方含め、よくお問い合わせをいただくのが、
「モンテレイの学校や幼稚園について教えてほしい」というもの。

メールでお返事させていただくことがほとんどですが、
内容がかぶっていることも多いのでw、ひっじょーに今更ですが(笑)
友だちからもらった情報も含め、まとめた内容を乗せておこうと思います。

まず、モンテレイに日本人学校というものはありません。
また、「インターナショナルスクール」なるものも存在しません。
(いや、そう謳っているところはあるけど、実際はちょっと英語に力をいれてる現地校笑)
なので、幼稚園、小学校・中学校の子供たちは現地校に通い、
高校生くらいだとアメリカンスクールに入れる、というのが普通。

ちなみに小学生と中学生には土曜日に「日本語補習校」というのがあって、
月から金は現地の学校でメキシコ人と同じように学び、
土曜日の午前中のみ日本語で日本の授業を受けることができる、というもの。
(といって補習校の先生はあくまでボランティアの先生であり、
日本で教員免許をもっているわけでもないので、
あくまでも『子供たちの自習を補完する』という役割にすぎません)

幼稚園:

幼稚園と呼ばれるものは2種類あって、一つは大きな学校(小中はもちろんのこと、高校くらいまである)の付属の幼稚園。もう一つは、ほんとに2歳くらいから行かせて、小学校前までの幼稚園。人によって違いますが、そのあともモンテレイで小学校に通うなら付属の方が便利です。多くの人は、1歳半―2歳くらいで小さな幼稚園(後述の方)に1,2年通わせてグループで家族以外と過ごすことに慣れてから、3歳になる年(これも1月時点か9月時点かは学校によって違います)に付属の幼稚園に入れます。みんな同じ年度に入ってそのまま持ち上がっていくので、小学校に入るころにはみんな仲良くなっているという寸法。


☆付属でない幼稚園(小学校に入る前までの小規模幼稚園)
例えば、Quitxillaという幼稚園。日本人のお子さんでも小さな(3歳未満)お子さんが現在何人か通っているそうです。デルバジェのアマゾナス沿いにあって、今度アレグロという別の小さな幼稚園と一緒になるらしい。他にも小さい幼稚園は探せばサンペドロ内にいっぱいあります。

小さな幼稚園のメリットは、
幼稚園の先生やスタッフ全員が顔見知りでみんなでアットホームな雰囲気の中で過ごせる。
人数も少ないので年齢が違うお友達とも仲良くなれる。
サンロベルト、コレヒオ、など付属の幼稚園に比べると月謝が安い。(月3000ペソ前後
制服は200ペソ位
文房具を揃える必要はない。
オムツ、おしりふき、アルコール消毒、エアー除菌みたいなのは用意する)
デメリットは
年中や年長になるとみんな大きい学校へ変わるので、年長さんくらいでは1クラスあたりの人数が大分すくなくなってしまう。
小学校へもちあがりでないのでまた新しく友達を作り直しになる。

☆付属の幼稚園 (下記にいくつか付属の幼稚園がある学校を紹介しています。ここではサンロベルトを例にあげます)
Nursery(3歳から)や
その下にあるPre-Nurseryというクラスから入れます。1クラスMAXが12人までのクラス構成で先生が一人とあと2人補助の先生がついてくれます。12 人を3人で観てくれるので手厚い感じ。生徒に対して先生の人数は多い方。(あくまでもサンロベルトのケース)
おむつが完璧に外れていなくても、学校でトレーニングを手伝ってくれる
(これは基本、メキシコならどこの幼稚園でも同じだと思う)
Nurseryというクラスに小さい頃から入学すると入学費用がかなり安くなる。
制服、文房具等も揃える必要あり。
制服はスカート又はハーフパンツ、ポロシャツ、冬用の上下ジャージ。
制服はサイズの問題もあるけど、ずっと使えるから買い替える必要がない。
持ち上がりだから、小さいころから仲良くしている友達と一緒に小学校へ進学できる。

他にも、付属の幼稚園、小さな幼稚園ともに、子供服やピニャータ屋さん、小児科などおいてある子供情報専門のフリーペーパー(ABCforKIDS 
http://www.abc4kids.com.mx/)に情報がたくさん載っています。それを見て、まずは見学に行って、先生、他の子供たちや保護者の雰囲気を見て決めるのがいいと思います。

小学校・中学校:


小学校までモンテレイにいるならば、最初から小学校もある幼稚園へ行くのが無難です。やっぱり小さい頃から友達を作れるし、数年の間に環境を変えることもないので。入るときの年齢によって、幼稚園(Maternal【1-2歳】、
Nursary【3-4歳】、Preschooler【4-6歳】など、呼び方はそれぞれの学校によって違う)から入れます。preschoolerが終わったら小学校(Primaria)で、その次が中学校(Secondaria)。下記の学校はすべて幼稚園、小学校・中学校まであって、日本人が在学しているところです。

1.サンロベルト(http://www.sanroberto.edu.mx/page
一番外国人の受け入れに協力的。小学校からはスペイン語英語の補習授業あり。
例えばスペイン語のクラス(日本でいう国語)のときに、日本人の子はその教室を出て、
別のラーニングセンターというところにいき、そこで自分でスペイン語のワークブックをやる、
そこに先生がおり、わからないところは見てもらう、みたいな形だそうです。
(現在は日本人がたくさん通っているので、5,6人の生徒に対して、先生一人、くらいらしいです)スペイン語のみのクラスのときは、家の場所によってはバス通学が可能。通年生徒を受け入れているそうです(人から聞いた話なので要確認)

2.コレヒオイングレス(http://www.cingles.edu.mx/
アメリカンスクール以外で、英語に一番力をいれている学校。放課後に英語・スペイン語の補習クラスもあるようです。一番勉強に厳しい、と聞いた気がする…。

3.アイム(元、コロンビア。今はアメリカンスクールに買収されたらしいです。http://www.aim-net.mx/newsite/aim2014/
元々コロンビア時代から、モンテレイの補習校として場所を貸しており、日本人も多かったけど、最近はそんなに多くないようです。今年度(2014年8月)からアイムに買収され、名前も変わったけど、同じ場所で違う学校になった、みたいな。といっても、下記6番の本当の(というと弊害があるけどw)アメリカ資本のアメリカンスクールではなく、ちょっとアメリカンスクールっぽい、というかんじw。サンロベルトやコレヒオと比べると勉強に対する姿勢がゆるやかなイメージ(ほんとのところはわかりません、アイムになったら厳しくなったという噂もあり)。



4.マテル(http://www.institutomater.com/
スペイン語重視の学校。障害児の受け入れもしている。ここはめいの行っていたナサルディと似たようなかんじでスペイン語や英語の補習は特になし。日本人少ない。

5.コレヒオメヒカーノ(http://www.colegiomexicano.edu.mx/
サンヘロニモにあるスペイン語メインの学校。学費は比較的安い?日本人が前は通っていましたが、たぶん今はゼロ。メキシコらしいイベントの多い学校。

6.アメリカンスクール(http://www.asfm.edu.mx/
ここは、本場アメリカ資本のザ・アメリカンスクール。アメリカ人の子息や、サンペドロの超お金持ちの子供たちが入っています。場所はサンタカタリーナにあります。お子さんが高校生くらいでいらっしゃる方はほとんどがアメリカンスクールに入れる人が多いようです。(インターがないため)

7.ナサルディ (http://www.nezaldi.edu.mx/)
めいの通っていた学校です。サンタカタリーナにある小さな学校で、一応中学まであり。(めいは1歳10か月から1年間、近所の小さい幼稚園へ通ってそのあとNezaldiにいきました)ナチュラル系の学校で、勉強よりもエコ自然派主義を大切にする学校。(詳しくはめいに関する記事参照)とてもいい学校だと思いますが、場所がサンタカタリーナで朝のラッシュ時に30分くらいモロネスプリエトを運転して行かねばならないので、通学は大変。外国人の受け入れはほとんどしておらず(めいがいたころは、めいが唯一の(両親ともに外国人の)外国人でした)スペイン語が母国語じゃない子供のために特にスペイン語の補習などを行っていないので、スペイン語がわからないと子供は特に小学校からがかわいそうかも。

中学校:
中学生のお子さんをお持ちの知り合いがいなかったので、又聞き情報も少ないです(汗)
サンロベルトには現在2人ほど日本人が通っているらしいです。
でも、各学年に1人くらい。
中学生でもラーニングセンターの利用は可能、だそうです。
でも、スペイン語もダメ、英語も厳しいとなると、自分の教室にいる時間があまりなくなるので、
友達ができにくいらしいです。


授業料に関しては、たぶん幼稚園で

アメリカンスクール(?)>コレヒオイングレス(8000ペソ)>サンロベルト(6000ペソ)>アイム・ナサルディ・コレヒオメヒカーノ(4000-5000ペソ)

くらいでしょうか?アイムは合併後に高くなったという噂もあるので、要確認。
基本的に、

幼稚園>小学校>中学校とだんだん高くなります。
毎年学年が上がるにつれて値上げする傾向あり。
めいのナサルディは年少では4000ペソだったのが、小学校1年では5000ペソに少しずつ上がっていきました。



入学できる時期は、学校によって違います。
本来は8月の半ばが新学期ですが、サンロベルトは通年OKらしいです。サンロベルトは大きな学校だから定員も多いのかも。Nezaldiの場合は大抵5,6月くらいに定員になってしまうので、新学期直前や中途半端な時期は空きががければ入れなかったようです。




以上、私が知っている範囲での情報をざっくりまとめてみました。

が、これはあくまで2014年10月現在で私が知りえる情報で、めいの行っていたナサルディ以外はすべて又聞き情報ですので、間違っている部分、変更された部分もあると思います。ご自分でご確認ください。情報が違っていても責任はとりません(笑)

それぞれの学校に関する所見は、あくまで私が聞いた話から感じている個人的な感想であり、人によって感じ方も違うこと、また事実と異なる部分もあるかもしれないことをご了承ください。

私が知っている情報は基本的にすべてここに記してあります。ここに書いてあること以外を質問されても知っている範囲でしかお答えできませんのであしからず。正確な情報が必要であれば直接学校に問い合わせるなり、モンテレイでそこの学校に行かせている方にお聞きするなりするほうがいいと思います。

特に、それぞれが学校や幼稚園に感じる印象も違うでしょうから、自分で学校の雰囲気や先生と話してみて決める方が確実だと思うので、ギリギリになってしまったとしても、まずは見学に行ってみることをおすすめします。

前任者がいなかったり、家族帯同が少ない会社だと、情報が少なくて駐在も不安なもの。
大人だけならなんとかなるけど、子供の教育って一番の不安の種。
うちは我が家が初の家族帯同だったけど(赴任当時)
めいもまだほぼ赤ちゃんだったし、大きくなるにつれて
メキシコ人・日本人共に知り合いも少しずつ増えていったので、
そこから色んな情報を集めました。
まぁ、基本的には、「行かせている友達に聞く」「学校見学に行く」の2つのみですがw。

なかなかそうできない事情も色々あるでしょうが、
正直言って、現地に行ってみればなんとかなります(笑)
基本的にメキシコ人はみんな親切だし。大体の学校の人は英語も通じるしね。
日本人も新しく駐在された方をみんなで受け入れる土壌がある、と勝手に思ってるのでw。
まぁ学校によってはメキシカンセレブなセニョーラばかり、とかあるので、
実際に行ってみて、学校の雰囲気を見て自分のお子さんに合ったところが見つかりますように。




[PR]
by punkpink | 2014-10-30 01:13 | モンテレイ 生活情報 | Comments(0)


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

最新のコメント

hiyoriさま ..
by punkpink at 11:36
Junさま、 コメ..
by punkpink at 11:34
あささま、 大変今..
by punkpink at 11:31
こなつさま コメン..
by punkpink at 11:28
初めまして。"メキシコ ..
by Jun at 09:03
まりさま、 コメン..
by punkpink at 07:11
友達に今週末行こうといわ..
by あさ at 03:41
こんにちは、いきなりコメ..
by こなつ at 17:10
> ノーラ・コーリさん ..
by punkpink at 22:37
はじめまして、海外出産・..
by ノーラ・コーリ at 11:33

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧