カテゴリ:メキシコシティ 見どころ( 6 )

これでもかっ!メキシコシティ満喫の巻 その2

さて、二日目はオットオクンが
朝からマラソン+午後からスペイン語検定という
お忙しスケジュールだったので、私&めい&友達家族のみで、
近所のフリーダカーロ美術館へ。
死者の日という祝日だったからか、それともいつもこうなのか、
日曜の朝11時くらいに行ったら、団体さんのバスが着いたばかりで、
「1時間半待ち」と言われる!
ちょっとへこんだけど、まぁしょうがない、並んで待ちました。
でも40分くらいで入れました。
e0172085_07222813.jpg
お金を余分に払えばフラッシュなしなら写真もOKなので、うれしい。
e0172085_07222803.jpg
フリーダカーロの有名な絵がたくさん、と
フリーダが実際に使っていたベットや家具など家の中が見れます。
これも、伝記を読んだり、映画を見てから見る方がおすすめ。
ここで、彼女の壮絶な人生が営まれていたのだと思うと、感慨深い。
e0172085_07222830.jpg
フリーダの青い家、動けない下半身を抱えて、
その窓から何を見て、何を思って過ごしていたのかなー。
e0172085_07222823.jpg

常設展の他に特別展示なんかもやっていて、
この日はフリーダの特徴的なお洋服を展示していました。
e0172085_07222889.jpg
メキシコの「血」を誇りに思い、常にメキシコの伝統衣装を身に着けていた彼女、
事故でコルセットをつけたり、苦しいことも多かったろうに、
それに負けないパワーとおしゃれ心を持っていたのねー。
あらためて、素敵な人だな、と感じました。

フリーダの一生をダイジェストで見せる映像が流れている場所には、
やはり死者の日らしく、オフレンダが飾ってありました。
e0172085_07222838.jpg
こういうメキシコのカラフル、大好き!

さて、美術館を後にして、ほんとはコヨアカン散策に行こうと思ってたんだけど、
オットオクンと待ち合わせた時間も迫ってきていたので、
途中でトルタを買って、車の中で食べながらオットオクンの待つリセオへ。

そこからみんなで、ソチミルコへ向かいました。
前に別の友だちファミリーが来たときは、
間違ってちゃんとたどり着けなかったソチミルコ→そのときのこと。
今度こそ!という思いで行ってまいりました…。

船着き場はここ。
https://plus.google.com/101971731670706600081/about?hl=es-419

ちゃんとナビに入れれば出てきます(笑)
めいの学校のあるリセオから、車で40分くらい。
結構近く感じたなー。
船着き場に着くと、お土産屋さんや食べ物やさんがいっぱい。
e0172085_07222841.jpg
歩いていると呼び込みのお兄ちゃんが声をかけてきたりして。

さて、ソチミルコといえば、の「トラヒネラ」という手漕ぎボート。
一応、ボート1艘で20人乗り。
e0172085_07394138.jpg
「1時間350ペソ」と相場が決まっているのだけど、
「交渉可能」とあらかじめネットで調べていたので、
ためしに「2時間で500ペソでどう?」と聞いたら550ならいいよ、
とのことなので、1時間275ペソに。
他のブログなんかを読むと、
がんばれば150ペソくらいまで下がるらしいですがまぁ充分ね。

さぁ、いよいよ乗り込みます。
e0172085_07222881.jpg
私たちが着いたのが、たぶん5時過ぎくらいなんだけど、
いやー、混んでること混んでること!
どうも運転手さんがあんまり上手じゃなかったようで
ガスガスぶつかっていたけど、まぁそれもご愛嬌(笑)
メキシコのベネチア、なんて言ってたけど、
そんなロマンチックなかんじではないw。

e0172085_07394148.jpg

それでも、ビールを売るトラヒネラがあったり、
ちゃっかり買って楽しむオットオクン
e0172085_07394187.jpg
マリアッチがいたり、
e0172085_07394186.jpg
みんな飲んじゃって、めっちゃ盛り上がってるトラヒネラもあったりして、
「メキシコ」感は満載でなかなか楽しい!

犬も?
e0172085_07394110.jpg

途中、ウーパールーパー(ソチミルコ原産らしいです)や
へびとかめずらしい蛙みたいのを見せてくれる、
プチ爬虫類館みたいのに寄って、ウーパールーパー見たり


e0172085_07394157.jpg
e0172085_09170399.jpg
もう自然には繫殖してないらしいです…・
それにしても、懐かしいなぁ、ウーパールーパー…。
めいは持っている絵本に出てくる「ボアコンストリクター」という蛇を見て、
大喜び。「一人暮らししたら、ペットにする」とか言っちゃってます。
勘弁してほしい(汗)

船先でくつろぐ人たち。
オットオクンも2人兄弟の父になる準備ができたかw。
e0172085_09170402.jpg
たそがれめい。
e0172085_09170493.jpg
本当は「人形の島」というのがあって、結構オカルトスポットというか、
恐ろしいスポットとして有名らしく、ぜひ行ってみたかったのですが、
なんと「トラヒネラだと5時間かかる」と言われ…ほんとかな?
まぁめいが嫌がっていたので、別にいいんだけど。

まぁ、すっかりのんびり船旅を楽しんで、帰ってきました。
帰ってきたころには日もとっぷり暮れて、
トラヒネラはろうそくの灯していたり、ちょっとロマンチック?
でもやっぱりカラフルな船が行きかっているほうが、
メキシコらしいかなー。
それにしても、ビールが飲めないのがくやしい!
ここは夕暮れ時のマリアッチにビールでしょう、やっぱり!
仲の良い友達みんなで、ワイワイ行くのが楽しそう。

というわけで、ソチミルコでトラヒネラ体験!もまた、
とっても満喫してきたのでした。

最後はみんなで韓国焼肉を食べにソナロサへ行って、
次の日は朝からシウダデラ市場へ行って、
飛行機の時間ギリギリまでお買いもの。
食欲も物欲も、満足させて友達家族は帰っていきました(笑)

それにしても、何度行っても欲しいものが見つかるシウダデラ市場。
オットオクンは最初「2,3時間あれば充分でしょ」なーんて言ってたけど、
やっぱり2,3時間じゃ全然足りなかった!
できれば1日いたかったよねー??

常日頃シティに住んでいても、
普段なかなか自分たちだけでは行こうと思わないスポットに
こうやって友達が来て一緒に行く、っていうのはとてもいいものです。
この週末も新しい発見がたくさんあったなー。

また来週友達ファミリーが来る予定なので楽しみにしています。
っていっても、今回の日程とほぼ一緒の日程なので、
たぶんブログは書かないけど(笑)

私たちもあとどのくらいメキシコにいるかわからないけど、
できるだけメキシコのおもしろいところ、楽しいところ、
まだまだ発見していきたいなと思います。




[PR]
by punkpink | 2014-11-08 09:30 | メキシコシティ 見どころ | Comments(7)

これでもかっ!メキシコシティ満喫の巻 その1

ハロウィンの次の日、友達家族が遊びにきました!
もうすぐ別の国へ引っ越してしまう彼女たち、
もうシティに来るのも最後の機会かも!?ということで、
メキシコシティの見どころ全部まわろう!くらいの気持ちで(あくまでも気持ちw)
3日間一緒に色々見てきました。

まぁ、まずはお約束のここ。
e0172085_06420972.jpeg
メキシコシティに来たらいっとくべき場所No1!
ティオティワカンのピラミッド。
もちろん、私は登らず、すぐ疲れるめいも「めいはいい!」とのことなので(涙)
オットオクンが3歳児のヘルプにがんばってました(笑)
e0172085_06420940.jpeg
ちょっと曇ってて、風も強くて、この日は肌寒かったけど、
やっぱり何度来ても大好きな場所、ピラミッド。

ピラミッドの後は、人類学博物館へ。
といっても、子供には魅力的でなさそうなのでw、
友だち(母)のみ入場して、子供たちと私たち夫婦は、
外の公園のようなところで鳩を追いかけたりして待ってました。

ほいで、どうしてもやっぱり行っておいた方がいいんじゃない?
という「国立宮殿」へ。
ここは、ソカロに面した場所で、大統領の住まいであり、
大統領が独立記念日にグリトをする場所でも有名。
土曜日は5時に閉館、人類学博物館を出たのが4時だったので、
時間もギリギリなのに、ソカロは「死者の日イベント」で
あちこちが封鎖、しかもめっちゃ混んでる!!
いっそいで車をパーキングに入れて、
子供たちに「いつまで歩くのー??」とブーブー文句言われながら(笑)
小走りでソカロへ!
閉館5分前でしたけど、なんとかギリギリセーフで入れてもらえました!
e0172085_06420921.jpeg
あ、ちなみにここ、一応大統領府ですからw、
大人は入るのに身分証明書がいりますのでお忘れなく。子供はスルー(笑)

実は、シティに住んで1年以上たつのに、我々ここに来るの初めてw。
地球の歩き方にも載ってるけど、フリーダカーロの旦那の、
リビエラディエゴが描いた壁画が有名。

e0172085_06522409.jpeg
メキシコの壁画運動が盛んなころに、ディエゴがメキシコの歴史を描いた、
壮大な壁画が中庭を囲むように並んでいます。
っていっても、閉館5分前に入ったから途中までしかみれなかったけど(笑)
e0172085_06522489.jpeg
これが、うわさの「ディエゴがフリーダカーロとその妹・家族を描いた」壁画。
私の頭の左の赤い服がフリーダの妹で、そのすぐ上がフリーダ。
e0172085_06535509.jpeg
フリーダの伝記を読んで、映画も見たのだけれど、
ディエゴというのはどうしようもない女好きで、
これを描いたころ、なんとフリーダの妹と浮気していたらしいです(笑)
そういう知識があると、より興味を持って見れる、下世話な私w。
でも知らないより知ってる方が、色々おもしろいなぁと思う。

あっという間に追い出されて、目の前のソカロで「死者の日」イベントが
盛り上がってたので、そちらもプラプラしてみる。
いやー、全然知らなくて行ったんだけど、すっごいおもしろかったです!
巨大なオフレンダはもちろんのこと
e0172085_06535540.jpg
なんかステージでイベントしてたり、
e0172085_06522452.jpeg
私の大好物がいこつが、色んな人の色んなデザインで展示してあったり、
e0172085_06522427.jpeg
ウケたのがやっぱりメキシコ、ルチャリブレをやってるんだけど、
みんな仮装っていう(笑)
e0172085_06420922.jpeg
かぼちゃのコスチュームとか着てるけど、
プロレス自体は本気で「うおぉ!」とか言ってるのが楽しいw。

普通に遊びに来てる人達も、すんげー仮装してきてる人もいっぱいいて、
e0172085_06420990.jpeg
みんな気合入りまくり!
e0172085_06522458.jpeg
こんなことなら私たちもマレフィカで参戦すればよかった(笑)
あ、でも国立宮殿には入れてもらえなそうだけどw。

あと急に爆音がして、人々が走り始めたので、
ザ・野次馬!な私も子供たちの手をとって沿道へ!
すると、
仮装したバイク軍団。
e0172085_06420916.jpg
ちばっとマンにも負けませんw。
e0172085_06420903.jpg
結構な数で、結構な仮装でした。
っていうか、運転よく前が見えるなー…。

いやー、死者の日のソカロ、ほんとに楽しかった!寒かったけど!
知らないで行ったから、なーんか得した気分。
来年の死者の日、やることないっていう人は、
ぜひメキシコシティのソカロへ!
死者の日満喫できること、間違いなしですw。

そんで、そこから「死者の日仕様」のトライシクル(自転車タクシー)が
あったので、それに乗ってカフェタクバへ。
いつもながら、こういう乗り物大好き!
e0172085_06535585.jpg
子供たちもここぞとばかりにキャーキャーいっておりましたw。
中から見たかんじ。
e0172085_06535543.jpg
まぁ、ここは言わずもがな、ですね。
もう「メキシコ」感満載、やっぱり何度来てもかわいーい!
そいで、こーんなサービスの人がいたり。
e0172085_06420830.jpeg
おなかいっぱいメキシカンを満喫して、家路についたのでした。

ちなみに、ソカロ付近は駐車場がなかなかみつからなくて、苦労しました。
私たちはCorregidoraという通りの68あたりの駐車場に入れました。
カフェタクバから歩きたくなかったから駐車場までタクシー使っちゃったけどw、駐車場でお困りの方はぜひ…。






[PR]
by punkpink | 2014-11-08 07:16 | メキシコシティ 見どころ | Comments(2)

Bosque de chapultepec と2つのカルチャーショック

e0172085_22593778.jpg

今日、朝一番で糖尿の検査に行こうと思ってたのに、
すっかり忘れてぶどうを食べてしまった…あぁあ…(涙)
水曜日こそは、忘れずに行かねば…。



土曜日、次の日にオットオクンが久しぶりに10㎞市民レースに出る、というので
ゼッケン&Tシャツを受け取りにBosque de chapultepecへ行ってきました。
実はモンテレイでは毎週のようにレースに出てたオットオクン。
シティに来ても続けるぞ!と意気込んでいたのですが、
この1年タイミングを逃したり、申し込んでもいっぱいだったり、
いざ申し込めたと思ったら当日レースがキャンセルになったりと、
なんだかんだずっと出ることができずにいました。
そして、やっと1年経った今、今度こそ出場の機会を得たのです(笑)

んで、Bosque de chapultepec。
といっても、お城や動物園のあるポピュラーな側でなく(笑)
ペリフェリコを挟んで反対側の、La feriaという遊園地や、
子供のためのパパロテミュージアムがある側です。

初めて行ったんだけど、公園自体は素敵なかんじなのに、結構管理がずさん(笑)
めい曰く、「千と千尋みたいだね」
つまり、ちょっとさびれたかんじw。

e0172085_22590602.jpg
めいもなかなかうまいこというようになったもんだなw。
なんか真ん中あたりのお水博物館みたいなとこで受け付けしてました。
右奥の青いテントがそう。
e0172085_22591300.jpg

へんなかぶりものがいたり、微妙ににぎわいをみせる。
ゆるきゃら…
e0172085_22592073.jpg
ほんと、お花とかがさいてて、ちゃんと整備すればずいぶん素敵な公園になるでしょうに…
ランニングしてる人とか、自転車乗ってる人とか、結構いました。
モンテレイのフンディドーラを整備しなかった場合、みたいなかんじでしたw。
e0172085_22593063.jpg
まぁ、それがメキシコらしいといえばメキシコらしいのか(笑)
e0172085_22594510.jpg

無事にゼッケンとTシャツもうけとって、一安心。
どうやら参加者は6500人もいたらしい。
モンテレイのレースが平均3000人くらいだったことを考えると(オットオクン情報)
倍の人数!やっぱり首都はすごいねー。

そんで、朝早く出てきたので、小腹がへって、
誕生日会のケーキの支払いをするついでにBimmyさんであさひるごはん。

めいはソーセージのパンとクリームパンのあとに、こんなかわいいシュークリームをいただきました。
e0172085_22595585.jpg
私もツナパンや照り焼きチキンサンドなど、
オットオクンはクロワッサンサンドとかを注文しちゃったりして、おいしーくいただきました。
あぁ、しあわせ…。



そういえば、この週末、ちょっとおもしろいことが判明。

1つはめいのカルチャーショック。
一応帰国を半年後にひかえ(たぶんw)最近
「日本に帰ったらこうだからね!」という話をすることも多くなった我が家。

それは、例えば、日本では
「毎日子供だけで歩いて学校へ行く」であったり、
「子供だけで外に遊びにいくこともある」であったり、
「学校には給食があり、お弁当ではない」みたいなこと。
日本で生まれ育ったら当たり前のことなんだけど、めいはそうじゃないから、
あらかじめびっくりしないように色々伝えているわけです。

それの流れで、
「日本にはムチャチャさんがおらず、自分の家はみんな自分で掃除する」っていう話をしたら、
めいがほんとにびーっくり!!!
「どうして!どうしていないの!?」と驚きを隠せない様子(笑)

ムチャチャさんというのはいわゆるお手伝いさんで、
メキシコでは中流以上の家庭には、いるのが当たり前。
ちょっとお金のあるお宅だと、週5日できてもらったり、住み込みでいたりします。
アパートとかの家賃に元々ムチャチャさんのお代が含まれていたり。
うちもメキシコに最初に来たときに住んでたアパートに
もともと含まれていたので、モンテレイではずっとその人にお世話になり、
シティにきてからも今までと同じペースで週1にきてもらってました。
頼めば子守や食事作りなどもしてもらえるけど、
まぁ我が家は基本的にお掃除専門。
週に1回、4時間くらいで200-300ペソくらい(1500円から2000円)が平均です。

やっぱり格差の相当ある社会なので、これも雇用のうちなんだろうなあというのが
しばらくメキシコに暮らしていて感じたこと。
最初に日本から来たときは、すごーい違和感があったけど(笑)
今では日本帰ったらどうしよう?っていうくらいなくてはならない存在ですw。

んで、めい。
1歳半からメキシコで暮らしていて、それこそムチャチャさんが週に1回きて掃除してくれる、
という生活しか知らないめい。
だから日本でも当たり前にムチャチャさんがいると思っていたらしい(笑)
「でも一時帰国で日本帰ったとき、ママやパパの実家でいなかったでしょ?」といったら、
「めいとママが出かけてるときに来てるんだと思ってた!
じゃあ、めいも自分のお部屋自分で掃除しなきゃならないのー??」とショックを受けていました。
いやー、そうか…なんか先が思いやられるな、自分も含めてw。

もう一つのカルチャーショックは、オットオクン。
なんと、オットオクン
「産まれてから一度もアイロンをかけたことがない」そう!
いやー、これ、かなりびっくりなんだけど、男の人ってそういうもんなのかなぁ?

だからといって、私がオットオクンのワイシャツにアイロンをかけてあげてたわけでないんです、
お恥ずかしいお話…。
私の実家では、「ワイシャツのアイロンは父が自分でかける」というのが普通でした。
日曜の夕方になると、テレビで相撲を見ながら父が自分の1週間分のワイシャツにアイロンをかける、
というのが我が家の日曜の習慣だったのです。
相撲‐笑点‐ちびまるこちゃん‐サザエさん、という黄金の流れの間、
父がアイロンをかけているところに、
高校生くらいだと私もちゃっかり自分のシャツにアイロンかけてもらったりして(笑)
っていうのがうちの長年の日曜日、だったので、
「アイロンは必要なら自分でかけるんだろう」と勝手に思っていた私w。
仕事を始めて、自分で必要なときは自分でかけていたけど、
オットオクンのワイシャツをかけてあげたりしたことなし!
オットオクンもましてやメキシコでアイロンをかける必要を感じていなかったらしく、
ぴしっと干したらそのまま会社へ行ってました…
あぁ、こういうのって嫁失格かしら(笑)

っていうか、産まれてから一度もかけたことないって、
就職活動のときとかどうしてたんだろう???www
それで、じゃあこれから「アイロンをかけてほしいのか」と思いきや、
どうやらそうでもないらしいオットオクン…。
「え?なんでかけなきゃなんないの?別にそんなにしわになってないじゃん、
どうせ上にジャケットとか着てるし、いらないでしょ」だそうで…。
まぁ、確かに最近のワイシャツ、干すときに気を付ければそんなにシワシワってわけじゃないけど…
どうなんだろうなぁ?本人がいらないといっても
かけてあげるのが嫁としての役割なんでしょうか(笑)ねぇ??

そういえば、日本でも家庭科の時間にアイロンとか習った気もするけど、
男の子たちはなんか工作みたいなのやっていたもんねぇ…。
いやー、この先どうするべきか、悩みます(笑)

でも、結婚して8年も経つのに、オットオクンに関して知らないことがあった、
ということも驚きでしたw。
世の中にアイロンをかけたことがない人がいる、っていうのも驚きだったけど(笑)

そんな2つのカルチャーショックを受けた、週末でした。











[PR]
by punkpink | 2014-09-29 23:42 | メキシコシティ 見どころ | Comments(2)

メキシコシティへ、モンテレイの友達がやってきた!後半


e0172085_5261643.jpg


さて、ソチミルコです。
問題のソチミルコです。

もう、最初に謝っておきます。


私ね、ソチミルコを間違ってました!!!!


ソチミルコというのは、

「メキシコシティの中心部から南へ車で1時間ほどのソチミルコ地区は、先スペイン期にメキシコシティが水上都市だったころの名残。現在でも人口の浮き島の上に村落があり、迷路のような水路を行き来しながら暮らす人々がいる地域です。メキシコシティの歴史中心地区とともに1987年に世界文化遺産に登録された、メキシコを代表する観光地のひとつ」(All aboutから抜粋)


つまり、昔はベネチアみたいに水上都市だったのが残っている地区。

名物の船タヒネラ(Tajinera)に乗るには、
ソチミルコ地区にいくつかある、専用の船着き場に行かなければなりません。

それなのに。

昔なんかで読んだ「ソチミルコ公園」に行けば、船に乗れると勝手に勘違いしていた私!
しかもそれが勘違いだったとわかったのが、なんとついさっき!

いやー、どんだけ下調べをしないで行ったんでしょ…
Kさんファミリーには最後のメキシコシティだったかもしれないのに…

Kさん、ほんっとにごめん!!!

我々が行ったのは、いわゆるソチミルコでなく(いや、たしかにソチミルコ地区ではあったのだけど)
ただのソチミルコ公園でした!!!



ほんとにごめーん!!!




もう1回来てくれ…そんときは今度こそ連れていくから(涙)




というわけで、このブログはいわゆる「ソチミルコ」ではなく、ソチミルコ地区の中にある
「Parque ecologico de Xochimilco」の案内になっています。

これからソチミルコを訪れる方、注意してください。
(って、そんな下調べの甘いの、私くらいか涙)








さて、気をとりなおして。

ティオティワカンを出たのが2時半。

またもや渋滞にまきこまれ(ティオティワカンは、シティの北、ソチミルコ地区はシティの南です)
なんとソチミルコ公園に着いたのが4時前…。

そして、入り口のおじちゃんに「6時で閉まるよ」と言われる。

おかしいなーと思ったんですよね。
ガイドブックとかには、「午後から混み始める、午前中に行くと閑散としている」って書いてあったから、
4時くらいならまだまだ人がいそうなもんなのに…
その時点で間違ってることにきづけっ!ってかんじだけどw。

でも、実はこの公園の中にも、タヒネラ乗り場があったのね!
だから、てっきりこの乗り場に行けば、人がいっぱいいて混んでるもんだと思ってた!
しかも、別の場所に来てるなんて夢にも思ってないから、
早く船乗り場にいってタヒネラ乗らなきゃ!って思ってました…


そんで地図を見てみると、公園が結構広い。
ただでさえ、ティオティワカンでちょっとぐったり気味の子供たち。
たぶん、歩いていったらブーブー文句を言われ、
疲れてたどりつけないかもしれない!と思った我々が借りたのが、

これ!!
e0172085_5263435.jpg


見ると、これなら楽で早くいけるかも!って思うでしょ?
え?思わない??
私は思っちゃったんだよねー。
そんで、子供4人だから2台借りて、いざ、タヒネラ船着き場へ(公園のなかの笑)
e0172085_526485.jpg


いやーこれがなんと大失敗!
ま、実はもうこの公園に来ている時点で大失敗なわけですが、
この時点では気づいてないから笑

e0172085_5273745.jpg


これね、よく観光地なんかでも似たような作りのタクシーを見かけるし乗りますが、
自分で漕いでみると、ものすごく重い!
かなり力を入れなきゃ進まない!

例えていうと、あれでしょうか?
あのスポーツジムとかにある、自転車のトレーニングのやつ、
それを最大に重く設定した、みたいなw。

とにかく2人力を合わせて、前に進ませるのがやっと、みたいなw。
なので、オットオクン+大きい子2人と私とKさん+小さい子2人、の組み合わせで乗りましたが
オットオクン途中で疲れて、押しながら歩いて(笑)
何度も「もうこの辺に置いて歩いて行った方が早いんじゃね?」って言ってましたw。




んで、しかも看板もわかりづらくって、迷いに迷う。
途方にくれるご一行。
e0172085_5281747.jpg




そんなことやってる間にもう5時…
そして、やっとあったー!タヒネラ!って思ったら誰もいないし(笑)
e0172085_5283868.jpg


何度も書きますが、このときは全く気付いてなかったので、
単に「あたしたちが到着したのが遅すぎて、もうみんな帰っちゃったんだ」と思ってました(笑)
とりあえず、誰もいないから、こっそり乗ってみる、我々w。
e0172085_5291633.jpg



そんでしょうがないから、もう帰るか、ってなって、
そのへんをちょろっと散策して、もときた方へ戻りました。
e0172085_5295170.jpg




でも「ソチミルコに行って船に乗る」って聞いてたお姉ちゃんが、
「ボート乗ってないじゃん!ボート乗ろうよ!」と言って、
(当たり前だよね涙、ほんとにごめん…涙)
閉園まであとわずか30分、というところで乗ったのが、これw。
e0172085_5323761.jpg


いやー、これがまた疲れるんだ!漕ぐの!
ほんと、せっかく遊びにきてくれたKさんたちに、何の嫌がらせですか、って言う(笑)
操縦もむずかしくて、私とKさんの漕ぐ船は、そこらじゅうをぐるぐる回っておりました(爆)
e0172085_5331958.jpg



朝はティオティワカンに登りぜーはーいって、
ソチミルコ公園では自転車こぎをさんざんやらされたあと、
今度はボート漕ぎ…
別にいじめようと思ってたわけではありません(笑)
でも、本当にごめん…
e0172085_532582.jpg




まぁね、公園は綺麗でしたよ、花が沢山咲いていて、
e0172085_5301082.jpg

e0172085_5303736.jpg


夕暮れの湖も幻想的だったし
e0172085_5305626.jpg


お弁当とか持って、日曜日にピクニックに来るには最適の場所…
e0172085_5311771.jpg


ただね、
e0172085_5313814.jpg


ただね、
e0172085_5315526.jpg



ここはあの「ソチミルコ」じゃない!!!



って私のせいだけど(笑)
いやー、ほんと何度謝っても謝りきれません…

なんせ、ベネチアの休日のイメージだったのに、
ふたを開けてみたら自転車漕ぎとボート漕ぎのハードトレーニングだったんだもの…

あぁ、ほんとにごめんね…
なので、ぜひもう一度シティに遊びに来てください…
今度こそ、本当の「ソチミルコ」を案内させてくださーい!(涙)


その後は、注文しておいたパンを取りに行って、
(Kさんここでも大量買いw)
中華を食べて帰宅。

次の日は、最後に日本スーパーに行って、Kさんここでも野菜など大量買いw。
そして、行きはスーツケース一つだったのが、
段ボール(パンでいっぱい)、でかいカゴ(空港でぐるぐる巻き)、食料で大量のスーツケースと
荷物を大幅に増やして無事に帰って行きました。


それにしても、楽しい4日間でした。
かなり渋滞に巻き込まれて、イライラしながら運転する私の隣で
さぞや生きている心地もしなかったでしょうに、
いつでも穏やかでいてくれました。
ほんと、何をするにも大笑いの4日間。
めいも久しぶりの友だちと毎日ごはん食べて、お風呂入って、遊んで、寝て、
本当に楽しかったみたい。
嵐のような4人が帰ったあとは、なんだか家の中がしーんとしてて、ちょっと淋しくかんじたけど、
Kさんたちとはまたクリスマスにも一緒に旅行する予定(笑)
だから、またすぐ会えるよね。

ほんとに楽しい日々をありがとう!
そして、私の準備不足、本当にごめん!
これに懲りずにまた遊びにきてくれー☆


今回の旅で、貴重な教訓を学びました。

「下調べはきちんとしよう」

当たり前だっ!
[PR]
by punkpink | 2013-12-05 10:27 | メキシコシティ 見どころ | Comments(4)

メキシコシティへモンテレイの友だち家族がやってきた!

e0172085_465074.jpg


先週の月曜日の朝、うちにモンテレイの友だちから電話が入りました。

「〇〇ちゃん(私の名前)、木曜日から〇〇ちゃんち泊りに行っていい?」

「もちろん、いいよ!どうしたの?」





「子供のパスポートの有効期限が来週の水曜日で切れる」






な、なに!?そりゃ大変だ(笑)




そうなのです、モンテレイには日本の領事館・大使館はありませんw。
1年に1回か2回、大使館が出張サービスをしてくれるんだけど、
その時期を逃すとパスポートの更新はメキシコシティまで来なけりゃできないのだ!
パスポートの有効期限が切れたあとだと、そりゃあ手続きもめんどくさい!
かくいう私も、ニカラグアに旅行に行く直前に、
ニカラグアはパスポートの有効期限が3か月必要としり、
あわててシティに更新に行ったことがある(笑)
それにしたって、10日前に気づくってw。
さすが私の友だち!
まぁ、実情をいえば、ビザの更新でパスポートが手元になかったから見落としてたみたい。
みなさまお気を付けください(笑)




というわけで、友人Kさん&子供たち(9歳女子・7歳男子・5歳女子)が我が家にやってきた!!




木曜日は、めいは学校をズル休みして(笑)正午くらいに日本大使館で待ち合わせw。
本当は空港まで行ってあげたかったけど、なんせ空港から大使館への道が自信なかったもんでw。
しっかし、大使館って待ち合わせとかに使っていいんだろうか?w

そして、無事Kさんファミリー到着!

大使館でパスポート更新の申請をしたら、
シティで日本人に美味しいと評判の日本食レストランでお昼ご飯を食べて、
そのあとは、モンテレイの日本人にはびっくりな品ぞろえの日本スーパーミカサへ行って、
更に、美味しい日本のパン屋さんマルコシベーカリーへ行って次の日の朝ごはんを買って、
やっと我が家へ。

夜はミカサで買ってきたお刺身と卵焼きや納豆やツナで手巻き寿司。
いやー、ミカサでマグロ買ったの初めてだったんだけど、
まるでトロのようなサシの入り方!美味しかった!!
普段はあんまりマグロを食べないめいもバクバク食べてました…
私もあまりの美味しさに一気に10個くらい食べてあっという間におなかいっぱい…


次の日は、私たちが運悪くビザの指紋取りが入ってしまっていたので、
先に出かけて、パスポートをピックアップしたKさんファミリーと待ち合わせ、
のはずだったんだけど、意外と早く終わったので、一度家に帰ってみんなを拾って一緒に行こうとしたら、
これが完全な判断ミス…
移民局からうちまで、思ったより混んでいて、うちから大使館までの道も思ったより混んでいて、
大使館に着いたときには大使館の昼休憩の時間に入ってしまった…

いやー、日本大使館って昼休憩の間はパスポートの受け取りもできないのねー…
知らなかった!交代で休憩してくれればいいのにとはこちらの都合ね…
しょうがないので3時まで時間をつぶすために、韓国料理屋さんでお昼ご飯。
まぁ子供たちも意外におなかへってたのでちょうどよかったかもw。

そして、無事にパスポートを受け取り、次はお待ちかねのシウダデラへ。
いやー、私もよくお土産をバカみたいに買いますが、
Kさんも負けてませんでした(笑)
ちなみに、Kさん、前日に日本のパン屋さんで、モンテレイの友人へのお土産用に、と
パンを10斤注文してましたけど、まぁそれはおいといてw。

あの私が最初のシウダデラで買ってたでかいカゴ
e0172085_1101756.jpg

(この写真は私がシウダデラで買ったときのやつ)

を買い、皿を買い、さらには人の頭くらいの大きさの、かわいいランプ
こんなやつ↓
(写真撮ってなかったので、画像はメキシコ屋さんというメキシコ輸入雑貨さんのHPからお借りしました)
e0172085_1103197.jpg




を2つ買い…お土産のタイルマグネットなども買い、

更には、直径50㎝くらいで子供の背丈ほどもある、オハラタの飾り棚を買おうと散々迷ってました。
(この写真の右の方にある、上がとんがった銀色の棚。こちらの写真もメキシコ屋さんからお借りしてます)
e0172085_1104784.jpg


っていうか、飛行機で持って帰るつもりみたいだったけど、




無理だからっ!




いや、本人は「大丈夫じゃない?」とか言ってたけどw。

結局シウダデラに着いたのが4時過ぎだったので、なんだかんだいってるうちに、
あっという間に店じまいの雰囲気になって、我々も退散。
長女のお姉ちゃんからはトランクに積んだ大量の民芸品を前に、

「持って帰れるの?」

という至極まっとうな指摘が(笑)

疲れた子供たちをごまかすために、おもちゃを買ってあげたのだけれど、
なぜかみんなでへびのおもちゃを選んでました…なぜへび…


ほんで、またもや渋滞に巻き込まれながら家路について、2日目終了。



3日目は、やっと(笑)観光らしい観光。




まずはティオティワカンへ。



そして、いざ家を出るとき、私が「カメラ忘れないでね!メモリーカードも入ってる?」
と聞くと、カメラを確かめていたKさん、




「あ、メモリーカード入ってない」



まじですかぁー!!!




しかも、そのカメラ、最近買ったばかりの新しいカメラ!
それなのにメモリーカード入ってないとは!
いやー、私も抜けてますが、彼女も相当なもんです(笑)

ま、ないもんはないので、カメラマンは私が。
っていうか、ないって最初から知ってれば、前日から撮ってあげてたのに!ま、いいけどね。




まずはピラミッド。
またもや渋滞にまきこまれながらも、到着。
でももともと超のつく元気な男の子、ピラミッドも登る気満々で来てたのに、
なんだか具合が悪くなってしまいました…
高山病なのか、オットオクンのあまりの運転の荒さによる車酔いなのかは、不明ですが、
とりあえず登れそうになかったので、最初から上る気のなかっためいと、
めいにつられて登る気をなくした末っ子ちゃんと、オットオクンと共に下で待機。

私&Kさん&お姉ちゃんで太陽のピラミッドへ!

一番ひーひー言ってる(笑)Kさんを見守るお姉ちゃん
e0172085_3523458.jpg



やっと上った太陽のピラミッドから見る月のピラミッド。美しい。
e0172085_3525989.jpg


帰りもこーんな急な階段を下りていきます。
いい天気だったからか、かなりの人がいました。
e0172085_3532363.jpg



そして、この時点でもう2時半くらいだったんだけど、
ソチミルコへ向かいます。

その続きはまたあとで…
[PR]
by punkpink | 2013-12-05 05:09 | メキシコシティ 見どころ | Comments(2)

サンアンヘル San Angel の バザール・デ・サバド Bazar de Sabadoへ

e0172085_374561.jpg



日本はちょうどお盆ですねぇ…
うちは今年は夏休みっていう夏休みはとらず
(って書くと、どうせオットオクンに「〇〇ちゃんは毎日が休みでしょうに」って言われるんですけどね…)
旅行にも行ってないけど、なんせ家自体が移動したので、
それが大イベントだったろうか…


さて、先週はサンアンヘルのメルカドに行ったのですが、
週末には、民芸品や絵画のティアンギス(青空市)とでもいうべき、
バザールデサバド Bazar de sabado へ行ってまいりました。

このバザールデサバド、bazar de sabado(土曜日)の名前の通り、
Plaza San Jacinto(サンハシント広場)付近で土曜日だけに行われていて、
観光客にも地元の人にもとても人気があるイベント。

民芸品も沢山売っている、っていうのに
民芸品フリークと呼ばれてもおかしくない我々今まで行ったことありませんでした。

なぜかっていうと、

1.土曜日にシティにいることがあんまりなかった。
2.場所もよくわからなくて、いつも泊まっているところから遠かった。
3.シウダデラ市場で満足してたw。

というのが主な理由。

でも、今度引っ越してきたのは、まさにこのPlaza San Jacintoの目と鼻の先。
車で5分、なんなら歩いても行ける。
というわけで、シティに来て、初めての週末は
(先週は引っ越しだったので含めませんw)
ここに決まりでしょう、ということで行ってきました。



Ave. Revolucionを南下してきて、San Angel地区に入ると、Amarguraっていう通りがあります。
(角にPemexというガソリンスタンド)ここを右にちょっと入ると、
もう左側の広場では絵が売っていて、右側に素敵なプラザがあります。
美味しそうなレストランや質も値段もかなり高めの民芸品のお店、
アクセサリーや布製品のお店などなどが入ってました。
(我々はトイレを借りただけだったけど笑)
プラザの名前、わからないけど今度デサユノしに行ってみたい…

んで、車でこの道に入ってくると、そのへんにおじさんがいて、
「ここに停めなさい」って言ってくるので、
駐車場はないけど、車は停められる、っていう(笑)
一応、おじさんが車を見ててくれる代わりに、帰りにおじさんにお金を払います。
それが不安な方はさっきの右側のプラザにも駐車場があるようです。
あくまでもプラザ利用者用、だと思うけど…

最初の左側の広場
e0172085_324571.jpg


Amarguraを直進するとこんなかんじ

e0172085_33429.jpg


このへんは全部石畳で、脇の小道もなんかヨーロッパみたいな。
e0172085_331945.jpg


ちなみにうちの近くも石畳なんですが、車では非常に運転しづらい(情緒がなくてすみません笑)


最初の左側の広場にもたくさんの絵が売っているけど、その広場を横切って、
小道を進むと、左側にPlaza San Jacintoが出てきます。
噴水のある広場に、これまたたくさんの絵画が。
e0172085_333873.jpg


e0172085_354513.jpg


広場の周りには、素敵なメキシカン・インテリアのお店があったり
e0172085_34562.jpg



店の前に猫。
e0172085_342171.jpg



君がここの看板娘ですか?くつろぎすぎじゃないですか?
e0172085_343913.jpg


右側にはレストランや、
e0172085_352560.jpg



Centro Cultural Isidro Fabela (Museo Casa del Risco)っていうのがあり。


これはMuseoの中にある、メキシコの焼き物で作った噴水?みたいな
e0172085_35226.jpg

このMuseoでは日曜日に子供向けのアート教室なんかもやってるみたい。
今度暇な日曜にめいを連れていきたいなー。

表向きにはこのCentro Culturalの中で行われているのが、Bazar de Sabado
かわいい民芸品のお店や布、陶器、靴のお店などなどが入ってます。

よく見ると、小上がりみたいのがあって、そこに上がると、また民芸品に
チョコレートのお店やセルビン焼き、ウィチョール族のおじさんが
実演をしてくれてるところなどもあり。

ほんと、すごいよね、この方たちの手仕事は…どんだけ根気があるんだ…
e0172085_37399.jpg


これ、全部1ミリもないような小さいビーズで出来てるのです!すごい…
e0172085_372380.jpg



また、このCentro Culturalの前のちょっと奥の広場でもテントが張ってあって、
さまざまな民芸品の露店が出ています。

メキシコ民芸品大好き!の我々ですが、今回買ったものは…



なんと なし!




自分で言うのもなんだけど、めずらしい…
いやーもちろんかわいいもの、いっぱいあったんだけれど、
我々もうメキシコ5年目なんでメキシコ民芸品の素敵なもの、
かわいいものは大抵持ってるんです(笑)

それに、なんといっても人が多くってねー、
こっちはちびっこ連れだし、せまい通路ですれ違うのに一苦労。
店も露店やCentroCulturalの中も狭いから、
いつもこんなに人が多いのかわからないけど、とにかくあんまりゆっくり見る暇がない。
加えて、すっごい欲しい!と思ったものが3つくらいで、
どれもかなり高値だったので即買いできませんでした…



3つのうちの1つに、絵心とか全くない我々夫婦の心を鷲掴みにした絵が1枚ありました。
今回私が昔使っていたデジカメを持参し、自ら写真を撮っていためい。(母に似てきたか?笑)
いつの間にか我々が欲しがってた絵の写真も撮ってた!
こんなのです、
(あ、誰も買わないでくださいね笑って、こういうの欲しがるのあたしたちだけ?w)

e0172085_3294112.jpg



ドクロ好きの我々にはたまらん…




それを描いたおじさんと交渉中の写真。(写真byめい)
e0172085_330314.jpg



めっちゃかわいいんだけど、値段が高いのと、
右上のドクロの鼻あたりに穴が開いてんだよね(これぞメキシコ爆)
それをふさいでから、来週また交渉、ということで今回は見送り…
来週ちゃんと穴をふさいできてくれるのか、それはわかりません(笑)


散々歩き回って、疲れたし喉もかわいたので、
CentroCulturalの中に入ってお茶、と思ったけど、
もうおなかも減ったからそのままお昼ご飯を食べちゃいました。

中庭で、って言ったら中庭はビュッフェ専用ですよ、メニューから頼むなら店内へ、
っていうので中庭でご飯食べたかった我々はビュッフェでお昼ごはん。

雰囲気のある中庭が素敵だったー。
e0172085_36744.jpg


もちろんマリアッチのおじちゃんたちがメキシコ♪って演奏をしてます。
e0172085_362643.jpg


チキンのモレ、美味しかった!
e0172085_364393.jpg




んで、食後にまたちょっとまわって、家路に着きました。



バザールでサバド、かわいいものもいっぱいで、
そのへんを歩いてまわるだけで、楽しい!そんなところでした。

ただ、やっぱり人が多くって、ちょっとゆっくり選んでまわる、って雰囲気ではなかったなぁ。
ベビーカーを押してる人なんかかなり苦労してたし…。

どっちかっていうと、

「時間があまりないけどお金はあって、普通のメキシコ民芸品は飽きた!
高価でもいいからレベルの高いメキシコ民芸品・メキシコ土産を探している」
大人向け。

「時間があって(最低でも半日くらい、できれば次の日またこれるくらい)
安くてもかわいいメキシコ民芸品・土産を、小さい子連れでものんびりと周りを気にせず、探したい」

人はシウダデラ市場の方がいいかも?

シウダデラは、民芸品のレベルにかなり差があって、
そのへんのお土産屋で売ってるダッサダサなものもあるけど、(っていうかそれがほとんどか笑)
よーく探すと、とーっても素敵なものが見つかるのです!
でもそれには1~2日の時間と、沢山のメキシコ民芸品を見てきた経験が必要なわけで…
(あ、なんかこんなこと書くと嫌味なかんじだけど笑、私、かわいいメキシコの民芸品を見つける自信はある!はずだ…)


なのでちょっとお金を出してでも手っ取り早く、かわいいものが買いたい人は、バザールデサバドへ、
お金はないけど、時間はある!自分の力でかわいいものを見つけてやるぜっ!って人は
シウダデラ市場へ、ってことで、
 いかがでしょうか?(何が笑)



私のあくまでも個人的な感想でした…
ま、また来週も行くけどね、バザールデサバド。
ドクロの絵、売れてないといいけど…

フォトグラファーめいが撮ったねこ
e0172085_3302133.jpg

[PR]
by punkpink | 2013-08-13 03:51 | メキシコシティ 見どころ | Comments(4)


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

最新のコメント

hiyoriさま ..
by punkpink at 11:36
Junさま、 コメ..
by punkpink at 11:34
あささま、 大変今..
by punkpink at 11:31
こなつさま コメン..
by punkpink at 11:28
初めまして。"メキシコ ..
by Jun at 09:03
まりさま、 コメン..
by punkpink at 07:11
友達に今週末行こうといわ..
by あさ at 03:41
こんにちは、いきなりコメ..
by こなつ at 17:10
> ノーラ・コーリさん ..
by punkpink at 22:37
はじめまして、海外出産・..
by ノーラ・コーリ at 11:33

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧