カテゴリ:旅行 メキシコ国内( 54 )

メリダ・ビーチ編

前日の夜にようやく到着したオットオクン、なんせ疲れていらっしゃいますので(笑)
とりあえず、4日目はビーチでのーんびり。

ホテルからタクシーで30分ちょいくらい、Progressという小さな海岸沿いの町へ。
メリダから一番近いビーチのようです。

とりあえず、ビーチでまったり。
めいは相変わらず砂遊びをしたり、
パパと海に入ったり。
e0172085_1323288.jpg
e0172085_1323519.jpg
e0172085_13241018.jpg


私はピニャコラーダ片手にのんびり読書をさせていただきました。
ただ、あんまりお天気には恵まれなかったのねぇ。
最初の小一時間は晴れてたけど、その後雨がちょっぴり降ったり、
降ってなくても曇ったりしていて…

暑かったのも最初だけで、最後の方はかなり肌寒くなっておりました(涙)
せっかくの久々のバケーションなのに、かわいそうなオットオクン…
ま、めいと初めての海を楽しんだから、いいとしますか。
夕暮れ間近にくつろぐ。
e0172085_13244573.jpg


帰りはタクシーがなかなかつかまらず、結局最初に連れてきてくれた
タクシーの運転手さんに電話して迎えにきてもらうことに。
ぼけーっと海岸沿いの道でタクシーを待つ間、
こんな屋台を発見。
e0172085_1325570.jpg


なにやら人が買って美味しそうに食べている。
こういうのを見逃せるでありましょうか?
いいえ、見逃せる私ではありません!
早速買いに行ってみた。

e0172085_13252499.jpg


マルケシータというお菓子で、硬めのクレープ生地の中に、
基本の具はチーズで、それを入れてくるくるっとまいたもの。
他にもお好みでチョコとかイチゴソースとかクリームとか加えられるらしい。
欲張りな私はチーズ&チョコをチョイス。
e0172085_1325444.jpg


お味はなかなか美味しかったのですが、チーズの塩味が結構強くって、
チーズだけでスナック風に食べるか、チョコだけで甘い味で食べた方が、
良かっただろうなーって感じ。
でも、海帰りで小腹が減っていたので、
3人でバクバクたべちゃいました。
たぶん15ペソくらいだった気がする…

そんなこんなで、のーんびりとした日でありました。
やはりバケーションにはビーチが必須、
そして晴れていればなお良い!と実感したのであります…
[PR]
by punkpink | 2010-07-30 13:30 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

メリダ・フラミンゴツアー編

3日目は友人の1人と私たち親子でフラミンゴを見るツアーへ。

メリダの北部に自然保護地域があり、そこで自然に生きているフラミンゴを見に行く、
っていうツアー。
前日にメリダの旅行会社で予約したスペイン語&英語のガイドありで、
ホテル送迎&ランチ付きの楽ちんツアーです。
子連れにはかなりよかった!

朝小型のバンが迎えに来て、メキシコ人、ポーランド人、
そして我々日本人を含むツアー客を拾って出発。
なんと私たちの隣に座ったメキシコ人夫婦、モンテレイの人達だったのねー、
偶然もあるもんだ。
去年日本にも行ったらしく、結構話が盛り上がりました。

バスの中でもメリダの歴史や今から行く場所の説明なんかもあって、
さすが旅行会社のツアーってかんじ。
あんまりツアーに参加したことってないのですが、
自分では調べる気にもならないことまで教えてもらっちゃったりして、
たまにはいいもんだなぁーと思いました。

バスは30分ほどでボートの発着地に到着。
ボートで海岸線を走り、フラミンゴが群生している場所まで行きます。

途中漁師のおっちゃんにとったカニを見せてもらったりしながら、
e0172085_12492889.jpg
e0172085_1250993.jpg


この方も海の上の気持ち良い風を満喫。
e0172085_12503523.jpg


そしていたいた、フラミンゴ!ですが…

ちっちゃ!
e0172085_125347100.jpg

(注:これズーム最大です)
e0172085_12541925.jpg


なんか、一応自然に生きてるので、これ以上は近寄ってはいけない、
という規則があって、遠くからしか見られないらしい…

間近で野生のフラミンゴを見る気満々だったので、
ちょっとがっかりでしたが、ま、目的達成ってことで(笑)

そのまま岸へ戻るのかと思いきや、
途中、突然スピードをあげたボートがマングローブのジャングルに突入!
うっひゃぁー!
e0172085_12554395.jpg


ここからはジャングルクルーズ気分を味わえます(笑)
この水が赤くなってるのは、マングローブの根から出ている成分が関係しているらしい…
e0172085_12562992.jpg


ワニがうようよしているらしい水面を恐る恐るボートは進み、
ちょっと岸になってるところにおりたりして…とりあえずパチリ。
e0172085_12572949.jpg


マングローブ初心者の私たちにはなかなか貴重な経験でした。

岸へ着いたらイグアナと遭遇。
e0172085_1258484.jpg


その後、岸へ戻り、またバンにのって今度は近くのビーチへ移動。
ビーチ沿いのレストランで昼食をいただきます。
e0172085_12593186.jpg


やっぱりね、海だからね、とりたてのお魚が美味しいのね。
私の頼んだ魚のソテーのにんにくソースと、友人の頼んだお魚のフライ。
e0172085_12595836.jpg



めいもアロスメヒカーナをバンバン食べてました。
e0172085_1302194.jpg


そのあとはビーチで自由時間。

実はめいは海、初体験!
日本の海も入ったことないのに、いきなりカリブ海ですか!
どうか鼻持ちならないような奴に育ちませんように…という
親のつまらない心配をよそに、
めいは砂遊びを満喫…砂ならうちの庭にもあるじゃないか…
しかも、母のサンダルを埋める、という作業に没頭中…うーむ…

e0172085_1304516.jpg


海の波も怖がるかと思ったけど、 意外に平気で私に抱っこされながら
「うみ、しょっぱーいね!」と初めての海を楽しんだのでした。
これは友人。きれいな海を満喫です。短い時間だったけど。
e0172085_1311062.jpg



そーんな感じでのーんびりとしたフラミンゴツアーは終わりました。
ホテル送迎付きだし、ガイド付きだし、楽ちん楽ちん。
小さい子連れにはもってこいのツアーでありました。
[PR]
by punkpink | 2010-07-30 13:07 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

メリダ・オアハカ旅行~メリダ・セノーテ編~

ええと、2日目は友人たちの提案でセノーテ巡りをしました。

セノーテ(cenote) っていうのは
-ユカタン半島の低平な石灰岩地帯に見られる陥没穴に地下水が溜まった天然の井戸、泉のこと。
(Wiki参照笑)

まぁ平たくいえば、ごつごつの岩の地面があって、
そのあたりにぽっかり穴があいていてるところがあって、
中になぜかすげー綺麗な水がたまってる場所、みたいなこと。
私たちが訪れたメリダがあるユカタン半島にぽつぽつといっぱいあるらしい。
前日にメリダの観光案内所で行き方を聞いておきました。

朝、9時15分のバスに乗るためバス乗り場で9時に待ち合わせ。
私たちはタクシーで9時10分に着いたんだけど、
友人たちもギリギリで到着。全員日本人なのに(笑)
大急ぎでクサマというところまでチケットを買って、なんとか乗りこむ。
メキシコのバスだからどうせ遅れるだろうと勝手にふんでいたのですが、
さすが始発地点だけあって、ぴったりに出発しました。
ちぇっ、こんなときばっかり(笑)

乗合バスに揺られること1時間くらい?かな?
心配していためいの尿意も大丈夫で(笑)
クサマに到着した私たちを待っていたのは、
なんていうのかな?バイクとか自転車に座席つけちゃったみたいなタクシー。
あのよく東南アジアとかにあるやつね。

e0172085_1105715.jpg


とりあえずセノーテまでーとお願いしたまでは良かったんだけど、
何も考えずに目の前のおっちゃんに話しかけたから、
1組はチャリ仕様、1組はバイク仕様という誠に中途半端な結果に…
(2人乗りなのです。めいはもちろん膝の上)
e0172085_1131869.jpg


とかく何もない道を走ります、15分くらいかな。
ゆるい坂がいくつかあるのですが、そのたびに荒くなっていく
おじさんの息遣いを聞きながら、道はつづきます。
すごく非日常感があって、おもしろかった。
e0172085_114268.jpg


そして到着したのはなんだかだだっ広い空き地のようなところ。
そこで待っていたのは、トロッコを引くお馬さんたち。

e0172085_1172075.jpg


セノーテへ行く道はジャングルみたいなかんじなのね。
もちろん整備されてないけもの道のようなところだから、
車が通れないんだけど、なぜか線路みたいなのがひいてあって、
その上をお馬が引いてくれるトロッコが走る、という…(笑)
効率的なんだか非効率的なんだかわかりません。
1本しかないため、前から別のトロッコが来たら、
おじさんがよっこいしょとトロッコを持ち上げて道を譲って、
またそれを線路に戻すという、まことにのんきな方法で進んで行くのでした。
e0172085_1174360.jpg


そんなかんじで3つのセノーテを回りました。

まず、1つ目のセノーテに到着。

下から見上げたかんじ。
e0172085_116860.jpg


めいを抱っこして恐る恐る下りていきます。
e0172085_1185421.jpg


水は冷たくて透明で、でも上から差し込む光が神秘的に水を照らしていて、
すごーく不思議なかんじ。
聖なる泉、とよばれているのもわかります。

e0172085_1191534.jpg


1つ目ではめいもセノーテにIn!
e0172085_1203590.jpg


最初はコウモリがいっぱい飛んでるので怖がってましたが、
最後の方は「行ってみよう!」とか言ってました。
でも、私でさえ足がつかない深い深い水なので、めいの浮き輪を持って行って
私もつかまってました(笑)浮き輪持ってって本当に良かった。
2つ目からはトロッコに積んであったライフガードを借りて着用しました。
これ、必須でしたね。全然違うんだわ。



2つ目のセノーテはたまたま人が誰もいなくって、貸し切り状態。

e0172085_121444.jpg
e0172085_1225611.jpg


真ん中からラピュタの壊れた神殿みたいに木の根っこが垂れていて、
そこに必死でぶら下がったり。

e0172085_1222363.jpg


ここはセノーテの中に入るのはなんとかなったんだけど、水に入るまでが足場が非常に悪い。
めいを水まで無事に連れて入る自信がなかったので、
元々セノーテに入る気のない友人1人と待機してもらうことに。
なんか2人で楽しそうにやってたのでいいとします。
面倒見てくれてありがとー!

2つ目はめいをなんとか抱っこしながらセノーテの中までおりれるギリギリのかんじだったんだけど、
3つ目はほんと穴に梯子がかかってる、っていう状態だったので、
私とめいはセノーテに入らず、外で待機。

でも、友人が写真を撮ってくれました。
インディジョーンズか?
e0172085_1243461.jpg
e0172085_1241133.jpg


どのセノーテも水がきれいで、上から光が差し込むと、
キラキラ輝いて、周りの鍾乳洞とともにすごーく不思議な空間でした。
足元にはお魚さん達が泳いでいるのがくっきり見えて、
めいも「お魚だー!」と大喜び。
どうやら世界でもこのメキシコ・ユカタン半島にしか存在しないようなので、
行く価値は十分にあったな。

ただ、帰りのトロッコがかなりの揺れできつかったです。
行きは1つ行ってまた1つと短い距離の移動なのでいいのですが、
帰りは終着地点まで乗りっぱなしなので
その尋常じゃない揺れとお尻の痛みに閉口しました。
オットオクンは行けなかったけど、乗り物に酔いやすい彼は
行かなくて良かったかもしれない(笑)

また行きに乗ったタクシーのおっちゃんたちが迎えに来てくれていて、
バス乗り場まで戻って、今度はコレクティーボという小型の乗合バスに揺られて
帰ってきました。

この旅の中で一番アドベンチャーちっくなセノーテ。
来ていた人たちは、若い人が多かったけど、中には家族連れも。
小さい子を連れて行くのは足場が悪くてちょっと危険な感じでした(笑)
自分で梯子を登り降りできるような年齢のお子さんなら充分楽しめるかな?
まぁ、小さい子は馬のトロッコだけで遊園地並みに楽しめると思います(笑)

あと、トロッコに乗ってしまったらもうほんとになーんにもないところ。
クサマにもレストランというべきところはありません。
いや、あるのかもしれないけど、探す気力もなかったという方が正解か。

朝の9時に出て、メリダに戻ったのは夕方3時か4時くらいだったかなぁ?
空腹を我慢できない子供を連れて行く場合は、
適度な量の軽食を持参することをお勧めします(笑)

うちはホテルの朝ごはんのときにいちごジャムサンドと
小さな甘いパンをいくつかお持ち帰りにして持っていったので、
3つ目のセノーテで待ってるときにめいに食べさせました。
暑いので水のボトルも必須、ですね。
私は1つ目のセノーテで落としちゃったけど…(涙)

とにもかくにも、誘われて行ってみたセノーテでしたが、
自転車タクシーや馬のひくトロッコや、そして神秘的なセノーテを、
親子共々満喫したのでありました。
ザ・非日常がよい旅の思い出になりました。
ま、めいが一番興味しんしんだったのは、もちろん「お馬ちゃん」ですけどね…

e0172085_144637.jpg

[PR]
by punkpink | 2010-07-29 01:49 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

メリダ・オアハカ旅行 ~序章~

オアハカ・メリダの旅行から帰ってきております。

いやぁ、ここ3週間ほど、友人の送別会の仕切り&開催、
私の手術(たいしたことないやつ)、旅行、見送り、
めいの新しい学校の手続きと、バタバタした日が続いておりましたが、
やっと今日ひと段落して、一息つけたかなぁというところ。

ぼちぼち旅行の写真もアップしていきたいと思います。


今回の旅は、日本から友人御一行3人が3週間ほどメキシコに遊びにきており、
最後の1週間をメリダ・オアハカで一緒に過ごす、というのがメインイベント。
そのほかにも、メキシコはオアハカ州の踊りの祭典「ゲラゲッツァ」を見る!
とか、オアハカと言えば、やはり民芸品、いっぱい買うぞ!とか、
オアハカ&ユカタンの地方料理を食べるぞ!とか、
メリダのビーチでくつろぐぞ!とか、
私たちとしては、色んな楽しみがつまった旅でありました。


しかーし、オットオクンの仕事の都合で、最初の3日はめいと2人きり。(+友人、もちろんね)
日本→メキシコ間は2人で往復したことあるけど、
メキシコ国内旅行となると初めて。
しかも、オムツがとれて、パンツマンでの初めての旅行だったので、
かなーりドキドキしておりましたが、
常に持ち歩いていた「もしもセット(着替え笑)」が活躍することもなく、
大人でもちょっとひるむようなトイレ(あるんですよ、メキシコの地方には笑)
でも、ちゃんと用をたせためい。(もちろんウェットティッシュでかなりキレイにしたけどさ)
最後の方は離陸寸前の飛行機トイレでも大をしたりしてました(笑)
親ばかですが、あんたはエライ!

私的にも、色々と実りのあった旅。
今までのようにスペイン語ができるオットオクンと一緒だと、
自分がしゃべるよりオットオクンがしゃべる方が早いだろうと
旅行中はなんとなく頼ってしまいがちでした。
が、今回スペイン語の全くしゃべれない(当たり前だけど)友人たちと回ったことで、
たぶん間違いだらけだったに決まってるけど、
あら、あたしのスペイン語も結構通じるじゃない、
それに言ってることも結構わかるじゃない、
というつまらない自信につながりました。
文法とかめちゃくちゃだったと思うけど、後は情熱ねぇー。
だって、スペイン語のしゃべれない友人たちだって、
英語の通じないメキシコ人と果敢に交流してましたから(笑)

というわけで、とりあえず、今日はこれだけ。
メリダに到着したその日の午後、ホテルのプールにて。
e0172085_5323320.jpg


広いプールを独り占め。
e0172085_532765.jpg


どんだけくつろいでるんですか?
e0172085_5344223.jpg


夜、友人と合流したレストランにて。
テキーラの炎に包まれる海老たち。
e0172085_5354258.jpg


あとは、まぁ、ぼちぼちアップしまーす。
[PR]
by punkpink | 2010-07-28 05:43 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(6)

サンミゲルアジェンデで民芸品

さて、2日目はもう一つの目的地サンミゲルアジェンデへ。
ケレタロから車で1時間くらい。

ここは街全体が世界遺産に登録されていて、
古い教会や建物が立ち並んでいます。
e0172085_2484125.jpg


石畳とカラフルな建物たち。
e0172085_2493656.jpg



なんだか有名な教会らしい…
e0172085_2503055.jpg


年末に訪れたバジェデブラボーに似た街並みだったな、
もっと大きかったけど。

どうやらここにはメキシコで有名な芸術学校があるらしく、
世界から芸術を学ぶ若者たちがこぞって集まったり、
アメリカから老後をメキシコで過ごそうという人たちが、
移住してきたりしているらしい。
たしかに街のどこそこで英語がとびかっておりました。
ギャラリーやカフェや雑貨屋さんなどが多い、こじゃれたところです。

こじゃれたカフェでアイスクリームを待つめい。
ちっともこじゃれてない親子ですいません。
e0172085_24972.jpg


めいは素敵な街並みよりも民芸品よりも、
とにかく馬に夢中…
e0172085_250427.jpg



昼食をとったレストランにてケーキを存分に楽しむめい。
e0172085_251063.jpg


人見知りの時期を過ぎたのか、レストランのウェイターさんに
愛想をふりまいておりました。
わざわざデザートのショーケースの前まで行って、
ウェイターさんに「これ!」とか言ってちゃっかり勝手に注文してるし(笑)

驚いたのが、
「Como te llamas?」(お名前はなんていうの?)
という質問に「めい!」と答えられるようになっていたこと。
今までは教えてもわかってなかったのになぁ。
親の知らぬ間に着々とスペイン語をマスターしつつあるようです。


世界遺産とか素敵な建造物とか歴史とかには全く興味のない
私たち夫婦ですが、この街には素敵なメキシコの民芸品が集まると聞いて、
それを狙ってやってきました。

実は年末に行ったバジェデブラボーで、
紙でできたかっこいいドラゴンの置物に出会ったのね。
でも、値段も結構高いし、紙でできてるから長旅で無事に
持ち帰れるか不安で、最後の最後まで買うのを迷ってしまった。
で、最後にやっぱり買おうと思って行ったら、
店員さんが開けると言ってた時間に店が開いてなーい!
ま、メキシコではよくあることですが。
これもまた運命と思ってあきらめて帰ってきましたが、
そのドラゴンが心から離れない…

で、今回は買う気満々でやってきました!
そして、見つけたこの素敵なものたち。

不気味でかわいいドクロ。
e0172085_2513584.jpg


刺繍でできた絵。とってもメキシコ、なかんじ。
e0172085_252277.jpg


私のお気に入りの木の箱。細かい彫刻がしてあります。
e0172085_2522117.jpg


オットオクンから「そんなに布ばっかり買って何に使うの?」
と毎回布を買うたびに聞かれますが、
使うーんです!いろいろと!たぶん!
e0172085_2532867.jpg



大体買い物を終えたころに、通り雨にあいましたが、
欲しいものは買ったあとだったので、よし。
全部をまわれたわけではないけど、
1日お店をみてまわって、民芸品も買って、
今回は心残りのない楽しい旅になりました。

あとは壊さないように大事に大事にしたいと思います。

昼食を食べたレストランも美味しかったし、
満足満足。

自分で運転して、っていうのは結構大変だけど、
来ないタクシーを待ったり、
荷物を大きくしないように気を使ったり、
機内でめいが騒いでヒヤヒヤしたりしなくていいので、
意外と楽ちんだなぁーと思いました。

車中でどうしてもだめだったら見せようと思って持ってきた
DVDプレーヤーも全然出番がこなかったしね。
代わりにめいは「もーちもーちもっちもち♪そーれっ!」
という意味のわからない歌をうたったりして盛り上がってましたが…
そういう時はパパもママも一緒に歌って盛り上げねばなりません、
子育てっておっかしいな。

またバルバコア食べに行きたいな。
[PR]
by punkpink | 2010-02-03 03:21 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(8)

ケレタロでバルバコア

メキシコは革命記念日、じゃなかった、憲法記念日で週末が3連休でした。

先週の半ば、オットオクンが何を思い立ったのか、急に
「ケレタロとサンミゲルアジェンデに行こう」と言い出した。

で、土曜の朝6時にモンテレイを出発。
前日にパソコンを見ていたためほとんど寝ていないオットオクンと、
交代で車を運転し、車でおよそ6-7時間(オットオクン時速150km平均)
行ってきましたケレタロ&サンミゲルアジェンデ。

まず真っ先に向かったのが、ケレタロを通り越した
サンフアンデルリオという街にある、バルバコアのお店。
バルバコアというのは通常バーベキューという意味ですが、
この地方では羊の肉をサボテンの葉の間に挟んで、蒸したもの。
それをトルティーヤで挟んで食べる名物であります。

オットオクンは出張でこの近辺に来る時は
必ず食べているらしく、とにかく美味しい!といつも絶賛しているので、
一度は食べてみたいと思っていたバルバコア。

今回の旅の目的は、
1.バルバコアを食べること。
2.民芸品を買うこと、

それだけ!

で、これです。
おじちゃんたちが店頭で蒸す蒸す、そしてたたき切る、

e0172085_2182781.jpg


そのままサボテンの葉っぱにはさまれて運ばれてきます。

e0172085_2195866.jpg


これは普通のバルバコア。これにサルサをたっぷりかけ、
玉ねぎのみじん切りをどっさり入れ、
ライムをいっぱい絞って食らいつきます。
e0172085_2201764.jpg


とにかく食べる食べる!
美味ーい、とにかく、美味ーい!
蒸された羊肉が臭みも全くなく、やわらかーで、とろける味わい…


また、内臓を辛いソースであえたものもあります。
e0172085_2204287.jpg
e0172085_2205926.jpg


これもやわらかでとろけるとろける…
羊の内臓らしいですが、とかく美味い美味い。
肉よりこっちの方が美味しいくらい、
なんともいえない美味しさです。
メヌードって看板がいっぱい出てたから、
それが内臓タコス中身の名前かと思ってたら、メヌード=ハチノスらしい。
タコス仕様はメヌディエータとかなんとか。
友達に聞いたけど忘れちゃいました…

そして、骨から出汁をとった「コンソメ」という
そのままの名前のスープも美味しい。
e0172085_2211713.jpg


しょっぱくないのに、濃い出汁が体をあたためてくれます。
これに玉ねぎの刻んだのや、ライムを絞って食べるのね、
これもとにかく美味いのね。


モンテレイにもアラチェラをはじめとして
美味しい肉料理はありますが、このバルバコア、
正直メキシコに来てから食べた物の中で一番美味しかったかも。

あまりの美味しさに3日目も帰る前にもう一度同じ店に行って食べたくらい。
しかも三日目は朝から豪雨だったのに(笑)
食べることへの執念、子供のころからそれだけは負けたことがありません…


さて、第一の目的を果たした私たちはケレタロに戻り、ホテルへ。
ここはケレタロに出張でよくくるオットオクンの常宿。
ポイントを貯めまくってるため、エクゼクティブフロアに
通常料金で宿泊。ラッキー!

e0172085_221516.jpg


ここが子連れには素敵なホテルで、庭に子供の遊び場とか
プールとかジャクジーとかついてるのね。
プールは寒くてさすがに入れませんでしたが、
ほとんど寝ずに車を走らせてきたオットオクンを部屋に残し、
めいは庭の遊具を存分に楽しんでおりました。
次はプールに入れるような、暑い季節に来れるといいなぁ。

夜はケレタロのセントロをプラプラしながら晩御飯。

e0172085_2225616.jpg


ケレタロはとかく教会の多い街らしい。
石畳とやわらかい照明が素敵な雰囲気を演出しています。
モンテレイは新しい街なので、綺麗といえば綺麗ですが、
やっぱり古い街は情緒があっていいなぁ。
オットオクンがメキシコで一番お気に入りの街、というだけあります。

つづく。
[PR]
by punkpink | 2010-02-03 02:32 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(6)

ブラボーな小旅行 -Valle de Bravo-

26日から2泊3日でValle de bravo(バジェデブラボー)という
メキシコシティから車で2時間くらいの場所に行ってきました。

そもそも年末に何の予定も立てていなかった私たち。
メキ人友達のカルメンが、前々から
「死ぬまでに一度は住んでみたい場所」と言っていて、
妹が住んでてクリスマスに遊びに行くから、一緒に行こうよ!と誘われ、
なんとなーく決めた旅行でした。

なんとなーく決めたのでどういう場所かという予備知識も全くないまま。
クリスマス前になるとよく友人の間でバケーションの話になるのですが、
「valle de bravoに行く」と言うと、日本人は誰も知らない…
でもメキシコ人は100%知っていて、「いいとこだよ」と言う…
果たしてどんな場所なのか。

モンテレイから飛行機で1時間ちょっとで、
トルーカといういつもオットオクンが仕事で言ってる街に行き
そこから車で2時間弱。

着いたところは、とても感じのいい小さな町でした。
湖に面していて、Puebro Magicoに指定されている街並みは
瓦屋根と漆喰と木でできた建物に統一されています。

e0172085_1520385.jpg


クリスマス直後で街はお祭りのよう。
e0172085_1561128.jpg


湖で乗ったボートから見える街の風景
e0172085_1595036.jpg



小さな街ですが、近くにアバンダロという昔からの避暑地があり、
メキシコシティに住む人がバケーションでやってきて
栄えるようになったのだとか。
確かにシティからだと車で2時間くらいらしい。

日本で言うなら軽井沢、アメリカで言うならロングアイランドのハンプトンってところか?(ってどっちも行ったことありませんが笑)

民芸品が集まる場所としても有名らしく、
街中に民芸品とそれをモチーフにしたかわいい雑貨のお店がいっぱい。
ギャラリーやカフェなんかもあって素敵なかんじ。

カルメンに民芸品マーケットに連れて行ってもらい、
女3人で(めいを含む)あーだこーだ言いながらお買いもの、楽しかったな。


また予期せぬうれしいことがありました。
トルーカからバジェデブラボーに行く途中の山の中で、
モナルカ蝶という南北米大陸を越冬のために移動する蝶の大群に遭遇!

ある地点から突然窓の外に何百という蝶が現れ、
まるで吹雪のように舞っています。手を伸ばしたら届きそう。

e0172085_1553625.jpg


冬の時期にちょうどこの街の近くを通るらしく、
この辺ではそれを目的に訪れる人もいるんだとか。

偶然見られるなんてラッキー!
山中で、軍隊まで出動して山道の速度制限をしているから
何事かと思ったら、蝶のためだったのねー。
蝶もカナダから飛んできてるんだもんな、すごいなぁー。

蝶好きの私には、たまらない体験でした。


2泊3日の短い滞在でしたが、こんなにいいところなら
もうちょっと長くいても良かったなぁー。
なんせ何もないところだと思ってたもんで…

カルメン一家と食事したり、
e0172085_1563493.jpg


泊まったホテルの庭に遊びに来る猫と戯れたり、
e0172085_157655.jpg


屋台でバルバコアという羊肉のタコスを食べたり、
e0172085_1591962.jpg


こじゃれたカフェで朝ごはんを食べたり、
e0172085_15205683.jpg


滝を見に行ったり。
e0172085_1521192.jpg


とにかくのんびりまったり過ごしました。

無計画だったけど、予想以上に楽しかったなー。
もっともっと、いろんなメキシコを見てみたいという気持ちになりました。
めいも、仲良しのフェルとパブロといっぱい遊んで楽しかったみたい。
一緒に遊べる子供がいると、めいも楽しそうでいいもんだな。
オットオクンも、旅の手配から運転までありがとう。
また行こうね。

おまけ:ホテルでくつろぐめい。
いっちょまえに頭の後ろで腕なんか組んじゃったりして。
変な顔して!って言ったらしてくれました(笑)
e0172085_1510984.jpg

[PR]
by punkpink | 2009-12-31 15:39 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(2)

チワワ鉄道でコッパーキャニオンを駆け巡る旅 7日目

この日は夕方にチワワ鉄道に乗ってクリールを出て、最終目的にチワワへ移動。
とうとうチワワ鉄道に乗るのも最後。
チワワの最後の日は、朝9時の飛行機でモンテレイに戻るので、
旅の最終日といっても過言ではありません。

しかし、朝9時にロスモチスを出てチワワへ向かう鉄道。
1日1本か2本しかないので、一番早い電車をつかまえても
クリール発午後4時半。

午前中はクリールの街中を歩きまわり、
買えていなかったおみやげなども買ったけど、

e0172085_14553911.jpg
e0172085_145616.jpg


それでもまだあと4時間半もある…

もうやることもないし、ということで、
この旅でお世話になった旅行会社に寄って何かすることないか聞いてみる。
ほんとはもう一回くらい馬にでも乗ろうかと思っていたのですが、
馬を管理するおじさんがつかまらず、
急きょハンバーガーをテイクアウトして
昨日ちょびっとしか見なかったArarareko湖に行くことに。

そう、なぜか私たちが出発するこの日になって、
あの今まで私たちを悩ませていた強風がピタリとやんだのでした…
どんだけ日ごろの行いが悪いかが顕著に出てしまいました(涙)

とにかく、外は快晴ポッカポカ。
これぞピクニック日和ということで、タクシーで湖に。

手漕ぎボートを借りて、船上でお昼ごはん。
ポッカポカののーんびりで美味しかったなぁ…

e0172085_1457639.jpg
e0172085_14574137.jpg


唯一の誤算は、思ったよりボートを漕ぐのがむずかしかったこと。
オットオクンにまかせっきりにする予定だったのですが、
日本の貸しボートのように、オールを船に固定するやつがついていないのです。
だから一人で漕ぐのはよほど慣れた人でないと難しい。
しぶしぶながら、私も参戦。
しっかしなかなか前には進みません…

船の上でのんびりする予定が、やっと岸から離れることはできたものの、
戻れないんじゃないかという不安で、
必死にボートを漕ぐ練習をする間抜けな夫婦…

とりあえず15分くらい練習したところで、こつをつかんで、
夫婦の息もやっと合ってきたので(笑)
しばらく止まった時間に浸るのでした。

ボートの貸し時間が1時間だったため、ボートを返した後は、
湖の岸辺を散歩。
やっぱり巨大岩があったりして、家族で登ってみたり。

e0172085_14583114.jpg


家族でなーにやってんだか…(笑)

その後タクシーに乗ってクリールへ戻り、
昨日駅への送迎をしてくれると言っていた
ガイドさんが来なくてヒヤヒヤするなどということもありましたが、
無事チワワ鉄道に乗って、クリールを出発。

チワワに着いたのは夜の10時半。
めいはかなりご機嫌ななめ。
お疲れさまでしたー!

ちなみにこれがお土産の数々。
Raramuri族の作った美しい布たち

e0172085_1533179.jpg


素敵なチワワ地方独特の焼き物のツボとまた怖い人形。そしてカゴ。
e0172085_1535064.jpg


この焼き物がすごく素敵で気にいって、窯元に行ってみたいなと思ったのですが、
チワワから車で4時間かかることが判明。
次に機会があったら行ってみようと思います。

はー、旅のブログもやっと終了。
疲れたー。
逐一書くのって大変ですね。
もうこれから旅行しても旅行記をブログに載せるのはやめようと
固く心に誓う私でした。

おまけ:宇宙人の形をした恐ろしいアメを食べたいと駄々をこね、
自分が宇宙人のようなくちびるになっているめい。

e0172085_14564685.jpg

[PR]
by punkpink | 2009-11-09 15:14 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(2)

チワワ鉄道でコッパーキャニオンを駆け巡る旅 6日目

6日目。

さて、この日はクリール周辺の見どころをまわるツアー。

サンイグナシオ教会という古い教会を見たり
e0172085_14293828.jpg
その近くの

LoyoraMuseumというその地域の教会に
ひとつひとつ保管されていたキリスト教の絵画を集めた小さな美術館に行ったり、

コッパーキャニオンの終わり地点を見に行ったり、

Ararare湖という湖に行ったり、

Valley of Mushroom, Frogs and Monksと呼ばれる
巨大岩が密集している地域にいったりしました

e0172085_14301345.jpg
e0172085_14341883.jpg


あれ?なんでこんなに写真が少ないのか、というと、
実はこのツアーの道のりがそれはもう酷い悪路だったのです。

山の中を走っているときは舗装されているのはいいけど、
延々とぐるぐると続く山道を、アップダウンの繰り返し。
しかも1時間半…まず、ここで車酔い(涙)

やっと山を降りたかと思いきや、今度は平地なのはいいけど、
舗装されていず、しかもとても普通の乗用車では通れないような
(ツアーの車はごっつい4WDでした)
泥んこ&でっかい水たまり&高低差が30cm以上あるでっこぼこの
すんごい道を延々とまた行くわけだ。
さっきの車酔いに加えてこれなので、
もうたまりません。

そしてねー、やっと着いたとこが意外に地味…(笑)
しかも昨日に勝る強風…
せめて天気が良かったら、外で歩きまわる時間を長くして
気分転換もできたのですが、
あまりの寒さと風に、「しばらくここで時間を過ごしてもいいよ」
とガイドさんに言われても、速効車に戻ってくる私たち。
この日も外でピクニックツアーだったのですが、
寒さ&強風のため、また車中での食事。

正直オットオクン、私共にちょっとうんざりしてしまいまして…
なんかこんなにきついドライブを乗り越えてこれか…というのがね。
巨大岩は確かにすごいけど、地味だし(笑)

もしかしたらクリール3日目旅6日目で、
コッパーキャニオンの壮大な自然にも慣れてしまっていたのかもしれません。
山はもういいですー、ホテルに帰って寝たいですー…
もう1か所寄る、と言われたのに、
いやもういいから、帰りましょうと軟弱な提案をしてしまう私。
未熟者です…

そして、なぜかこの日は行く先行く先にいる、民芸品売りの
Raramuri族の子供たちがずいぶんしつこかったんだなぁ。
湖に行ったら、いらないよと言っても私たちが湖を見ている間、
ずーっとそばにいたり、
車を停めて中でご飯を食べたら、外でずーっと出てくるのを待っていたり。

きっと生活もかかっているだろうに、かわいそうだなという気持ちもあったけど、
こちらも具合が悪いので、もう勘弁してーというかんじ。
自分に余裕がないと優しい気持ちになれません、はい、小さな人間です。
もう大方民芸品もいろんなRaramuri族の子たちから買っちゃってたしさー。

でも、強風のなか、私たちの車を遠くから見て、
わざわざ売りにきてるこの子たちになんとなく申し訳なくって、
結局買ってしまうNoと言えない日本人の私でした…

e0172085_14313270.jpg


この日この子たちから買った、親指サイズの人形。
ちょっと顔が怖い…
e0172085_14323170.jpg


まぁ、途中で羊の群れを率いる少年たちと遭遇したり、
なかなか普段では味わえない経験はしたんだけれどもさ。
e0172085_1431598.jpg


とにかく車酔いと疲れにやられた私たち。
早々にホテルへ退散して、少し寝て、
夜はまたメキシコ料理を食べて寝たのでした。
この夜のレストラン、かんじのいいおばちゃんでした。

e0172085_14325757.jpg

[PR]
by punkpink | 2009-11-09 14:43 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

チワワ鉄道でコッパーキャニオンを駆け巡る旅 5日目

さて、5日目。

滞在中のクリールという街はコッパーキャニオンを巡る人々にとって
拠点となるまち。
私たちもここに3日滞在して、ここから色々なところに行くことに。
まず、この日はこの旅で一番ハードな一日になるであろう、
滝を見るツアーです。

朝の9時にガイドさんが迎えに来て、出発します。
何がハードかというと、クリールから行きだけで車で3時間くらいかかるのね。
大人はいいとしてもめいは大丈夫か?と心配していましたが、
お菓子などでごまかしつつなんとか3時間。

後半2時間はすごい山道をぐるぐる回りながら進む。
三半規管の弱いオットオクンはもちろんのこと、
さすがの私もちょっと車酔い…

なぜか前日からこの日と次の日まで、クリール付近はものすごい強風。
ガイドさんいわく、こんな風はこの地域ではめったに吹かないのだとか。
うーむ、歓迎されていない…
チワワ鉄道最終地点のチワワ(クリールよりも標高が低い)では、
雪も降ったのだそう。
後半はお天気には恵まれませんでした。

しかし、そんなことは知るよしもなく、いざ滝へ!
車を降りて、一応舗装された山道をグングン下ります。
そして、Basaseachi Waterfallsに到着。

e0172085_15564516.jpg
e0172085_15571368.jpg


確かにすごい、が、すごい風であまり展望台にもいられず
とにかく、写真を撮って次の場所へ。
服装が前日とは打って変わっているのがご覧いただけるかと思います。

e0172085_15562132.jpg


実はこの滝ツアー、滝の長さ(上から滝壺に落ちるまで)
が世界一の滝がある、と聞いてとびついたのですが、
なんとその世界一の滝はこれではないそう。
これも250メートルくらいあり、充分長いのですが、
奥の方に400メートルの長さの滝があるらしい。
でも、そこにいくには5時間の山歩きで、1日キャンプを張って泊まりながら
でないと行けないそうなので、子連れはもとより
全く体力に自信のない私はあきらめました。
でもちょっと見てみたかったな…

しかーし、この滝からの帰り道がすごかった…
行きは下っていくだけだからいいのですが、
帰りはもちろん登り。
上りではなく、登り、です。
すごい急こう配で足が全然あがらない。
しかも標高の高いせいか、はたまた私の基礎体力のなさか、
2,3歩で息がきれる。

ぜーはー言いながら撮った写真。
e0172085_15573417.jpg


写真で見るとたいしたことないんだけどなぁー。
実際歩いてみるとすごいのよう。
スキー場の斜面を登っているかのような感覚でした…


めいを抱っこしたオットオクンががんばってガイドさんについていくのを
眺めながら途方にくれつつ、一歩一歩登ります。
だって、登らなきゃ帰れないんだもの…
e0172085_1556297.jpg


途中ガイドさんとオットオクンが止まっている。
待っててくれたのかと思いきや、なんと落石!
e0172085_15575971.jpg


もちろん、行きには何もなかった場所です。
しかもすっごい大きい石が落ちてるじゃありませんか。
展望台へ行ってからここまで戻ってくるのにたぶん10分足らず。
その間に落ちたのね、ドンピシャだったら死んでたね、確実に。
あぁ背筋が凍る…
予想したより、危険に満ちた旅となっております。

とにかくとにかく、急いでその場を通り抜け、ひやひや、もといぜーぜーしながら、
上へ向けてまた登ります。
怖いから急いで上まで行きたいんだけど、急げないのねー、
山道がきつすぎて…

やっと頂上につき、このあともうひとつのCusarare Waterfallを見に行きます。
車で15分くらいかな。

今度はそんなに急な坂道はなく、ハイキング気分でのんびり歩く。
着いたのは滝の流れ落ちる手前の付近。
滝壺を覗き込むと、落ちそうで足がすくみます。

しかし、やはり滝付近はものすごい強風。
人が落ちないようにガードマンもいます(笑)
そのガードマンに頼んで撮ってもらった写真。
滝は私たちの背後からまっさかさまに落ちていきます…

e0172085_155818100.jpg


本当は天気が良かったら、山の中の好きなところに
ガイドさんが用意したピクニックセットを設置して食べる、という
素敵なツアーだったのですが、この強風じゃそれどころじゃない。
しょうがないので車の中でピクニックセットをいただき、
帰途につきました。

帰り道もすごい山道ドライブでちょっとつらーい感じでしたが、
とりあえず全員無事にクリールへ到着。

あの落石につぶされなくて良かった…
[PR]
by punkpink | 2009-11-07 16:20 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

最新のコメント

hiyoriさま ..
by punkpink at 11:36
Junさま、 コメ..
by punkpink at 11:34
あささま、 大変今..
by punkpink at 11:31
こなつさま コメン..
by punkpink at 11:28
初めまして。"メキシコ ..
by Jun at 09:03
まりさま、 コメン..
by punkpink at 07:11
友達に今週末行こうといわ..
by あさ at 03:41
こんにちは、いきなりコメ..
by こなつ at 17:10
> ノーラ・コーリさん ..
by punkpink at 22:37
はじめまして、海外出産・..
by ノーラ・コーリ at 11:33

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧