カテゴリ:旅行 メキシコ国内( 54 )

チワワ鉄道でコッパーキャニオンを駆け巡る旅 4日目

4日目もまた移動日です。

Posada Baranccas から Creelという町へ。
しかしこの日は鉄道には乗らず車で絶景スポットを巡りながら
Creelまで移動します。

Posada Baranccas からCreelまでは車で約1時間半くらいですが、
そのあいだに数々の絶景スポットがあり、
そこにちょいちょい寄りながら、行きました。
本当にいいお天気で、山にきたぞーぅというかんじ。

e0172085_14465245.jpg
e0172085_14471768.jpg
e0172085_1447477.jpg


このへんにはRarauri族という先住民の人々が
今でも山の中で昔と変わらない暮らしを営んでおり、
がけっぷちからのぞくと、崖の途中にその人たちのおうちが見えたりします。
すごくカラフルな布で作った民族衣装が特徴的。

この人たちは、長距離を徒歩&ランニングで移動できることでも知られており、
昔は1日7時間くらい平気で走って移動してたんだとか。
そのなごりか、現在は絶景スポットで民芸品を売ったりして
生計をたてているらしいのですが、
自宅からそこまで毎日4時間くらいかけて歩いてやってくるそうな。
ちょっと歩いただけでゼーゼー言ってしまうへたれな私からすると
信じられない話です。

Raramuri族の人々が民芸品を売っている、の図。
子供も同じ民族衣装のスカートをはいていて、
かわいいのね、裸足ですけど。

e0172085_14481452.jpg


また、この絶景スポット付近には吊り橋や展望台になっているところがあり、
高所恐怖症の方には全くお勧めできないスポットになっています。
e0172085_14484646.jpg


この展望台は、突端の部分の足元が網状になっています。
下から吹く突風が怖い…
e0172085_1551488.jpg


いくつかこういう展望台があり、一つは強化ガラスで足元スケスケ。
よく東京タワーとか六本木ヒルズとかにある、あれね。
その上にたつと、お尻の穴がムズムズするかんじ。こわーい。
しかもガラスの片側の部分にはひびがはいっており
立ち入り禁止のロープが張ってある。
直しましょーよー、メキシコ!


そんな絶景スポットを巡りながら、ようやくクリールに到着。
ホテルに行く前にクリールの展望台で町を一見。

風が異様に強くて、恐怖におののく親子
e0172085_14491612.jpg


ここはやはりプエブロマヒコに指定されたかわいらしい街並みです。
前の2日間にほぼ人のいないところばかりを巡り、
ホテルもインターネットはおろかテレビもないところに泊まっていたので、
なんだか久しぶりに人気のあるところにきて一安心というかんじ。
文明に侵されてるなぁ、わたしたち…
e0172085_1450734.jpg


この街にも民芸品を売りにきています。
やっぱスカートが素敵。
e0172085_14495096.jpg


ミラドール・ホテルでテイクアウトにしてもらったランチを部屋で食べ、
そのまま昼寝に突入し、
クリールの町をプラプラと散歩し、この日は久しぶりにゆっくりしました。
[PR]
by punkpink | 2009-11-07 15:30 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

チワワ鉄道でコッパーキャニオンを駆け巡る旅 3日目

毎日一日ずつ更新しようと思ってましたが、なかなか時間がとれませんでした…
とりあえず、続き。忘れないうちに。

さて、3日目。

この日はBahuchivoからPosada Barrancasへの移動日でしたが、
列車の時刻がBahuchivo発1:00だったため、
午前中は馬に乗って山の中を散歩してみることに。

なんせ私は人生初の乗馬。
しかも何の指導もなしにめいを一緒に乗せて
いきなり山道を下ったり登ったりするもんだから大慌て。
最初の15分は落ちそうで、ギャーギャー言いながら乗っていました。
めいをオットオクンと乗せなかったことを後悔しましたが、
ふとみるとオットオクンは一人で乗っている。
(付き添いはおじさん一人なので、オットオクンは完全に独立乗馬でした)
馬と接触経験のない私は、コブ付きでも、おじさん付きのほうがましだったか…

そこであまりに私がギャーギャー言ってるので、
馬を引いてくれたおじさんがちょっとしたアドバイスをくれ、なんとか復活。
やっと周りの景色をみたりして、乗馬を楽しむ余裕ができました。

しっかし母がハラハラしてるというのに、
めいはずいぶん前のめりにぐらぐらしてる。
何だろうと思っていたら寝てるじゃありませんか!

e0172085_14474514.jpg


あんなに「お馬ちゃん乗るー!」と楽しみにしてたのに!
乗馬後5分で夢の中かい!

いつもは小心者のめいですが、このときばかりは
将来大物になるかもしれないと思わせられました…
馬のパッカパカという振動は子供には心地よかったのかなぁ…

さて、1時間ほど山の中を散歩して、
無事に元のロッジに到着。
特にやることもないので、ふもとの町Cerocahuiへ行ってから駅へ行くことに。
古く由緒ある街らしいですが、そんなに見処のある感じではなし。
適当に教会などを見て時間をつぶし、駅へ。

e0172085_1448575.jpg


さて、ここも時刻表では1時くらいに来ることになっているので
12時45分くらいには駅に着いていたのですが、まぁメキシコです。
もちろん来ない来ない。
そりゃーわかってたけどさ。
まさか3時まで待たされるとは思わなかったさ。

とりあえず待ちくたびれて
線路で遊び出すめい。
他にやることもないからねー。

e0172085_14482682.jpg



さて、やっと電車も来て、今日の目的地Posada Boranccasに移動。
e0172085_14562078.jpg


2時間待った割には乗車時間は1時間半。
昼食もとっていなかったので、ダイニングカーで食べてみることに。

「世界の車窓から」気分に浸りつつ、私はメキシコの典型的な料理ケサディーヤ、
オットオクンは北部の名物(同じ北だからモンテレイでも食べられますが)アラチェラステーキを堪能。


e0172085_14485736.jpg

列車の中で食べる、ということを加味しても美味しかったです。

ごはんを食べ終わったら、もう列車を降りる時間。
駅にはホテルの人が迎えにきてくれていて、
バスで本日の宿泊所、ホテル・ミラドールに向かいます。
名前がスペイン語で「展望台」なだけに、
ここはとにかくその絶景が売り物のホテル。
値段はちょっとだけ他のホテルより高いですが、
それを支払う価値あり。
なんせ断崖絶壁の上にホテルが建っており、
各部屋には断崖絶壁上のテラスがついているのです。

とりあえず、ウェルカムドリンクのマルガリータを楽しみます。
(めいにちょうだいとねだられ困るオットオクン)
e0172085_14493860.jpg


時間はもう5時前。
暗くならないうちに、ホテルから歩いていける絶景スポットまで。
Urique Canyonとはまた別の広がりのあるCopper Canyon
が眼下に広がります。
これでもか、これでもかと、どこへ行っても足がすくむほどの断崖絶壁。
一歩下がったら死へ一直線。
笑顔がひきつっています。

e0172085_14502185.jpg




地獄の淵を覗き込むオットオクン。
落ちないでね…

e0172085_1450506.jpg


断崖絶壁でなぜか踊るオットオクン…いろんな意味で崖っぷち…

e0172085_14513461.jpg


はたしてめいは楽しんでいるのか?
絶景よりも、切り株に座ったり、松ぼっくりを拾ったり、山歩きをすることに
はしゃいでるように見えましたが…
この凄さを理解しているのか、それは神のみぞ知るです。
e0172085_14522171.jpg



とにかくここPosada Barancasの見どころは絶景絶景絶景です。
自分の部屋のテラスからも絶景が見れるし。
ごはんも普通に美味しかったけど。

信じられないほどの壮大な自然の中で、
静かに眠りにつきました…
[PR]
by punkpink | 2009-11-06 15:11 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

チワワ鉄道でコッパーキャニオンを駆け巡る旅 2日目

2日目はいよいよチワワ鉄道に乗車!

時刻表では、エル・フエルテ発8:00となっているのですが、
大体いつも9時くらいに来るとか。
メキシコですなぁ。
でも一応8:15には駅に行くことに。

そしてとうとう列車が到着。
予想通り9時過ぎくらいでした。

e0172085_15193981.jpg


列車自体はとてもきれいで、新幹線よりも座席は広いくらい。
ダイニング・カーとバー・カーがついていて、
「世界の車窓から」を思い起こさせます。
最初の2時間くらいはなんでもない田舎道を走るだけですが、
11時過ぎくらいから山の中へ突入。
いやはや、よくぞこんなところに列車を通したものだというような
すごい渓谷沿いに列車はひた走ります。

e0172085_15203332.jpg
e0172085_15205778.jpg


チワワ鉄道は、構想から完成まで何度も挫折をして
何十年も経って、やっと完成したと何かで読みましたが、それも納得。
工事中には死者が何人も出たとか。
ご冥福をお祈りいたします。

とにかく、すごいぞーという景色の中をひた走る列車。
列車と列車の連結部分は間は窓ガラスがなく、外を直接見れるような作りになっています。
せっかくの景色を撮ろうと出てみましたが、
常にだれかに先を越されていてなかなか直接は見れません。
でも、谷側でなく山側ならなんとか…
とにかく、ずっとそこから景色をながめていても退屈しない、
そんな風景がずーっと続きます。

しかしそこは2歳児のめい、退屈し始めたので、
バー・カーに移動してレモネードとダイエットコークを楽しむ親子。
e0172085_1520586.jpg


また席にもどったり、連結部分で外をみたりしていると、
あっという間の5時間。
めいは後半ちょっと寝ましたが、終始ご機嫌でした。

本日の目的地バウチボ(Bahuichivo)に到着。
駅には本日の宿泊施設Isidro Lodgeのマリオさんが迎えにきてくれていました。

舗装されていない砂利道をひた走り、イシドロロッジに車で40分で到着。
山の開けたところにロッジがいくつか建っていて、
馬がいたりしてなかなかカントリーな雰囲気のあるところ。
腹ペコだったので、早速昼食をいただきました。
スープとサラダとパンの簡素な食事でしたが、
普段メキシコの家庭料理には縁のない私たちは、むさぼるように食べました。
素朴でとても美味しかった。

昼食後はコッパーキャニオンの手前のUrique Canyonにドライブすることに。
展望台に行って、またまたここも信じられない絶景の数々。
やまびこができるので、私とめいはヤッホーと叫んでみました。

e0172085_15213042.jpg


しかーし、それだけではなかった。

これから山道を下ってUriqueという街に行ってみるというところで、
マリオさんから「上にあがってみる?」との質問が。

上??

何かと思ったら、4WDの車の上に座席が2つ取り付けてあるんですね。
そこに乗ってみるか?と。
あり得ない!と初めは断ったのですが、
ハイリスク好きなオットオクンが乗ってみることに。
その顔があまりにも輝いていたので、
e0172085_1522115.jpg


ちょっと好奇心をそそられて、
私とめいもあがっちゃいました。ちなみにめいはオットオクンに抱っこされているだけ。
e0172085_15222984.jpg



ただでさえ舗装されていない山道。
車はガツンガツン揺れるし、すぐ足元は岩がゴリゴリのがけっぷち。
そんなところを車の屋根に乗っておりていこうというのだから、
しかも2歳児を連れて。
ちょっとさびかかっているシートベルトはあったものの。
私たち夫婦の無謀っぷりもなかなか見事なものです。

e0172085_15225616.jpg


実際最初はすっごく怖くって、そのへんの遊園地のアトラクションよりも
よっぽどスリルがありました。
なんせほんとに命かかってるからね、しかも保証なし。
もしここで事故が起きたら、保険会社は絶対払ってくれないだろーなーと思いながらも
そのスリルをかなり満喫。
実は、めっちゃくちゃ楽しかったです。

実家の両親たちが読んだら怒るだろーなー…
めいのために…

めいはまだその恐ろしさを理解していないようで、
やっほーとか言ってましたが(笑)

20分くらい乗ったところで、Uriqueに到着。
さすがに街中を車の屋根は恥ずかしいので、普通の座席に戻りました。

正直何も見るところのないちょっとさびれた街でしたが、
のんびり散歩してまたすぐに戻ることに。

この運転手のマリオさん、このあたりの出身の先住民の方で、
すごく親切で山道を歩いている先住民の人がいると乗っけてあげたりしてました。
(車で1時間くらいかかる山道を
歩いて降りて街に行こうとしている人がいるってだけでカルチャーショック、でしたが)

帰りも3人男の人を乗っけてあげたのですが、
車内には私たちがいるため、なんとさっきの車上に!
しかも3人!
座席は2つしかないのに!
手にはハンバーガー持ってるし!
一体どういうことなんだ、あの恐怖を座席なしで
ハンバーガー片手に普通に乗っていこうとは…
うーむ、感覚が違うとしかいいようがありません。

幸いにも、その方たちも無事に自分の家の近くで降り、
私たちもロッジに到着し、夕食を食べ、無事に眠りにつきました。

ちなみにここのきのこポタージュは本当に美味しかった。
ここのが美味しかったので、この旅中に何度も同じものを頼みましたが、
やっぱりここを超えるところはなかったなぁ。
作り方を調べてみようっと。

ロッジと食事をする場所の間にはたき火がたかれ、
マリオさんはギターを弾き、低い声で歌ってくれる。
なんか、ほんとに違う世界にきたみたいだなぁ。
星が信じられないくらいいっぱいで、
いろんな意味で山を満喫した一日でした。

e0172085_15231924.jpg



死ななくて良かった…
[PR]
by punkpink | 2009-11-03 16:04 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

チワワ鉄道でコッパーキャニオンを駆け巡る旅 1日目

10月の25日から31日まで、旅に出ていました。

私とめいにとっては、初のメキシコ国内旅行。
メキシコチワワ州のロスモチスという海岸沿いの町から
内陸部のチワワという町まで通っている、メキシコ唯一の長い鉄道・チワワ鉄道
(本当はChepeTrenと呼ばれています)に乗って、
あのグランドキャニオンの4倍の大きさと言われている
コッパーキャニオンという渓谷群を巡ってきました。

がんばって1日ずつ旅行の様子をお届けしてみようと思います。

まずは、第一日目。

モンテレイの家を朝の7時半に出発。
くしくもモンテレイではナイキの主催する市民参加の10キロマラソンが行われていて、
街中は小雨が降っているというのに、赤いTシャツの人でいっぱい。

モンテレイ-ロスモチス間は直通便がないので、
途中乗り換えをしてロスモチス空港に1時くらいに到着。
迎えにきているはずのドライバーがいないなどのトラブルがありましたが、
なんとか私たちのチワワ鉄道出発地点の隣町、エル・フエルテという街のホテルに到着。
ホテルはメキシコ風のなかなか素敵なところ。

e0172085_733144.jpg

e0172085_7352056.jpg


午後は特に予定はなかったので、
この旅の全工程を企画してくれた旅行会社に寄って、
お世話になったヨランダさんに挨拶をすると共に
ボートで川下りでもしてみようということになりました。

まぁなーんか、のんびり。
牛が川で水浴びなんかしちゃってて、
日光・鬼怒川の川下りを思い起こさせます。
めいもちゃっかりライフジャケットなんか着こんじゃって
川を楽しむ。

e0172085_7333874.jpg
e0172085_734569.jpg


船頭をしてくれたおじさんは、川沿いに見えるほとんどに人に挨拶。
川に着くまでも車とすれ違うほとんどの人とあいさつを交わす。
小さな町とはいえ、どんだけ知り合いいるんだ??
でも、川下りの最中に「あ、あそこの鳥は**だよ!」
と教えてくれたり、なかなかサービス精神の旺盛な素敵なおじさんでした。


終点から歩いてホテルまで帰りました。
この街もプエブロマヒコに指定されていて、
なんだかかわいらしい街並み。

e0172085_7425175.jpg


夜はヨランダさんに、彼女の息子さんが招待されているという
ハロウィンパーティーにぜひ一緒にいらっしゃいと言われていたのですが、
ちょっと疲れてたので、ホテルで夕食をとって寝ることに。

このホテルのレストランで食事をしたのですが、
さすがに海が近いということもあって、
シーフードの美味しさに感動。

モンテレイは内陸のせいもあってか、スーパーなどで売っているシーフード類は
なんだか臭くておいしくなくって
田舎で美味しい魚を食べて育った私はいつもがっかりしてるのですが、
ここのシーフードは本当に美味しかった!

頼んだのは、エビとロブスターの間くらいの大きさのランゴスタのグリルと
e0172085_7354780.jpg


なんとブラックバスのソテー。
e0172085_73697.jpg


ブラックバスなんて、日本でもアメリカでもスポーツフィッシング用の魚で
臭くて食べれたもんじゃないと思っていたのに、
その意外な美味しさにびっくり!
もちろんランゴスタもめっちゃ美味い!
めいは料理の付け合わせのライスとトルティーヤチップスを黙々と食べる。
食べ終わってひまそうにしていためいに、アイスクリームをサービスしてくれました。

やるなぁ、エル・フエルテ。
海が近いっていいね、とつくづく実感した私たちでした。

あ、これは次の日の朝食べた、朝ごはんのチキン・チラキレス。
美味しかったけど、朝からこってり。
あぁメキシコ…
e0172085_7363360.jpg

[PR]
by punkpink | 2009-11-03 07:51 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

最新のコメント

hiyoriさま ..
by punkpink at 11:36
Junさま、 コメ..
by punkpink at 11:34
あささま、 大変今..
by punkpink at 11:31
こなつさま コメン..
by punkpink at 11:28
初めまして。"メキシコ ..
by Jun at 09:03
まりさま、 コメン..
by punkpink at 07:11
友達に今週末行こうといわ..
by あさ at 03:41
こんにちは、いきなりコメ..
by こなつ at 17:10
> ノーラ・コーリさん ..
by punkpink at 22:37
はじめまして、海外出産・..
by ノーラ・コーリ at 11:33

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧