<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ひきこもり中…

めいがおたふくになって早2週間。
顎の下しか腫れていなくて、結局熱も出ずに超元気。
でも、一応腫れがひくまで幼稚園も休みだし、
お友達とも遊ぶことができないので、
最近はもっぱら2人ぼっちでダラダラとした生活を満喫しています。

ここのところめいのブームはお医者さんごっこに、
どろんこ遊び、ママのお手伝い(してるつもり)にブロック遊び。

お医者さんごっこは、おたふくのときにドクターに行ったのが
印象的だったのでしょう、ママの洋服をたくしあげて、
「お腹見せてくださいねー」と言われるので、
ちと困る…

赤ちゃんが具合が悪くなったそうで、診察するめい。
寝起きでパジャマ&髪もじゃもじゃです…
e0172085_14514036.jpg


最近は、料理をしていても、洗濯物を畳んでいても、
「めいもやる!」と言うので、とりあえず野菜の切れ端を切らせてみたり、
洗濯物もたたませてみたりしてます。
あとでたたみ直すので2度手間ですが、
いつか本当にお手伝いしてくれる日が来るといいなあなんて、
甘い期待を抱きつつ…

寝起きの髪もじゃもじゃで洗濯物たたみを手伝ってくれるめい。
後ろの子供部屋がごちゃごちゃなのは見逃してください…
e0172085_14502915.jpg


たたみ終わると(たたまれてませんが)、よっこいしょと元の洗濯ものの山に乗せて、
e0172085_1450508.jpg

とりあえずご満悦のめい。
e0172085_14511196.jpg


今日は、もうずいぶん時間(2週間)もたったので、
ドクターのところに再度診察に行って、
Okが出たら明日から幼稚園復帰させようかなと思っていたら、
予約の電話で「ドクターは旅行中で水曜日まで帰ってきません」
とのこと。がビーン。
まぁあと2日ぐらい様子を見るか。
幼稚園の先生からは電話がかかってきて、
「もういいんじゃない?連れてきたら?」
とのお言葉が…いいんですか?先生…

ところで、おたふくですが、ネットで色々調べてみると、
「大体9日くらいで感染力がなくなる」という記述があったので、
週末は仲良し家族のピニャータに行ってきました。
一応、他の友達とコップとか同じものを使わないように
気を使いつつ…

そんなことするくらいなら行かなければいいんだけど、
なんせ仲良しだし、せっかくプレゼントも買ったわけだから…、
それにみんな予防接種してるって言ってるし…
と言い訳ばかりしながら。

またここが素敵な会場でした。
会員制のクラブで、中にはレストランとかプールとか子供の遊び場とか。
ピニャータはガーデンの一角を会場にして行われてました。
ほんと、この街どんだけみんなお金持ちなんですか…
もう慣れてきたけど。つうか慣れてきた自分がちょっと怖い…

とにかく広いプレイゾーン。
e0172085_14521611.jpg

かなり気にいった様子のいるかのブランコ。
e0172085_14523811.jpg


本日の主役、の家族。
e0172085_1542062.jpg


なんかピエロがよばれてて、司会進行から、
子供を楽しませるトークとゲームまでがんばってたのですが、
小心者のめいは「こわーい」と言って
参加しませんでした…
最後に風船だけはちゃっかりもらいにいってましたけど。
物欲が恐怖心に勝ったのか…?

もちろんピニャータも参加しますよ、えぇ。
e0172085_1453416.jpg


それにしても、この人形を棒でたたく、という行為に、
やはり違和感と言うか残酷性を感じてしまう私。
まだまだメキシコ人にはなれないようです。
かわいそうなティンカーベルとピーターパン。
メキシコには肖像権という言葉は存在しません。


ティンカーべルでデコレーションされたケーキ、かわいかったなぁ。
e0172085_14533553.jpg

とりあえずくつろぐ親子…おつかれさん。
e0172085_14535974.jpg


他に仲良しの家族もきていて、久々のおしゃべりを楽しんだり、
素敵な時間でした。
やっぱり人と接するっていうのはいいなぁと実感するひきこもり中の母でした。


ちなみに今日は1年ぶりに1本で髪の毛を結わってみました。
なんだかちょっとお姉さん風?
e0172085_14555656.jpg


でも変顔してくれるめい。そういうキャラでがんばろう。
e0172085_14561865.jpg



明日は「うちは予防接種してるから大丈夫!」という
勇気あるお友達が遊びに来てくれます。
うれしーわー。

こちらに来たころも、同じアパートの友達や、いつも公園で会える友達がいたから、
誰とも遊ばない2週間というのは初めてでした。
結構しんどかったなぁ。
でも最近このダラダラペースに慣れてしまって、
社会に復帰できるのか不安が…
私の学校も休んでしまってるし、その間にテストもあったし、
どうなるのか…?

とりあえずあと2日、のんびりしようと思います。
[PR]
by punkpink | 2010-04-27 15:19 | めい/メキシコでの育児 | Comments(4)

めい よもやま話 パート2

ちゃっかり編

おたふくなのに、全く熱も出ず、元気100倍のめい。
幼稚園に行けないからと目覚ましもかけずにいたので、
今朝2人で起きたのは9時でした…ダメ母の私。

朝起きたのが遅かったので、いつもの昼寝時間にもねむくなる気配なし。
しょうがないので誰もいない公園で3時半から5時半まで遊ぶ。
ほんとに病気なのか?

それで帰り際歩いて行けるセブンイレブンに寄ることに。

私。
「今からセブンイレブン寄って帰ろうねぇー、ママのコカライトがないから」

すると、めい。
「セブンイレブン行こうか。
めいのパレッタ(棒付きキャンディーのこと)がないから。
あと、めいのショコラテ(チョコレートのこと)がないから」

ちゃっかりしてるー!!

一応まだ2歳なので、あんまりアメとかチョコとかそんなにあげないようにしてます。
だから、基本、家には(見えるとこには)置いてない。
でも、コンビニとかに一緒に行くと「買って買って!」と言うので
ついめんどくさくて買ってあげちゃうこともある。
そういうのを覚えてて、コンビニ行ったらアメとかチョコとか
買ってもらえると思ってんのねー、
ほんとちゃっかり…

でも、私の言うこと、ほんとにわかってんだなぁ、
しかも私の口真似までして、
自分で応用して使っちゃうんだなぁ…
あなどれない…と思ったひととき。


不思議編

今日の夕食時。
オットオクンは帰ってきてなかったので、2人でビビンバご飯。
めいが食べるのに飽きてきたころ。

めい。
「(私を指さして)ねーねー、これはママでしょ?」
「(自分を指さして)これはめいでしょ?」

「(空中の何もないある一点を指さして)あれは誰??

えー!!!???
こっちが聞きたいんですけど??
誰がいるんですか?

今までにもこんなことが何回かあったんだけど、
大抵1回聞いて終わりだったのに、今回は

「あれは誰??」 と何回も聞く…

しょうがないので、
「え?誰かいるの?あそこに?」と聞くと

「うん、いるでしょ?あれは誰?」とまたまた聞いてくる。

「どんな人がいるの?」

「ピッピの人!」

めい用語でピッピというのは鳥、または翼をもって空を飛んでいるものを指します。

「ピッピの人?」

「うん、ピッピの人」

ふと思い当って、ガラスケースに入っている、友達の洗礼のお祝いにもらった
天使のカードを指して、

「ピッピの人ってこういう人ー?」

「そーう、これー。ピッピの人ー。」

ふむー、なんとも…
幽霊なのか、守護天使なのか、それともご先祖さまなのか…

とりあえず、守護天使がめいについている、と思っておくことにします。
今更引っ越しはしたくないんで(笑)

それにしても、子供には不思議なものが見えたりしてるもんですな。
「こどもは3歳までは神様と同じだから」
とは、私の友人談ですが、そうなるとやっぱりめいも神様か??
それにしてはずいぶん要求の多い神様ですが…(笑)

私も自分自身、ずいぶん運がいいなぁと思うことがありますが、
(財布を何度失くしても必ず無事に帰ってくるとか、
私のぬけてるところをカバーするように、いろいろ助けてもらうばっかりです…)
めいも階段から落ちてなんともなかったとか、
おたふくだけど熱出ないとか、
単に運がいいのかと思ってたけど、
これも誰かが守ってくれてるおかげだったのかしら?
もしそうなら、ありがとーございまーす!ははは。
それとも気の持ちようかしら??
ま、どちらにしてもいいことだわ。
ぬけてる母のカバー、これからもよろしくお願いします…(無責任にもほどがある)

なんだか子供の不思議を感じて、ほんわりした気持ちになりました。
あ、ちなみに私もオットオクンも、霊感とかそういうのは露ほどもございません。




昨日近所で行われたパレードに出てた移動遊園地にて。
颯爽と車の動くやつに乗り込み、
e0172085_14563018.jpg

風に吹かれ、黄昏るも、
e0172085_14565167.jpg


このあと「車動くよー、これはパパとママ乗れないからね」と言ったら、
即座に「降りる!」と言って、降りてしまった、
臆病もののめいでした。
お金払ったのに…いいけど…


そして、大人も一緒に乗れる、ゆっくりの列車に2度目の乗車をしたのでした…
e0172085_14571690.jpg

[PR]
by punkpink | 2010-04-20 15:17 | めい/メキシコでの育児 | Comments(6)

大破

とはまさにこのことを言うのではないでしょうか。

e0172085_143189.jpg
e0172085_14313793.jpg
e0172085_1432014.jpg


オットオクンが今朝通勤途中に事故りました。
日ごろから、スピードの出しすぎや煽り運転など、
事故の要素は数え切れないほどある彼。
ただ、今回はちょっと違ったようです。

場所は高速道路の料金所を出て少し走ったとこの、大きくカーブする高架の上。
実は、オットオクンの車の前輪のタイヤが、前々日の帰宅途中にパンクしたのね。
それで、とりあえずその場はスペアを付けて、
昨日タイヤ屋さんで交換してもらったんだけど、
そのときにぴったり、というのがなかったので、
まぁだいたいこれでOKくらいのタイヤをつけたらしい。
ただ、前輪駆動の車の前輪では危ないから、
わざわざ後輪の古いタイヤを前に付け替えて、
新しいタイヤは後ろにつけたそうな。

で、やっぱり危ないかもと思っていたオットオクン。
めずらしく今朝はスピードを出さずに
(といっても80kmくらい。いつもは100kmくらいは出してたところらしい)
前に2台いた車も抜かさずに(これは非常にめずらしいことです)
そのカーブを曲がろうとした。
前の2台は同じスピードで曲がっていくのに、
なぜかオットオクンの車のハンドルは完全に空回り。
たぶんタイヤロックされたのでしょう。

くるくると回るハンドルを前になす術もなく、
そのまま右のガードレールにぶつかり、
左のカードレールにぶつかり、
3回転のスピンをして、もう一度ぶつかり、
やっと止まったそうな。

昨日の夜は結構な雨が降っていて、地面が濡れていたこと、
そしてそのタイヤの件、が重なったんでしょうね。
それにしても、高架の上って…
落ちてたら完全にアウトでした。
背筋が寒くなります。

茫然と車から出られないでいるオットオクンに、
後続の車が止まってくれ、「煙が出てるから、早く車から出た方がいい」
とオットオクンを出してくれたそうです。
メキシコ人ってやっぱり親切。

しかし、ここから信じられないことが2つ。

1つ目は、オットオクンが怪我も痛いところもないからと言って、
病院に行かずにそのまま出社したこと。
2時と5時に打ち合わせが入っているから、という理由で。

信じられなーい!
打ち合わせなんてしても、死んじゃったらどうにもなんないのに!!!

2つ目は、保険会社を呼んで、事故の処理をすませたオットオクンに警察が
「メディカルチェックにつれていくから車に乗れ」と言ってきた。
オットオクンの会社から応援?に来てくれていたメキシコ人の同僚が、
これは怪しいと判断して、
「彼はスペイン語が話せないから(本当は話せるけど)、
もし行くなら通訳の人の車で一緒に行くけどいいか?」
と聞いたら、ごそごそどこかに電話して、
「じゃあもういい」と言う。???

その地元のメキシコ人によると、たぶん警察がどこかに連れていって、
賄賂を払うまで帰さない、ということをしようとしていたのだろうとのこと。

えぇー!
事故を起こしてショックを受けてる人をどっかに連れていって、
賄賂を払わせようとするなんて!
メキシコの警察は本当にダメ、と聞いていたけど、
あまりにも、あんまりです。
でも、ちゃんと教えてくれる人がいて良かったね…

結局、夜の8時半くらいに(事故を起こしたのは朝の8時くらいです)、
今、帰っている途中、と電話をかけてきて
「病院は明日行く」と言っていたオットオクンに、
私が電話で半ギレすると、しぶしぶ会社の帰りに病院へ行ってきました。

結果は…

全く何でもないらしい。

普通なら、あの首のギブスみたいなやつ?
とかするくらいの衝撃があったはずなんだけど、
レントゲンにもそういう兆候は全く映っていなかったらしい。
そんなことってあるんでしょうか?
それにしても、事故後に病院行かないなんて、信じられない。
帰ってから、きつーくまた事故した時は(次回なんてない方がいいけど)
必ず病院に行くように言い聞かせました。

まぁ車は廃車ですが、とりあえずなんともなくて良かった…
でも、心配する私を尻目に
「いやー、すごかったんだよ!まじで!」と言って
興奮して事故の話をするオットオクン…
しかも、
「一番くやしいのはあの程度のカーブを曲がり切れなかったこと!
普段なら絶対曲がれるのに!タイヤのせいだよ!あれは!」
ですって。この人、全然反省してない…
誰か喝を入れてやってくれませんか?

周りが誰もなってないのにおたふくかぜになって、
なのに熱も出さずに超元気なめい。
あれだけ車が大破する事故を起こしておきながら、
なんともなくけろっとしてるオットオクン。
親子して運がいいんだか悪いんだかわかりません。

まぁでも、怪我しなかったんだから運が良かったんだろうな。
それとも、天国のおじいちゃんおばあちゃんが助けてくれたのかな。
日本に帰ったら墓参りに行かなければ…

オットオクンの会社のみなさまにも、ご迷惑・ご心配おかけしました、
申し訳ないです、これからもよろしく面倒見てやってください。


それにしたって、本当に、本当に、
心配して損した!
[PR]
by punkpink | 2010-04-17 14:45 | オットオクン | Comments(3)

行く人、来る人、おたふくの人

最近、日本では新しい年度になったからか、
モンテレイを去る人や新しくモンテレイに来る人にお会いする機会が結構あります。
そんな中で、たまーに
「ブログ見てました」
なんて言われることがあって、びっくり。
知ってる人しか見てないと思ってたけど、
それとは別に見ていてくれる人がいるのねぇ。
ありがとうございます。
更新も週に1回が目標(あくまでも目標)のゆるーいブログですが、
これからも細々と続けて行きたい所存でございます…


さて、長かったセマナサンタ、つまり2週間の春休みが終わったと思ったら、
めいがおたふくかぜになってしまいました。
せっかく始まった幼稚園もまた1週間お休み…
しかし、当の本人はめちゃくちゃ元気です。
今日も昼寝後から庭で遊び、そのあともお掃除にきてくれたパティと遊び、
心配して早めに帰ってきたオットオクンと遊び…
熱も出さずにスヤスヤ寝ております。
本当に病気なのか??

念のため、両家の母に私たち夫婦のおたふく歴を確認したところ、
うちの母から
「あなたも軽かったわ」
とのメールが。
そういう体質も遺伝するのでしょうか??

そして、熱も出ずに元気なめいを心配する私を横目に、
「俺が38.9度熱出した時はあんまり心配されなかったのに…」
とつぶやくオットオクン。
えーと、大人?ですよね?
そんなとこで娘と張り合ってどうする?(笑)

せっかくなので(何が笑)モンテレイの小児科医療事情を少し。

こちらでは、あらかじめ小児科の先生を自分で選びます。
選び方は人それぞれだけど、人に「いい先生だよ」って紹介してもらったり、
救急でかかったお医者さんが良ければその人にしたり。

めいの場合は、前に住んでたアパートから歩いて3分のところに病院があって、
そこの先生も悪くない、と聞いたので行ったところ、非常に感じのよい先生で、
その人に決めました。
なんせ、急に具合が悪くなってもすぐ行けるってのが助かりました。
今は車で7,8分くらいになっちゃったけど、
どこも病院はそのぐらいが普通だもんねぇ。
あと、英語がしゃべれる先生だった、これは大きい。
ってそろそろスペイン語しゃべれば?ってかんじですが…

で、かかりつけの先生を決めたら、
普段の診察や予防接種の時にそこに行くのはもちろんですが、
こちらの先生は救急の時にでも必要があれば来てくれます。
つまり、救急は大きい病院とかの窓口に普通にかかるんだけど、
救急の先生が必要だと判断したら、
その病院にかかりつけの先生を呼んでくれるのね。
呼ぶ必要がなくても、とりあえず先生の名前と病院と連絡先を聞かれます。
たぶん、必要があれば既往歴やアレルギーの有無などを確認するのでしょう。
基本的に自分の病院でしか診ない日本とはちょっと違うところかなぁと思います。

もうひとつこちらで便利だなぁと思うのは、
かかりつけの先生が携帯の番号を教えてくれて、
いつでもかけていいよと言ってくれること。
(確認したことはありませんが、たぶん他の先生も同じだと思われます)

例えば、夜中に熱が出て、救急へかかろうか迷ってしまう場合とかに、
先生に直接電話して指示を仰げるわけです。
そうすると、
「熱があっても水分がとれて眠ることができてればそのまま様子をみなさい」とか、
「眠れないくらい苦しそうなら、今すぐ救急に行きなさい」とか、
言ってくれるわけです。

これはほんとに心強い。
こうやって考えると至極当たり前のアドバイスではあるんだけど、
なんせ、子供が苦しそうにしてると、親もパニックだから、
言ってもらえれば、すごく安心して行動にうつせる。
安易に救急にかからなくてもいいし。

日本でも小児科の救急がコンビニのように安易に使われてる、
なんて問題がありましたが、
やっぱり親は不安だからね、「一応診てもらおう」って思っちゃうわけで、
そんなとき、自分のかかりつけの先生から指示をもらえれば、
安心して様子を見たりできるだろうなぁ。

まぁ、夜中に電話がかかってきて、出なきゃならない先生も大変ですが、
夜間救急が立ちいかなくなるくらいドクターが足りないなら、
救急以外の先生がそのくらいの負担をしても
バランス的には良いのかなぁなんて思ってしまいます。

そんなモンテレイの医療事情ですが、
もちろんこれは「お金を払える人」の場合です。
なんせ世界で貧富の差が激しい国第2位のメキシコですから、
お金があれば医療もきちんと受けられますが、
実際は受けられない人の方が多いのではないかと思います。
基本的に国民皆保険じゃないからね。
個人で保険に入っている人以外は、全額負担っていう
アメリカの医療事情と同じなわけです(たぶん)。
そう考えると、多少待ち時間はあっても、
国民全員が少額で医療を受けられる日本は
やっぱり恵まれている国だなぁと思います。

と、まぁ、そんなかんじかな。


最後に最近のめいの写真を。


今週末に日本に帰られるご家族の送別会兼ボーリング大会にて。
めい、人生初のボーリングでした。
なぜかバレエみたいなポーズ。
e0172085_13485142.jpg


踏切線、思いっきりはみ出てますけど?
e0172085_13491533.jpg


正直、小さい子供を連れてのボーリングは、
ちょろちょろと縦横無尽に走り回る子供たちを制止するのに忙しくって、
スコアどころではありませんでした。
ま、何事も経験、よしとしよう。


ある日公園にて仲良しのお友達と…2人とも誰だかわかりませんが(笑)
e0172085_13523671.jpg


おたふくの記念に(笑)。普段は小顔と言われるめいですが、おたふく顔になってるかな?
e0172085_13531371.jpg


得意顔でどら焼きをほおばるめい。
なぜかものすごい食欲があります。
ドクターに行く前におにぎり食べて、帰ってきてからどら焼き食べて、
そのあと小腹減った私が食べてたラーメンを横取りし、
最後に牛乳まで飲んでました…
普通はのどが腫れたら食欲って落ちるんじゃないの?
e0172085_13533351.jpg


どろんこ遊びに夢中なおたふく。
e0172085_13544598.jpg

母渾身の力作たち。
e0172085_13551577.jpg


うさぎを作ったのに、「これなーんだ!?」って言ったら
「カピバラ!」って言われました(涙)
たしかにカピバラっぽいけど。
っていうか、ちょっとマニアックすぎないか?
そのあと「conejo(うさぎのこと)かわいいね!」って言いながら遊んでくれました。
ナイスフォローありがとう…子供ってやさしいな…
e0172085_146346.jpg


でも、うさぎにおにぎり背負わせてます、か、かわいそうじゃない?
e0172085_13555055.jpg



そんなわけで、まだまだ春休みが続く私たち。
めいがこのまま熱も出なくて元気なら、
また誰もいない公園にでも遊びに行くか…

最近モンテレイは、この季節にしてはめずらしく雨が続いています。
明日は晴れるといいな。
[PR]
by punkpink | 2010-04-16 14:26 | メキシコ生活(モンテレイ編) | Comments(2)

セマナサンタ サンアントニオ編

セマナサンタの3連休、サンアントニオに2泊3日で行ってきました。

その目的は;

1.めいにイルカを見せる。
2.飲茶を食べる。

それだけ。

前日に図らずとも徹夜をしてしまった私。
朝の5時半に家を出た後は、めいが起きる2時間後まで爆睡zzz...
5時間半くらいの行程でしたが、国境付近なので、一応起きてみる。
普段はめいがベビーシートで、私は助手席に乗っているのですが、
心地よい眠りを得るため、後部座席のめいの隣に座ってました。
ちなみに我が家の車は、後部にスモークがかかっているので、
外から車の後部座席部分はほとんど見えません。

国境の目の前、というところで、なにやらマシンガンとヘルメットに軍服、という
軍隊の人たちに車を停められる、というハプニング。
私たちの車の脇を何台も他の車が通過していくなか、
オットオクンはパスポートの提示を求められ
家族全員分を差し出したら、「お前のだけ(オットオクンのこと)でいい」と言われる始末。
トランクを開けられ、荷物の中を調べられ…

今まで軍隊の検問は何度も通ったことがあったけど、
停められたのは初めて。
私が予想するに、たぶんオットオクン一人で乗車していると思われ、
その人相の怪しさにチェックされたのでしょう(笑)
だって、私が助手席に乗ってたときはそんなこと一度もなかったもん!

確かに、坊主に黒いTシャツでジャージのズボンで、
(長時間運転の場合は、リラックスできるようにそうしてるようです)
一人で金色のバンを運転していたオットオクン、
今流行りの(笑)マフィアの仲間と疑われたのでしょうか(笑)
普通ねー、日本人っていうか、アジア人って停められないよねぇ。
しかも後ろには2歳児がベビーシートに座ってるのにさぁ。

眠気もふっとび、かなり大受けしながら、国境を無事に通過したのでした(笑)
これからは眠くてもちゃんと助手席に乗っていてあげようと心に決めました。
ま、マフィアに停められたりしたんじゃなくてよかったわ。

そんなハプニングもありましたが、5時間半くらいで無事に到着。
最初の目的地は、もちろん飲茶!
Golden Wokというお店に行きました。

あぁ久しぶりの飲茶の数々…

e0172085_14304417.jpg


飲茶ってたまーに食べたくなるんだよねぇ。
ボストンのチャイナタウンや横浜のチャイナタウンでも食べたなぁー。
こればっかりはモンテレイでは食べられません。

えびまんじゅう?やシュウマイ、餃子にごま団子まで満喫!
e0172085_1431199.jpg


他の料理も頼んだけど、やっぱり飲茶が一番美味しかったな。
満足満足、でした。

その日はそのままアウトレットでめいと私の夏服やこまごまとしたものを買い、
(オットオクンは欲しいものがない、といって何も買わず…ほんとにいいのか?)
夜は鯉川という日本食レストランでお寿司を食べる食べる。

お寿司もかなり美味しかったのですが、
ここで久しぶりに食べた銀ダラの塩焼きが最高に美味しかった!
しかし、めいに食べさせたら、その美味しさに気づいてしまったのか、
ほぼめいにとられてしまいました…
トホホ、私のビールのつまみだったのに…
まぁ、いっぱいご飯も食べてたからいいとしよう。

次の日は、いよいよシーワールドへ。

とりあえず、イルカさんこんにちは。
魚をあげる列に並んで、あげてみました。
e0172085_143144100.jpg


めいとイルカの遭遇!
e0172085_14321125.jpg


水族館のような建物にサメが泳いでいたのですが、
あまりの恐ろしい形相に思わずシャッターをきるオットオクン。
かなり怖い。実物はもっと怖い。
e0172085_14323742.jpg


ペンギン館の前にいた着ぐるみ、せっかくだからと写真を撮ってもらったのに、
いざ近くへ行くとめいが泣いて怖がる。
でも、せっかくなので撮ってもらう。めいの表情にご注目ください(笑)
e0172085_1433398.jpg


ガラス越しならね、何だって怖くないのよね。
e0172085_14333187.jpg


ショーの間に余った時間があったので、「4D」とうたったショートムービーを見てみた。
4D用のサングラスをかけためい。
なんだか根暗な人みたいになってます。
e0172085_14335465.jpg

ちなみに、目の前で立体で出てくるクモや蝙蝠にギャン泣きし、
最後にはサングラスを外してママの胸に顔をうずめて時間をやり過ごすめい…
やはり楽しめなかったか…入る必要なかったな…

めいが一番気に行ったシャチのショウ。
e0172085_14343562.jpg

早い時間に会場に入ったので、あえて「Splash zone」という
めっちゃ濡れますよ!という席に陣取ってみる。
めいにも「お水ジャバーくるからね、ビチャになるよ!」
と予告はしておいたのですが、
案の定水がかかった後、大泣き。
しかし、みんなが楽しんでいるのをみて、
最後は水をかけられてもキャッキャッ言ってました。

相当楽しかったのか、車のバギーみたいのを借りてたのですが、
出口に向かう途中で、突然バギーを降りると
土産物屋の店先にあるシャチのぬいぐるみを抱きしめ、
「シャチちゃん、買う!」とのこと。
かしこまりました。
気にいってくれて、良かったわ。

そのシャチのショウは、大人が見ても本当にすごい迫力で、
さすがにここのシーワールドのメインになっているだけあります。
イルカはえさをあげたことに満足して、ショウは見なかったけど、
めいもシャチが気にいったようだし、よかったなぁ。

しかし、めいの臆病モノぶりは結構発揮され、
水族館みたいなとこでも、ガラス越しなのに大きな魚とかが近付いてくると、
「ウギャー!」と逃げてました(笑)
シュノーケリングとか、当分無理ね。

シャチのぬいぐるみを抱いてご満悦のめいと。
e0172085_1435334.jpg



最後の日は、日本食料品店に行って、メキシコでは売ってないかぼちゃや
菜箸や魚などを買いこみ、無事に帰途につきました。
最後に食べて帰ろうと思っていたラーメン屋さんがつぶれていて残念だったけど、
代わりにKIKUという韓国料理屋さんで美味しいランチを食べたのでよしとします。
ここの牡蠣のチヂミが最高だったなぁー。


さて、約5時間半くらいで行けるサンアントニオ、
なかなか楽しかったですが、これからはそう何度もは行かないだろうな(笑)
なんせ、洋服とかなら、もちょっと近いマッカレンというところに、
ほぼ同じ店が入ってるアウトレットがあるし、
今回乗れなかったシーワールドの乗り物類や
シックスフラッグスという絶叫系がたくさんある遊園地はまだめいには早いし。
あえていうなら飲茶ですが、さすがの私も飲茶のためだけに
5時間半かけようとは思いません。
ま、でも動物園が楽しいらしいから、日本帰るまでにあと1回くらいは行くかも…

そんなこんなで楽しい旅行でした。
しかし、オットオクンは自分のものはなにも買わず、嫁と子のためだけに
いっぱい運転したりしてお疲れさまだったなあー。
いつもすんません、ありがとう!
[PR]
by punkpink | 2010-04-07 15:03 | 旅行 アメリカその他 | Comments(0)

セマナサンタ 週日編

現在メキシコでは、セマナサンタ(聖週間)でお休みです。

本来は、キリストの受難と死、そして復活を祝う伝統的行事らしい。
なんでも、木曜日が「キリストがユダに売られた日」、
金曜日がキリストが十字架にかけられて殺された日」、
そして土曜日が「キリストが復活した日」ということで、
一般の会社は木金がお休みで、それに自分のお休みをくっつけて長期休暇にして
バケーションにする人が多いみたい。
学校や幼稚園も大体2週間お休みになるから、
メキシコ人はこぞって旅行なぞに繰り出してます。

しかし、なぜかオットオクンの会社は金しかお休みじゃないのねー。
なので我が家はただの3連休。
明日から、車で5,6時間くらいのアメリカはテキサスのサンアントニオというところに、
小旅行に行ってきます。
目的は、飲茶を食べること(私)、イルカを見ること(めい)だけです。
オットオクンは特になし。
別に虐げられているわけではありません(笑)、ほんとにないんだって。

お父さん方は休みじゃないが、子供たちは2週間の休みってことで、
なんとなーく春休み、みたいな雰囲気です。
でも、日本みたいに学期の分かれ目とかじゃないから、
卒業・別れ・入学・出会い、みたいな
センチメンタルな雰囲気は全くありません。

というわけで、今週は月曜日から久しぶりにめいと2人で過ごしました。
っていっても、毎日友達と約束して公園だりなんだり行ってたから、
二人っきりってわけじゃなかったんだけど。

公園でなぜかお絵かきしてみたり、
(首の力が弱いため、一人だけめっちゃ地面に顔が近付いてます)
e0172085_1893248.jpg


庭で仮装して遊んでみたり。
e0172085_18103326.jpg



久しぶりに長い時間を一緒に過ごして、
めいもずいぶん成長したなぁと感じました。
ボキャブラリーが増えたのはもちろんのこと、
塗り絵が上手になっていたり(前と比べて笑)
待ってて、っていうと待てるようになっていたり…
普段は学校や幼稚園でバタバタしていて、
こんなにゆっくりめいを観察したのも久しぶりだなぁ。
そういえば、去年来てから半年間の毎日はこんなんだったっけと
なつかしく感じました。

最近、モンテレイを去って行く人や逆に新しく来た人に出会ったりして、
自分達がメキシコに来たばかりのころをよく思い出します。
車もなく、スペイン語もしゃべれなかったけど、のーんびり過ごしてたな。
友達もあまりいなかったから、公園でも2人ぼっちで水遊びしたり、
上司のマンションのプールに通いつめたり。
公園で会ったアメリカ人に「友達は全然いない」って言ったら、
同情して日本人を紹介してくれたこともあったな(笑)

日本にいたら仕事に復帰したりしていて、
こんなにめいと一緒に時間を過ごすこともなかったかもしれない、と思うと、
ラッキーだったなぁーと思います。

今日はめいとほぼ同じ年の女の子とそのママがうちに来て、
子供達は庭で遊んでいたんだけど、
2人が水をかけあってギャハギャハ笑ったり、
ブロックの箱をかぶってギャハギャハ笑ったり、
バイキンマンのテーマソングで一緒にわけのわからない踊りを踊ったりしてる姿が、
なんだかすごく輝いてて、愛おしくって、
心があったかくなりました。
写真を撮っておきたかったけど、カメラが手元になく、
その場を離れたくなくって、結局自分の心に記憶しただけ。
でも、きっとそういう瞬間を、めいが大きくなったら思い出すのかもしれないな。
忘れられない笑顔の日でした。

幼稚園がお休みで、毎日バタバタ大変だけど、
久しぶりに2人で過ごす貴重な時間、あってよかったなぁと思いました。
あと1週間、いっぱい遊ぼうねぇ。



そういえば、先日実家の父が定年を迎えました。
定年後も仕事はするみたいだけど、
36年間の公務員生活が終わったのはずいぶんと大きな変化になることと思われます。
雨の日も晴れの日も、風の日も雪の日も、毎日仕事に行って、36年間。
なんという長い月日なのだろう。
その長い月日の中で、やめたいと思ったこともあったのかな。
でも、私たち家族のために我慢してくれたこともあったのかな。

そうやって、骨身を惜しまず36年間も働いてくれて
(たまにはさぼってたみたいだけど笑)
今の私たちがあるんだと思うと、深い感謝の気持ちとともに、
これからは、自分がそれを子供のためにやっていかなければならないのだ、
という重責を感じます。
そうやって、親が子を育て、その子がまた自分の子を育て、
人はどんどんつながっていくのねー。
私たちもその流れの中に組み込まれているのねー。

なんだか壮大な話になってきました。
夜中にブログを書くとこういうことになります。
あと2時間で出発です。少しは仮眠でもとるか。

おやすみなさーい。
[PR]
by punkpink | 2010-04-02 18:23 | メキシコ生活(モンテレイ編) | Comments(0)


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

最新のコメント

> とんさん こんにち..
by punkpink at 16:44
> funatotoさん..
by punkpink at 16:21
> ひとみさん ひとみ..
by punkpink at 16:19
> まいきちさん こん..
by punkpink at 16:15
はじめまして〜 トラン..
by とん at 16:04
初めまして。 突然のご..
by funatoto at 10:09
はじめまして。 pun..
by まいきち at 23:38
hiyoriさま ..
by punkpink at 11:36
Junさま、 コメ..
by punkpink at 11:34
あささま、 大変今..
by punkpink at 11:31

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧