<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

めい:4日間の成長

とうとう今週からめいの学校っていうか幼稚園が始まりました。

DAY1:月曜日
2時間だけの親同伴で、先生とクラスメイトに会う日。
ママが一緒だからだったのか、仲良しのマリアがいたから良かったのか、
一度も泣くこともなく、おだやかに過ごし帰る。

DAY2:火曜日
久しぶりの朝6時起床(笑)
眠い目をこすりながらも、「学校行くよ!」というとウキウキして出かける。
学校に着き、先生に車のチャイルドシートから降ろされて不安な顔で降りるも、
偶然に仲良しマリアがすぐ後ろの車から出てきたので、
一緒にニコニコと歩き始める。
途中でママが来ないことに気付いたのか、不安げな顔をして私が去っていく車を
見つめる顔が印象的。こちらも涙が出そうになる。
案の定迎えに行くと、先生に抱っこされ号泣…
車の中も泣いていた。

DAY3:水曜日
家を出る前から「学校行きたくなーい、おうちにいる!」
「ママと一緒がいい!」「ママも一緒に行こう!」と連呼…
どうにかなだめて車に乗せるも、車中もメソメソ…
先生が車から降ろしにくると、泣きがピーク。でもそのまま連れていかれる。
お迎え時も、やっぱり泣いていて、帰りの車中もメソメソ…

DAY4:木曜日
朝は機嫌よく、自分からカートを引いて家を出る。
車中で「ママも一緒に行こう、さみしい」とメソメソするも、
学校について迎えに出てくれた先生が英語の先生で顔見知りだったからなのか、
今日は泣かずに車をおりる(!)
迎えの時は、今までいつも泣いてたので、
車の列に並ばずに車を駐車して、門の前で待ってみる。
すると向こうの方からめいの姿が!
私の顔を見ると、泣き出しそうな顔で、小走りになる。
カートも持ってるし、スロープだし、危ないぞー!と思ったけど、
転ばずに門の前までたどり着く。
門を開ける先生がたまたま近くにいなくて、ちょっと待ってる間に
「ママー!」と泣き始めるも、門を開けてもらって抱っこして車に連れていくと、
すぐに泣きやんで車中もご機嫌。
あぁ、良かった…

さて、明日はどうなるのでしょうか。
でも、この3日でもずいぶん成長した気がする。
少しずつ慣れていくのかな。見守ることしかできない自分がはがゆいです。

親の方も結構大変だってことに最近気づき始めました。

この学校は保護者専用のHPがあって、すべての連絡はネット経由。
細かい決まりごとなどもすべてParent Manualという手引きがネットにあって、
それに書いてあります。
そんなこと知らなかった私は、最初の日に先生からそれを聞いて、
あわててパスワードをもらって、初めて読んだのが昨日。
なんせもちろんスペイン語なので時間はかかりましたが、一応なんとなく全部読んだ。
学校に持って行くべきもので足りないものがいくつもあるじゃないか!
急いで買い物&準備でした…大丈夫か?あたし?


それにね、やっぱり大きな学校だから色々違いがあるのねー。

例えばお迎え&送りひとつにとっても、今までは親が幼稚園の中
(つうかおぱちゃんのおうちの1室笑)まで連れていって、
先生にお願いしまーすと挨拶して、その際に心配ごとがあったら伝えて、ってかんじ。
迎えに行ったときも、部屋まで行って、先生に直接「今日はどんなだった」とか聞いて
連絡事項なんかも全部口頭&手渡しのお手紙で。

今の学校は、駐車場に何人かの先生が待っていて、車で並んで、
先生がチャイルドシートから降ろして子供を教室まで連れて行く、というシステム。
帰りも車で並んで、順番に子供たちが出てきて、先生が乗せてくれる。
自分で降りて待っていてもいいんだけど、
それも結構早めに来ないと難しい。

合理的だし、たくさん生徒がいるからそういうやり方でないと、
後ろにも人が待ってるしさばけないんだろうけど、
このときに先生と色々話したりはできないのね。
マニュアルに「車の乗降時はお話できません」ときっぱり書いてある(笑)

先生とコミュニケーションがとりたければ、
ネットでメールか、毎日の連絡ファイルにメモをつける。
でもねぇ、やっぱり直接どうだったとか聞きたいよね、親としては。
先生は1人につき、10人弱の受け持ち。
お迎えの係りが担任の先生とは限らないし(他のクラスの先生もいるから)
お迎え時間はめいの年少さんだけじゃなく、赤ちゃんクラスとか年中さんも一緒だから、
話なんかしてる余裕はないんだろうけど、やっぱり淋しさを感じるな。

まぁそのうち慣れていくのかな。
しかし学校との連絡がメールとホームページだなんて、
ずいぶんハイテクな世の中になったものです。
めいもがんばっているんだから、私もがんばらなくちゃな。
スペイン語の読みものが多くって、メールもそうだから
やっぱりものすごいスペイン語の勉強になります…


そうそう、火曜日の夕方に早速新しいクラスメートのピニャータがありました。
学校が本格的に始まったその日って…(笑)
事前に別の友達から招待状がメールで転送されてきてたので、
とりあえず顔も知らない男の子のためにプレゼントを用意しておき、行ってきました。

知ってる人の少ないピニャータに出かけるのは初めてだったので、
ちょっと緊張したけど、新しいクラスメートのママさんたちと
結構知り合いになれたので、収穫は大きかった気がします。
なんせ他に日本人がいないので、彼女たちだけが頼りです。
仲良しのママもいるから安心だけど、これからがんばらなくてはね。
これから出席するピニャータも増えるんだろうなー。
もういちいちブログに載せないかもしれません(笑)

とりあえず、今回は第一回ということで記念に…

大好きなビヨンビヨン、じゃなくってインフラブレ。
e0172085_13321319.jpg


衣装を着替えられるコーナーにて。
それぞれお気に入りのプリンセスに変身した二人でありますが、
e0172085_13323381.jpg


やることはやはり同じ…
e0172085_13325841.jpg


めいはお料理&スーパーコーナーでも楽しそう。
レジのおばちゃんか?(笑)
e0172085_13342985.jpg


バースデーボーイのサンティアゴ君。将来が楽しみな美少年です。
e0172085_13345078.jpg


ピニャータは最近はやりのトイストーリー、だよね?
e0172085_1335918.jpg


車も楽しそうでよかったねぇ。
e0172085_1335354.jpg


ここのピニャータ会場、初めていったのですが、
こじんまりしてる割には設備が充実していて、綺麗で、
すごく良かったです。
そろそろめいのピニャータについても本格的に考えなくっちゃなー、
あー、大変だ…

とりあえず、明日最初の週が終わります。
楽しく行ってきてくれるといいな。
[PR]
by punkpink | 2010-08-27 13:52 | めい/メキシコでの育児 | Comments(4)

天晴

今週末はまことに天晴でございました。

そんで、この間行ったHuasteca、やっぱりBBQやりたいなぁーと思いたち、
常々BBQやりたいね、と言ってた日本人友達家族、総勢6家族で
HuastecaBBQを緊急招集!

ほんとに緊急で、中には前日の夜に誘ったという友達もいたのだけど、
尻軽、じゃなかった、身軽に駆けつけてくれました。

BBQグリルはある友人家族が当日に新規ご購入!
ありがとうございますっ!
男性陣が途方にくれながら組み立ててくれました(笑)
ビール片手に完成を祝う、の図。
e0172085_1245585.jpg


みんなで家にある材料を持ち寄ったにも関わらず、
アラチェラ、コリアンBBQ風アラチェラ、手羽先に焼きおにぎり、
ソーセージに海老におまけにぬか漬けまで。
とにかくうまいものづくし。
我が家も張り切って早起きして牛タンを買ってさばいてやった。
そしてBBQといえば焼きそば!日本人の〆はやはり焼きおにぎりと焼きそばでしょう!
焼きそばに食いつく子供たち。子供も焼きそばが好きだなぁ…

e0172085_1246458.jpg



私たちの住んでる所から車で10分程度とは思えないほど、
壮大な景色が広がるHuasteca.
e0172085_12452691.jpg


水もね、こーんなに綺麗なんですよ。
で、小さい子供にちょうどいいくらいの浅瀬が作ってあんの。
e0172085_12454595.jpg


足、見えるし。オットオクンなんてめいそっちのけでおたまじゃくし取ってました(笑)
e0172085_1246214.jpg


食べて飲んで、泳いで、とにかく最高な一日でした。
ただ、トイレがないというおそろしく原始的な場所なので
(前はBBQやるところが決められててそこにはあったんだけど、
全てこの間のハリケーンで流されております…)
トイレに行きたくなった人はそっとその場を離れ、
急流に恐る恐る入り込みそっと座りこむ、という誠にアウトドアーなかんじです(笑)

この間行ったとき、1時くらいから続々と車が来てたので、
いい場所取らなきゃ!と11時集合にしたので
3時くらいには引き上げかなぁと思いきや、
その楽しさに7時近くまで粘っちゃったのでした。
でも、その時間から来るメキシコ人も結構いたからな、
おそろしやメキシコ人…

めいも私も元々結構焼けてて、ベースができてるから、と油断して
いい加減にしか日焼け止めを塗らなかったら恐ろしいほど焼けてしまいました…
めいも昨日と今日はお風呂に入るとちょっと肩のあたりが痛かったみたい。
ごめんよぅ、読みの甘い母で…
次からはばっちりぬるからねーって言っても遅いか…
この綺麗な水がなくなってしまう前に、もう一度HuastecaBBQやりたいな。



そんな素敵な週末が明けて、今日はめいの新しい学校、初めての登校日?でした。
と言っても、今日はクラスの雰囲気を見るために2時間だけ行くというもの。
でも、担任の先生とあいさつしたり、他のクラスメートにあったりと、
ちょっと安心したかな。
めいは仲良しの友達が一緒だったので、心強かったみたい。
e0172085_12471385.jpg


ここは、何でも子供が考えて決めて行動する、がコンセプトなので、
めいのこれから使うファイルの名前?も自分で書きます。
って言っても、もちろん書けないから(笑)
とりあえず、にょろにょろミミズのようなものを書いておりました…
先生、これで後からわかるのか??

e0172085_12473833.jpg



今まで行ってた小さいところに比べると、クラスの人数も多いし、
やっぱり雰囲気が全然違う。
なんせいきなり7人から倍以上の人数になるんだもの。
先生も3人くらいいるし。
けど、プログラムというか時間割というかも、すごくバラエティに富んでるし、
色んな子供や大人とのふれあいのなかで
めいが学んでいくことも多いんだろうな。

まだ大きな学校には小さすぎるんじゃないかとか色々心配したけど、
やっぱりこのタイミングで入れてよかったな、と思いました。
だって、みんな持ち上がりだから、来年このクラスに新しく入ったら、
たぶんなじむのに時間がかかるもんねぇ。
それならやっぱりみんな一緒にスタートで良かったな。

めいは2007年の10月生まれですが、このクラスは全員2007年生まれの子です。
つまり、半分以上の子がもうすでに3歳の誕生日を迎えてる。
だから、めいはみんなの中では結構小さい方でした。
ま、日本で言う早生まれみたいなかんじ。
どちらかというとちょっと大きい子についていって遊ぶのが好きなめいなので
これもまたいいかなーと思います。

明日からとうとう本格的に通い始めます。
明日は早速プール。
スクール水着が出来上がってないけど、それはみんな同じ(笑)
とりあえず人生初の屋内プールをどう楽しんでくるのか、
前みたいに泣かないでお別れできるのか、
今までより長い5時間という時間をクラスの中でどんなふうに過ごすのか、
そして私は朝の6時に起きて8時までに連れていくことができるのか、
ドキドキしながらも、楽しみです。
[PR]
by punkpink | 2010-08-24 12:59 | メキシコ生活(モンテレイ編) | Comments(12)

Mi primera...

この間、ちょっと遠出して買い物に行ったので、めいに
「何か好きなの買ってあげるけど、何にする?」
と聞いたら「バービー」と即答でした…

もうそんな歳なのねぇ…
確かに幼稚園でもバービーがいっぱいおいてあって、
年上の子供たちと一緒に遊んでた様子。
前にこちらの100円ショップみたいなところで
かなーり怪しいバービーっぽい人形を買ってあげたことがあったけど、
さすがに100円であっという間に片手になってしまうという無残な姿…

いつかちゃんとしたのを買ってあげようと思ってたけど、
昔からバービーファンの私としてはクラシックなのがいいかなとか、
いやいや普通の洋服のが使いやすいだろうとか、
個人的に色々考えてたのですが、
結局めいのはまっているプリンセス風のバービーに決まり…
e0172085_13231975.jpg


しかもドレスのベルトのボタンみたいのがスイッチになってて、
押すとノリノリのダンスミュージックがかかるという…
ハイテクですなぁ、最近のバービーは…


めいは喜んで遊んでおります。
e0172085_13245635.jpg

そんなバービーを手にしのりのりのめい。
e0172085_13252241.jpg


どうでもいいことですが、この日はめいも私も、ロングスカート&お団子頭にしてみた。
小さい子のロングスカートってどうなんだろ?って思ってたけど、
案外かわいいもんね(親ばか)
e0172085_13253992.jpg


日に日に「女の子はプリンセスを目指す」という欧米風の考え方が
めいにも浸透していってるような…
おそろしいものです。


こちらは、最近引っ越した友達からもらった朝顔。咲いたよー!!
e0172085_13255788.jpg


ガレージのフェンスにつるが巻きつくようにやっといたのが、
ようやく咲きだしました。
あぁ、夏だなぁ…ってもうすぐ終わるけど。しかも長かったけど。
メキシコ来て初めてみた朝顔。
情緒があるものですね。

昨日は午後から7人の日本人ママ&子供たちを招くという
大事業が待っていたにも関わらず、
カルメンに誘われて午前中にウアステカに遊びに行ってきました。
e0172085_13262771.jpg


もともとロッククライミングとかマウンテンバイクでの走りが楽しい、
大自然ムンムンのすんごい景勝地なのですが、
この間のウラカンで道路のほとんどが崩れ、広く大きな川になってしまった。

そして、なぜかそこの川の水がすごーく綺麗で、
しかも水は少なくなって、ところどころせき止められているから、
浅瀬になっていて、小さい子供が水遊びをするのに最適な環境となっておりました。

こーんな絶景なのね。

e0172085_13274352.jpg


んで、絶景のふもとでふつーに泳いだり遊んだりできるのね。
e0172085_1328445.jpg


めいは紙コップで水をすくってみたり、浮き輪で泳いだり。
最近どんな場所でも水があればいい!ってかんじです(笑)
e0172085_13285788.jpg


疲れたので、みんなで持ってきたフルーツとかでピクニック。
のどかだなぁ。
e0172085_13292495.jpg


年に一度はどこかの民族が集まって神に祈るお祭りをやっているとかいないとか。
私的にはなーんとなくスピリチュアルなスポットであります。
なんか不思議なかんじすんだよね、ここいくと。

水も綺麗だし、メキシコ人の友人たちも
「こんなところがうちから車で10分のところにあるとはねぇ…」
と感心しておりました。

ただ、なんだかテレビ局の車がいると思ってたら、
すんごい近くの平面にいきなりヘリが着陸!
乗り降りしてる人はあきらかにレスキュー隊!
よくテレビで見る、ヘリのプロペラがあげる強風と軽い砂嵐に巻き込まれました。
しかも、2回離着陸してるし。

ママカルメンが「何があったの?」って聞いたら、
なんとロッククライミングしてた2人が昨日から行方不明なんですと。
レスキュー隊に普通に話しかけちゃうカルメンママにもびっくりだったけど、
こんな都会に近い場所でも遭難って起こるんだなぁーとまたまたびっくり。
たしかにすんごい大自然です、なめちゃいけません。

自然の中でのんびりするのは大好きだけど、岩とかは登れないエセアウトドア派の私は、
今週末はここでBBQなんかいいな、と目論んでおります。
[PR]
by punkpink | 2010-08-20 13:47 | おでかけ モンテレイ近郊 | Comments(2)

パン!パン!パン!

日本ではお盆休みですね。
こちらは全くの平日です(涙)
でも、子供たちはサマースクールも終わり、新学期の始まる前で、
みんなのーんびり過ごしております

ところで、最近、日本人の仲良しママ友の間でパン作りがブームになっております。

我が家にもホームベーカリーなるものが日本から直輸入されておりますが、
稼働は半年に1度ほど…しかも、正月の餅作りを含めて…
宝の持ち腐れはまさにこのことなり!

というわけで、この間作りすぎたコロッケ(おうちの冷凍庫で冬眠中)を
表舞台に登場させるべく、コロッケパンに挑戦してみたくなった。

みんなで持ち寄ったパン生地(ホームベーカリーで作って持ってきた)と、
友人宅でその場で作ったパン生地、そして、持ち寄った様々な具材で、
前にパン講師をしていたという友達の指導のもと、
パン屋か?と突っ込みたくなるくらいパンを作ってみました。

メロンパン。クッキー生地を用意してくれた友達が、
なんと手でメロンを絞ってくれたそうですが(笑)
メロン風味は…
とにかく、うまかった!
e0172085_1414139.jpg


ツナマヨパン。美味いよねぇ、これは、言うまでもなく。
e0172085_14143686.jpg

コロッケパン。
残り物のコロッケがこんなに美味しくなるとはねぇ。
コロッケ冥利に尽きるというものです。
e0172085_14145760.jpg


めいがアンパン好きなので作ったアンパン。
あんこがはみ出してますが(笑)味は上々!
e0172085_14151980.jpg


まさに、絶品!だったハムたまごパン。
e0172085_14154144.jpg


おまけ:パンをほうばる子供たち。うまかろううまかろう。
e0172085_1416327.jpg



実は写真の5倍くらいの量を作っております(笑)いや、10倍か?
出来は、自分で言うのもなんだけど、最高でした!
日本のパン屋ならどこでも買えるんだろうけど、
こちらでは貴重なお味です、はい。
メキシコの惣菜パンは、とにかく全部チーズ入りです。
チレが入ってるのもよくあるな。
それはそれで美味しいんだけど、やっぱり日本のパンも美味い。

とにかくものすごい量だったので、試食するまでに時間がかかりましたが、
その美味しさにほんとに作った甲斐があったなぁーというもの。
お持ち帰りもできて、明日のオットオクンンお弁当はパンランチに決定。

バッタバタの大わらわでしたが、また作りたいなぁと思ったのでした。
一人じゃ絶対やらないけど(笑)
[PR]
by punkpink | 2010-08-12 14:32 | 料理・美味しいもの | Comments(10)

クアトロシエネガス

先週末、なーんにもすることがありませんでした。

そしたら、オットオクンが突然
「クアトロシエネガスにでも行ってみっか?」
と言い出した。
一体なんじゃそれは?と思ったんだけど、行ってみることに。

行ってみっかと言い出したのが昼の12時。
泳げる、と聞いたので準備して家を出たのが1時くらい。
しかし、よくよく話を聞いてみると、どうやらモンテレイから車で4時間近くかかるらしい…
4時間って…果たして着いたころにまだ泳げるのか?
日帰りで帰ってこられるのか?
不安は数々湧き出てきましたが、もう家を出ちゃったからしょうがない、
とりあえず、行ってきました。

モンテレイからお隣のコアウイラ州に入り、えんえんと長い道のりを行きます。
果たしてここに何があるのか?と不安に思ってきたころに、
その名もCuatro Cienegasという町に到着。
ここも、ここにそんなすごいとこがあるのか?と不安に思うほど
よくあるかんじの小さなメキシコの町。
看板も何も出ていないので、とりあえず町のおっちゃんや、
そのへんをウロウロしていた警察に聞いてみる。
と、どうやら有名なところは「閉まってる」とのこと。がびーん。
でも、泳げるところがあるよ、と言われる。
「ほんとにここでいいのー?」と不安になるような荒野を
不安たっぷりの愛車でボコボコ進んで、
e0172085_148658.jpg


着いたのが、ここ。

e0172085_1493421.jpg


クアトロシエネガスというのは、Cuatro(4つの)Cienegas(沼地)という意味らしく、
ネットで後から調べたら、4つの沼地に囲まれた土地、だかららしい。
周りを山で囲まれた砂漠地帯の真ん中に、
ぽつぽつと泉が湧き出ている、不思議な場所。
周りの山に降った雨が、何千年もかけて湧き出てきて泉になっているそうな。
そんでもって、その泉がひとつひとつ水質が違うから、世界でもここだけしかいない
珍しい生態系を持っていて、「砂漠のガラパゴス」ってよばれてる。
「世界不思議はっけん」でもやってたんだってー、知らなかった…

って言っても、これはブログを書くために調べた情報(笑)
なんせ、言い出してから1時間弱で行ったもんで、全くの予備知識なし!
オットオクンがWikiから調べた緯度経度をナビに打ち込んで行っただけのため、
どこに向かってるんだかもイマイチ不確かでした…

実はすーんごく綺麗な泉があったり、
真っ白な砂漠があったらしいんだけど、
なにせ現場に到着したのが午後5時。
自然の中で泳ぐ!というのが唯一の目標だった私たちは、
とりあえず泳げるRio mezquitesというところに直行!
e0172085_14115226.jpg


最近は夜の9時くらいにならないと日が暮れないため、なんとか泳げました。
水はネットで見たほど青くなかったけど、ま、いいとしよう。
(その青いところは現在は遊泳禁止らしい…残念)
e0172085_14122280.jpg

自然の中にできたプールでめいも泳ぎを満喫。お魚に大層喜んでました。
e0172085_14124310.jpg

私も満喫。水深はまちまちで浅かったり深かったり。
足の裏が砂みたいなのでヌルッとするとこがあるのがちょっと気持ち悪かったけど、
まぁ自然だからしょうがないね。
e0172085_1413669.jpg



たしかに、水はきれい!魚もめっちゃ泳いでます。
e0172085_14132336.jpg

ついでにそのへんを泳いでる小魚をつかまえたり。
e0172085_14134275.jpg


私たちが行ったところは、川のような形をした泉が砂漠の中にあるようなところ。
その泉の周りだけ草が生えていて、
川のところどころに東屋とBBQ用のかまどが設置してあり、
各東屋には泉におりていく木の階段?みたいのが着いてました。
e0172085_14141444.jpg


周りには家族連れが結構いて、
BBQ用のお肉とか炭とかを買ってきたらよかったなぁーってかんじ。
とりあえず、1時間半ほど泳いだらもう7時だったので、
急いで家路に着きました。

思いつきで行ったにしては、なかなか楽しめる場所。
けど、ネットで見てみたら、一番有名なところはこーんなにきれいらしい。
e0172085_14144530.jpg

(某旅行会社のHPからお借りしました、著作権にひっかかったらすんません、
ってすんませんじゃあすまないか…)

とりあえず、これはもう一回行くしかありませんね。
一番きれいなPoza Azulも見てみたいし、BBQもやりたいし(笑)
戻ってきてから、リベンジを強く心に誓いました。

おまけ:
オットオクンの靴をはいて喜ぶめい。
e0172085_1415490.jpg


オアハカで買ってきたハンモックをやっと設置。寝心地最高!
e0172085_14152610.jpg

[PR]
by punkpink | 2010-08-10 14:27 | おでかけ モンテレイ近郊 | Comments(2)

ありがとう、さようなら。

6月にめいの幼稚園が一旦終了。
でも、2週間後には夏のクラスが始まって、今日まで同じ幼稚園に通ってました。
夏だけあって、いつもとは違うカリキュラムで、
毎日プールがあったり、めいもとっても楽しそうに通いました。

8月の後半からは新学期が始まります。
今までと同じ小さいところに入れるか、
小中高まで付属の大きな学校付属の幼稚園にに入れるか、
ずーっと悩んでました。

今まで行っていた幼稚園は、歩き始めた子から3歳くらいまでの
大きな学校へ入る前の子たちが対象だったところ。
プレ幼稚園とでも言えば適当かな?
ここ、サンペドロではこういう幼稚園が沢山あって、
大きな学校の幼稚園部へは3歳か4歳くらいになったら入れるんだけど、
その前に小さな幼稚園に通わせて慣らす、みたいなのが一般的です。
まぁ、たまに6歳くらいまでいれる幼稚園のみ、っていうところもあるけど、
ほとんどは最初小さな幼稚園に行って、そのあと大きな学校に変わる、ってかんじかな。

メキシコで幼稚園の年少さんは3歳から。
でも、4月に区切りをつける日本とは違って、
こちらでは3歳になる誕生日をその年に迎える子、が全員年少さんになります。
つまり、今年は2010年ですが、2007年産まれの子、つまり2010年中に3歳の誕生日を
迎える子が8月から年少さんとして大きな学校の付属の幼稚園に入るのです。

めいは10月に3歳だから、日本なら誕生日的にはちょうど1年の真ん中くらいだけど、
メキシコでは小さい方です。日本でいう早生まれ、みたいな?

めいが今まで通っていた幼稚園もみんな3歳くらいまでの子ばかり。
めいより大きな子は、みんな今年から大きな学校へ入ります。
そうなると、めいが幼稚園の中で一番大きい子になってしまう。
周りの子たちのスペイン語を真似してスペイン語をのばしてきためい。
せっかくスペイン語がどんどんしゃべれるようになっているのに、
もったいないなぁという気持ちと、
大きくなったら入れようと思ってた学校に、今まで同じ幼稚園に通っていた
めいの仲良しの女の子が今年から入るというのを聞いて、
やっぱりめいも大きな学校にいれよう、と決めました。

中には4歳から入る子もいるけど、
せっかくだから、みんなが年少さんに入るときに、
一緒に入って、よーいドンでスタートがいいじゃない?
来年、もう1年たってみんなが仲良くなってるところに入っていくよりは、
みんなが知らない同士の方がいいんじゃないか?というところが決め手でした。
仲良しの友達も新しい学校で同じクラスになれるようだったし。

でも、これを決めるまでに相当悩みました。
せっかく1年経って慣れたのに、とか、
また新しい環境で泣いちゃうんじゃないか?とか、
まだ大きな学校には早いんじゃないか、とか…
結局めいに
「今までのところに行くか、マリア(仲良しの友達)が行く大きな学校に行くか」
一応説明して、めいが「大きな学校に行く!」と言ったので、
意味はわかってないと思うけど、そういうならよし、としました(笑)

大きな学校と言っても色々あります。
日本語の小学校の補習校があるところとか、
英語に力を入れてるとことか、日本人に人気があるのは3つ4つくらいかな?

でも、めいは、全然別の、もう少し小さくて個性的なところに決めました。
まぁ、理由って言えば、私のメキシコ人友達がそこに通わせてる、
もしくは通わせる予定、っていうのが多いというのが一番なんだけど(笑)
なんというか、とても個性的な学校なのねー。
「子供に自分で問題を提示させて、それを考えて解決する力をつける」
みたいのがモットーで、
毎日のプログラムの構成はもちろん、
なんと教室内のロッカーの位置とか机のレイアウトまで子供たちに決めさせるそう。
なんだかおもしろそうだな、というそれだけで決めちゃいました。
早くからアルファベットを習わせる、とか
勉強っぽいことを早くからやらせるみたいなのはいやだったのね。
子供の仕事は遊び、いっぱい遊んで色んな経験をしてほしいと思ったのでした。

それに、障害児を受け入れているというのも良かったかな。
学校は星の数ほどあるこの地域ですが、障害を持ってる子を受け入れる学校は、
このめいの学校ともう一つしかないそうです。
世の中にはいろんな人がいる、中には障害を持って産まれてくる子もいるけど、
みーんな一緒に遊んだり友達になったりするんだよ、というのを
小さいころから身をもって知っていてほしいな、と思ったのでした。

新しい学校には屋内プールがあります。
e0172085_1423264.jpg


週に2回くらいプールを通年やるそうな。
この間はスクール水着を買いに行ってきました。

水着の試着でおどける2人。マリアは4月に3歳になってます。
半年違うと大分体格も違うなー、めいはちっちゃい方だけど…
e0172085_14222374.jpg

得意のあっかんべぇ。やはり精神年齢は一緒のようです(笑)
e0172085_14224037.jpg




そして、今日はめいの小さな幼稚園での夏のクラスの最終日。
8月後半から新しい学校に通うので、今日を最後にこの幼稚園にくることもありません。
(来年の夏のクラスで来るかもしれませんが笑)

1年間お世話になった先生にチーズケーキを焼き(メキシコ人なので砂糖多め笑)
1年間通った道を迎えに行きました。

車を走らせながら、この1年の色んなことを思い出しました。

最初は行きたくなくて、2週間くらい毎日泣いてたこと。
慣れてきたら、友達の名前を言えるようになったこと。
始めて持って帰ってきた塗り絵のこと。
幼稚園で産まれて初めてめいのピニャータをやってくれたこと。
私の知らない単語をどんどん話すようになったこと。
クリスマスの発表会の歌をめいが教えてくれて、
CDを買って2人で毎日車の中で練習したこと。
でも、本番では泣いちゃったこと。
それでも途中から持ち直して、上手に振付して歌えたこと。
「今日OOにやられて泣いちゃった」とか告げ口もできるようになったこと(笑)
先生の日には、ママたちみんなでこっそりお祝いの用意をしたこと。
先生と一緒にトイレトレーニングしたらあっという間にトイレでできるようになったこと。
「母の日」には泣かずに踊ったり歌ったりしてくれたこと。
幼稚園で出されたおやつが食べたくてスーパーでねだられたこと。
100年に一回と言われるハリケーンが来たのに毎日幼稚園に通ったこと。

色んな思い出が、どんどんこみ上げてきて、
幼稚園に到着したときにはすでに涙目(笑)
そして、ケーキとカードを渡したら、先生の顔も見ずに帰ろうとするめい…
コラっもう最後だよー!!!
先生が
「めいはもう戻ってこないのね、大きな学校に行っちゃうのね、最後にキスして頂戴!」
と言ってめいを抱きしめて、ほっぺにキス。
私と先生もハグをして、お互いに「ありがとう」と言ったときには
私はボロ泣きでした。

この1年、私が疲れたときも、めいの体調がおもわしくなくて不安なときも、
毎朝「Buenos dias, munecita!」と言って迎えてくれた先生の笑顔に癒されました。
めいの成長を共に喜び、少しでも体調に不安があると相談に乗ってくれた先生。
病欠の電話をかけるのにも辞書をひきひきの私にもあきれることなく、
何かあるとすぐに教えてくれました。
普通ならそばにいるであろう祖父母がいないここでは、
小さな変化でも一緒に喜んでくれたり、
私のほんとにつたないスペイン語でも
一生懸命話を聞いてくれる先生の存在は大きかったのです。
先生、本当にありがとう。
また夏のクラスでめいの成長した姿を見せにきます、と約束して、
幼稚園を後にしました。

その先生とお別れすることは、私の方が淋しくて心細くて、
不安だったけれど、めいも前に進まなきゃいけない。
私がそれを引き留める権利はない。
こうやって、ひとつひとつ別れを経験しながら
一歩一歩前に進んで行くんだね。
一緒にがんばろうね、ママもがんばるからね。


しっかし、感動的な別れの場面に、めいは不思議そうな顔で
「おうちにかえろうよー」と言ってました(笑)
でも、車の中で号泣する私を見て、めいも後からつられて泣いちゃいました。
泣き虫なママでごめんね。

めいは意外に雰囲気に敏感なところがあります。
理解してるんだかしてないんだかわからないけど、
前もアメリカに引っ越す友達の見送りに空港へ行ったんだけど、
号泣している私を見て、めいまで「さみしーい!」と泣いてしまうことがあったり。
ほんとにわかってんのか?って感じですが。


最初は私のスペイン語のクラスのために、めいも幼稚園に入れることにしたのだけど、
今考えると幼稚園に行かせて良かったなと思います。
スペイン語の伸びもそうだけど、なによりたくましくなった。
ちょっと年上の友達を見て、それを真似して追いつこうとするから
ぐんぐんできないことができるようになった気がする。
前は赤ちゃんってかんじだったのが、
なんかいっぱしの子供のように感じます。

これから大きな学校に入って、今までとは比べ物にならないほどの
子供と先生の数の多さや様々な設備やクラスにふれていくめい。
どんなふうに成長していくのか、ドキドキだけど、楽しみです。
[PR]
by punkpink | 2010-08-07 14:47 | めい/メキシコでの育児 | Comments(2)

油断大敵

旅行のブログを書くのに精いっぱいでしたが、それもやっと終わり、ようやく最近のことを。

実は先週うちのお向かいに泥棒が入りました。

めいを幼稚園に送って、家に帰ってきて洗濯機をかけて、
ごろごろしながら本をよんでいた時のこと。

突然、

「キャーキャーキャーキャー!」

という大きな声が。

な、何だ?と思いましたが、前のアパートでは大学生らしき人たちが、
よく悪ふざけをして、悲鳴をあげて、そのあとバカ笑いが聞こえたりしてたので、
とりあえずそのまま様子を見てみる。
そしたらすぐに、

「Ayuda! Ayuda! Muchacho!」(助けて助けて、誰か!みたいなかんじ)

あ、アユダ?なになに、一体どうしちゃったの、と思いながら、
玄関のドアから顔を出して見てみると、
お向かいの家の前に車が停まっている。
(お向かいは駐車場がないので、路上にいつも停めてます)
周りから集まってきた、たぶん建築中の家で働いてた大工さんとか、
庭師さんみたいな人とかが、お向かいの人と一緒に車に乗り込んで、
すごいスピードで出てく。

残ったのはお向かいに住んでるもう一人の若い女の人。
周りからおばちゃんとかも集まってきて、事情を説明してるみたい。
ここで近くまで行って話を聞いてもちゃんとわかる自信のない、情けない私は、
ドアの前で周りの人にお向かいさんが説明してるのを遠巻きに聞いてみる。

どうやら、その人たちが家に帰ってドアを開けたら、中に泥棒がいたらしいのね。
そんで、悲鳴をあげたら、玄関とは反対の方向の窓から逃げていったと。
とりあえず集まってくれた人を自分の車に乗せて、追跡に行ったみたい。
ちょっとしたら、戻ってきたけど、結局つかまらなかったらしい。
もちろん警察も来て話を聞いたりしてましたけど、
犯人はわからないまま。

しっかし、この住宅街、結構閉じられた感じで窓の向こうに逃げても、
そちらはまた住宅街の1本の通り。
そこを全力で走ってる人とかいたら相当目立つと思うんだけど、
どこに逃げたのかなぁ?騒ぎが収まるまで隠れてたのかしら?

何はともあれ、目の前で起きたことなので、結構びっくりしました。
ちょっと背中が寒くなったわ。
だって、うちだったかもしれない。
例えばめいと二人で帰ってきたときに、自分の家の中に知らない人がいたら、
私は果たしてあんなふうに大声で助けをよべるだろうか?
一瞬業者さんが大家さんとかと入ってるのかと思ったりして
(勝手に入るわけないのに)
「Hola!」とか言っちゃいそう(笑)
あ、笑い事じゃないか。

とりあえず、ものすごーく油断しがちな私なので、
(東京でも家のカギを開けっぱなしにして仕事に行ったりしていて、
よくオットオクンに怒られたりしてました)
気をつけなければ、と肝に銘じました。

たしかにお隣の玄関は、低いけど塀があってドアのところが外から見えにくい。
前にテレビでそういうところは狙われやすいって言ってたけど、ほんとなんだなぁ。
うちは玄関のドアは外から丸見えなので、そこにピッキングとかしてたら、
完全つかまるかんじなのでいいのですが、
玄関脇のフェンスを越えて敷地に入っちゃえば、ガレージの中にある裏口は
外から絶対見えない。
1階の窓はどろぼうよけに全部格子がついてるので大丈夫ですが、
ガレージの裏口は鍵一個だからなぁ、開けようと思えば開けれちゃうなぁー、
なーんて、色々考えちゃいました。

ま、そんなことしなくても、うちの玄関の鍵、閉め忘れてることが
たまさかありますが…あ、そんなこと書いたら日本の両親たちから非難轟々だな。
気をつけてますよ!最近は、ほんとに!ご心配なく!


ところで、今日の夕方表の庭に水をまいていたときのこと。
私が引っ越してきたこの近所で唯一の親しく話をする人、と言っても過言ではない、
角のおじさんが話しかけてきてくれました。
せっかくなので、泥棒事件のことをもう一度聞いてみると、
どうやらお向かいさんに泥棒が入ったのはこれで3度目らしい。
どんだけ狙われやすいんだ…
そのおじさん宅も1回入られたことがあるそうな。
気をつけなきゃねーなんて話してたとこ。

前に色々立ち話したので、
そのおじさんは我が家はオットオクンが留守がちだということを知ってます。

「ご主人はまた家にいないの?」と聞くので、
「今週も金曜まで帰ってこないよ」と応えると、
「大変だね、何かあったらいつでも言ってね」と言ってくれる、親切なおじさん。
このおじさんに限らずメキシコのおじさんおばさんはみんな親切ですが。
そこで、
「じゃあ、私も家に入って誰か人がいたら、あなたに電話するわ」
(助けをよぶ、という意味で)
と言ったら、おじさんは不思議そうな顔。
あれ?やっぱり迷惑だった?と思って、
「それか、警察か、やっぱり」
と言ったら、
「いやいや、私は誰にも話さないよ、大丈夫!」
とちょっとあわてた様子、私は意味がわからないので、ハハハと愛想笑い。
そして、
「じゃあ仕事があるから」とそそくさと帰ってしまう。

うーむ、なんかおかしかったなと、さっきの会話をよーく思い出してみると、
はっ!大変な誤解だ!

私はあなたに電話する、という意味でllamarという単語を使ったのね。
これは電話する、という意味もあるけど、名前を言う、みたいな意味もある。
そいで、そのあとに「警察に電話するか」みたいなことを言ったから、
たぶん、おじさんは、
私が「もしうちに泥棒がいたら警察にあなたの名前を出すからね」
(私がうちのダンナが今週は家にいない、と言ったから、それを泥棒に流す、みたいな?)
と言ったんだと思ってるに違いない!
だって、あのあわてぶり、「誰にも話さない」ってうちのことだったのね!

ち、ちがうよー、おじさん!
そんな、おじさんのこと疑ってなんかないよ!!
それか、めっちゃブラックなジョークだととったのかしら?
私が最後にハハハって愛想笑いしてたから…
こんなつたないスペイン語でブラックジョークを飛ばすほど、
根性すわってませんってー!!

いやー、冷や汗かきました。
はずかしー…私のスペイン語がおかしいから、伝わらなかったんだわー。
でも、気づいても後の祭り…
もう家の中入っちゃったし、時間も経ってる。
今からわざわざおじさんち行って説明するほどのことでもないし…
でもでも、せっかく親切に話しかけてきてくれるのに、
「なんて疑り深いやつなんだ!あんなこというならもう話しかけないぞ!」
なーんて思われたらやだなぁーと、しょんぼりしちゃいました。
とりあえず、今度会ったら誤解がとけるように話してみようと思います。
おじさんの英語力も私のスペイン語力と同じなので、
果たして話が通じるのか、もっと余計な誤解を生まないか、心配ではありますが。

泥棒も心配だけど、自分のスペイン語コミュニケーションはもっと心配な私でありました。
旅先で通じるからって、うまく日常会話ができるとは限らない。
玄関ドアの鍵もスペイン語も油断だらけ、ほんと、気をつけよ。

前に、誰かを4字熟語で表す、という遊びを友達としたのですが、
私の4字熟語は「油断大敵」に決定いたしました。


最後に最近の写真を。

幼稚園に迎えに行ったら、おでこにたんこぶができてためい。
「転んで打った」と自分でスペイン語で説明できたらしい、えらいぞー!
ちなみにおでこに貼ってるのはメキシコ版冷えピタです。
あるといいなぁと思ってたら、あるのねー、メキシコにも。
すぐにはがれちゃうんで、最近お気に入りのばんそうこうで補強してみた。
e0172085_146652.jpg


この間友人が誘ってくれたパン作りで作ったカレーパン。
自画自賛ですが、すんごーい美味しかったです。
まさか我が家の残り物のカレーがこんなに美味しくなるとは…
e0172085_1464523.jpg


外はカリカリ、中はふわふわで、カレーがとろーっと出てくるのね。
完全に食べかけですいません。
e0172085_147926.jpg


友人作、クリームパンダちゃん。
私の書いたクリームパンダは子供が怖がる恐れがあるので、
出さないでおきます…しっかしなんでこんなにうまく描けるんだ??
e0172085_147301.jpg


お医者さんごっこをして遊ぶめい。
e0172085_1475650.jpg


最近は私に本をよんでくれます。
ま、「うさぎちゃんがいてー、おべんと食べててー、おいしいって言ったら―
てんぷらつくってー、あちちってなってー」という奇奇怪怪な内容ですが…
e0172085_1481749.jpg

[PR]
by punkpink | 2010-08-03 14:26 | メキシコ生活(モンテレイ編) | Comments(4)


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

最新のコメント

> とんさん こんにち..
by punkpink at 16:44
> funatotoさん..
by punkpink at 16:21
> ひとみさん ひとみ..
by punkpink at 16:19
> まいきちさん こん..
by punkpink at 16:15
はじめまして〜 トラン..
by とん at 16:04
初めまして。 突然のご..
by funatoto at 10:09
はじめまして。 pun..
by まいきち at 23:38
hiyoriさま ..
by punkpink at 11:36
Junさま、 コメ..
by punkpink at 11:34
あささま、 大変今..
by punkpink at 11:31

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧