<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久しぶりのドドンガドン

e0172085_14371757.jpg


ひょんなことから、めいのクラスメイトのママさんたちに和太鼓を教えることになりました。

なんと、メキシコシティの日本人学校には、
そりゃあ立派な和太鼓がそろっているのです。
そして、小学生や先生たちが練習して、機会あるごとに発表したり、してるみたい。
我々もそれをお借りして、3月に発表する、ということになりました。

日本で働いていたころに、最初は職場で、
ハマって講師できていた先生のグループに入れてもらってやっていた和太鼓。
演奏者としてのレベルは全然高くないけど(笑)
患者さんたちに長く教えていたので、教えることにはちょっと自信あるw。

それにしてもめいがおなかのなかにいるころが最後だから、
バチを握るのはもう6年以上ぶり。
久しぶりにやったらへとへとになりましたが、やっぱり楽しい!

さて、3月までにどんなふうに仕上がるのか、
みんながどのくらい上達できるのか、すごく楽しみです。
何より久々に太鼓をたたけることがうれしー!!!

e0172085_14373055.jpg


あ、ちなみにめいはモデルになってもらっただけで、太鼓はやってません(笑)
[PR]
by punkpink | 2013-11-28 14:41 | メキシコ生活 (シティ編) | Comments(2)

バレカイとバジェデブラボー

先週の金曜日、オットオクンと同僚がめっちゃ見たがってた、
シルクドソレイユのバレカイを見に行ってきました。
e0172085_320019.png


なんちゅうか、シルクドソレイユって何度見てもすごい。
同じ人間として、自分にはない可能性をまざまざと見せつけられる、というか。
才能も努力もあるんだろうけど、どうしたらこんなことができるようになるんだろ?
といつも同じ人間として驚嘆・感嘆の嵐です。

また機会があったら見にいきたいな。







そして、週末、オットオクンは土日とも仕事で留守。
せっかくの週末につまんないので、めいと二人でちょっと小旅行へ。

行先はこちら。
バジェデブラボーのカルメン家。
e0172085_325685.jpg



カルメン家とはもう5年のつきあい。
彼女たちがバジェに引っ越してからは1年に1回会えるか会えないかくらいだったけど、
シティからならバスで2時間!
あぁ、近い!
e0172085_3244812.jpg


カルメン家の周りのおうちがヤギやヒツジや鶏や犬や猫を飼っていて、
犬や猫は自由にそのへんを行き来し、
子供たちは自由に動物と戯れる、という夢のような世界(笑)

30年くらい前の日本の田舎のようでした。

牧歌的な光景が家の前に広がっています。

e0172085_3242870.jpg



今は大都会の荒波にもまれて(笑)毎日を過ごしている私たちだけど、
こうやってたまに田舎に来てみると、
やっぱり田舎暮らしがいいなぁなんて思っちゃう。
あぁ、誰か使ってない古民家売ってくれないだろうか、栃木か茨城あたりで…w。

周りになんにもないかんじ、すごく良かったな。
夜は信じられないくらい真っ暗な中で信じられないくらいたくさんの星をみました。



子供たちもね、すごく仲がよくって、
e0172085_325307.jpg


ほっとくと家の中で外で、ずーっと遊んでた。
e0172085_3432954.jpg



ちょっと街中にも出て、チュロス食べたり、アイス食べたり、タコス食べたり、
ひっきりなしに食べてました(笑)
e0172085_3262095.jpg


めいの「メキシコのおばあちゃん」 移動中はずっと手をつないでもらってました。
e0172085_3255958.jpg



それにしても、カルメン家に滞在するのは楽でいいw。
誰かのうちに泊まりにいって、気を遣わなくていい家族って、
どのくらいいるかな?
うちはメキシコ人も含めて5家族くらいかしら?
我が家も、誰かの「気兼ねなく泊まれるおうち」になりたいな、と思います。


子供たちも遊べて、私も久しぶりにゆっくり話ができて、
充実した1泊2日でした。
オットオクン、出張ありがとう(笑)
[PR]
by punkpink | 2013-11-27 03:45 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(0)

トラントンゴ温泉へ行こう! メキシコ湯けむりドタバタ旅 後半

さて、2日目。

朝起きて1番にするべきこと、それは、
今日こそは!と本日のコテージ宿泊希望リストに朝早く名前を書きに行くこと!
そのあとは闇食堂で朝ごはんを食べ
その後はここのメイン、Grutas(洞窟)へ。

洞窟は、川上の方へ階段をずっと登ってったとこにあります。
温泉のせいなのか、Grutasへ近づくにつれ、周りの植物が
苔とか増えてきて、まるでもののけ姫のあの最初の森みたい…。
すぐそこにコダマが出てきそうな道を抜けていって、到着。
e0172085_13474972.jpg


この右奥に洞窟があって、冷たい水の滝をひーひー言いながら抜けて入ると、
奥に広い空間が広がっており、天井の一角からかなりの量のお湯が噴出してます。
e0172085_13481556.jpg


お湯の温度はちょっとぬるいくらいだから、結構みんな長いこと入ってます。
強烈な打たせ湯みたいで、楽しい。
なんか、のんびり温泉、っていうよりも温泉アトラクション、ってかんじかな(笑)
上の方には「Tuunel de vapor 湯けむりトンネル」っていうのもあって、
こちらはもっと冒険ちっくでおもしろそうだったけど、
結構ハードみたいなのでうちはやめときました(子供には向いてないらしい)


洞窟もトンネルももちろんカメラとかは持っていけないから、我々はいったん写真を撮りに来て、
着替えと荷物置きに戻ったのだけれど、
いちいち戻るのがめんどくさい人は、上がってくる途中にコインロッカーもあり。



そして、洞窟を満喫したら、今度は車でPozas側へ移動。
e0172085_1495857.jpg


基本めいはどこでも楽しそう。いいことだ。
あ、朝方は寒いけれど、昼間は普通に暑かったです、
外の温泉プール普通に入れるくらい。11月半ばなのにね。
e0172085_14101373.jpg


花も、咲き乱れてました。
あっちにハイビスカス、こっちにポインセチア、みたいなすごい季節感w…
e0172085_14103586.jpg



そして、到着。これがPozas!
こうやって段々畑みたいに、露天風呂がいっぱい。
e0172085_1433796.jpg


お風呂の向こうは切り立った崖!
お湯は上からどんどんかけ流しなので、すごく綺麗
e0172085_145479.jpg


比較的上の方にあるPozaの方がお湯が熱い。
e0172085_1435864.jpg



そして、運命の時間が!
今日コテージに泊まれるかどうか、リセプションに確認に。
12時半になったらリストに名前を書いた順に並ぶんだけど、
目の前に今日空いてる部屋の鍵があって、
その鍵がどんどん前の人にもっていかれる感はスリル満点!
しかもみんな「自分は何番目に名前書いた!」とかピリピリしてるし(笑)
普段温厚というか、並んだりすることに全然イライラしないメキシコ人を見てるだけに、
そのピリピリ感が大分伝わってきましたw。
ま、もちろん私たちも充分ピリピリしてたんだけど!

そして、無事に今夜泊まる部屋を手に入れた!
e0172085_14472446.jpg


しかも、お部屋の目の前がちょうど絶景!
後ろは切り立ったがけで、ふちに立たせて写真を撮ろうと思ったらめいのこのビビり顔(笑)
e0172085_14474837.jpg


無事、荷物も部屋に運んで、午後はひたすらPozaに浸かってました…
e0172085_14482650.jpg


夜はまたもや闇食堂に行き、帰りにミチェラダをお持ち帰り。
月明かりのさすテラスで乾杯だ!(めいはゼリー笑)
あー、温泉最高…
e0172085_14484423.jpg



そして、次の日の朝は、待ちに待ったこれ!バルバコア!その場で焼いてます。
e0172085_1449465.jpg


実は前日のお昼にも食べようと思っていたんだけど、1時くらいの時点で既に売り切れ…
次の日は逃すまいと朝からがっつり食べに行きました。
これはコンソメを下の方から出してる図。
e0172085_14492337.jpg


もうね、これはここに来たら絶対食べなきゃ損!
日曜祭日のみ、しかも確実に食べたいなら朝。
昼はもう売り切れてる可能性大!
e0172085_1449409.jpg



だって、これが一番美味しいもーん。
お肉はトロットロ!コンソメは濃厚なのにしつこくない!バルバコア最高!
3人で500g、食べちゃった…
玉ねぎのせて、サルサをかけて、レモンをぎゅーっと絞って、いただきます。
e0172085_14505227.jpg


そして、バルバコアで満足した後は、またもやPozasへ。
e0172085_14512188.jpg


出発時間ぎりぎりまで、とにかく浸かる。
e0172085_14514174.jpg


浸かる…
e0172085_1452138.jpg



そして12時にチェックアウトして帰途につきました。
帰りはなんと3時間でシティに着いた!
行きはなんだったんだ…(笑)


ここに行く、と決めたのも3日前くらいで、前日はすっかり寝ちゃって荷作りは当日の朝、
っていう準備期間の短い旅だっただけにびっくりトラブル発生だったけど、
それも含めてめっちゃ楽しかった。

なによりもね、ここ、ネットも携帯も通じないんです。
だから普段の旅だと、オットオクンは隙あらばパソコンを広げて仕事をしているし
(えぇ、もちろんバケーション中にです!よっ!日本のサラリーマン!)
私もつい本を読んだり、めいもホテルの部屋のテレビ見たりしちゃうけど、
ここはそれができない(笑)
しかも初日はテントで家族3人こんなに密着して狭い空間で長時間過ごすの、
チワワの山小屋以来?てかんじでw。
みんなで仲良くゲームしたりふざけたり、なーんかすごくよかった。
こうやって家族が向き合って、何もないところで濃密な時間を過ごす、
って現代ではなかなかないことだなーって、文明に毒された私は思ったのでした。

トラントンゴの絶景温泉、温泉も素敵だし、バルバコアも美味しいし、
何より、何もないところが魅力だなーと思う。
また機会があれば行きたいな、と思います、今度は準備周到で(笑)
[PR]
by punkpink | 2013-11-21 10:13 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(6)

トラントンゴ温泉へ行こう! メキシコ湯けむりドタバタ旅 前半

e0172085_13215498.jpg


先週末はメキシコは「革命記念日」で3連休。
めずらしくオットオクンの仕事も何も入らなかったので、
せっかくだからどこか行こうかということになり
「最近寒いから、温泉とか入りたいよね」と既に中年夫婦のような会話で
(っていうか、もう中年なのかしら?我々…笑)
シティ近郊の温泉に行くことにしました!

実はメキシコには結構温泉があり、モンテレイでも行ったことあるんだけど(ここね
シティ近郊にはもっとあります。
んで、いろいろどこにしよっかー?って考えた結果、TabiTabiTOYOという、
ビアヘス東洋というメキシコの旅行会社さんが作っている無料配布雑誌に載っていた、
トラントンゴ洞窟温泉(Grutas de Tolantongo)に決定!


e0172085_13265397.jpg


ま、理由はね、写真が素敵だったから、っていう単純なもの。
ただ、今回行く前にこの雑誌以外にも、結構ネットでブログとか情報を探したんだけど、
「行きましたー!よかったです!」っていうブログは多くあれど、
細かい情報があまり見つからなかった。
んで、行ってみてすごく「あぁこれを知っていれば!」と思うことが多かったので、
そのへんの細かいこともこれから行く人のためにガイド風に書いてみようと思います。

さて、トラントンゴ洞窟温泉。
名前の通り、メインは洞窟です(笑)
公式のHPはここ→トラントンゴ洞窟温泉

まずね、旅行に行くときに何をするかっていうと、足と枕の確保でしょ?
今回は車で行くので足はいいとして、枕、つまり泊まるところ。
予約しようと思ってHPをよくよく見たら
「現在宿泊の予約は電話やメールなどでは
受け付けておりません、当日先着順です」


って書いてある…


今時そんなのありー!????
オットオクンが電話で確認するも、

「連休は混むから早めに来たほうがいいよ」
だそうで。

まじですかー!!??
というわけで、本当は朝の6時くらいに出る予定が、結局8時くらいになってしまったけど、
我々としてはかなーり早めに家を出ました。

場所は、シティの北東にあるパチューカという街の更に北の方。
そいで山の中だからナビとか使おうにも通りの名前も住所もない!
まぁHPにどうやって行くか、とか書いてあるんですが、
家を出る前に行き方を調べていたオットオクンが「大体わかった」って言ったので
その言葉をまんま信用してそのまま家を出ました。

これが運のつき(笑)

オットオクン、HPではなくグーグルマップのルート検索の方で行こうとしたんだけど、
小さな街を通る複雑なルートだったらしく、迷いに迷い、
途中の高速道路でぐるぐる2時間くらい時間を無駄にしました(笑)

ちなみに、正しいかどうかはわからないけどw、我々が行った行き方は、

シティからケレタロ方面へ向かう有料の高速に乗り、
途中「arco norte」というパチューカ方面へ行く高速に乗り換えて、
パチューカに着いたら高速降りて、そしたらイスミキルパン (Ixmiquilpan)という街へ
標識が出てるからそれにしたがって向かいます。
イスキミルパンに着いたら今度は「Grutas Tolantongo」という標識が出ているから、
それにしたがって行くだけ。

イスミキルパンまで着いちゃえば、もうわかったも同然。
ただ、標識に従ってるのに「え、ほんとにここでいいの?」みたいな場所も通るので
かなり不安になりますが(笑)大丈夫、その道でいいんです!
ってかんじのざっくりした行き方、本当だったら3,4時間で着くみたい(笑)

しかーし、そもそもパチューカに行くのに地道で行こうとして迷った我々。
途中もうたどり着けないかも、と思って別の街に行くこととかも考えましたがw
結局そのへんのおじさんに道を聞いて、やっとたどり着いたのが午後2時半…
11時くらいには着きたかったのに…

でも途中12時くらいに電話して部屋があるか確かめたときは
「まだありますよ」って言われたから、まだ大丈夫じゃないか?って期待しながら
行ってみたら…









「もう、今日部屋ありませんよ」











ぎゃ、ぎゃっびょーん!!!


どうすんですかー?
6時間もかけてきたのに(迷ったからだけどw)
帰れないし!!!とか思ってたら、




「大丈夫、ちゃんとオプションとしてCampamento(キャンプ)があるから!
テントの貸し出ししてますよ!」


と言われ…





しょうがないので、テントを借りて、今晩の宿確保!
e0172085_13262286.jpg



って温泉リゾートに来たつもりが、まさかの温泉キャンプ!
突っ込みどころ満載ですが、我々の旅行にトラブルはつきもの(笑)
寝れるところがあったからいいとしようよね。
めいは「キャンプだ!」って相当喜んでたしw。
e0172085_1453967.jpg




テントで寝るのも想定外だったけどおもしろかったですw。
ほんと、キャンプしちゃってる自分たちにウケた(爆)
下調べはざっくりなオットオクン、次回からはもう彼に任せません!
e0172085_149810.jpg





ここで、このトラントンゴ洞窟温泉施設をざっくり説明すると、
まず最初にEntradaで大人1人1日120ペソ、車1台につき1日20ペソの駐車料金を払います。
HPには「5歳未満の子供は無料」って書いてあったけど、
めいは6歳で普通にタダだった(笑)5歳未満に見えたのかな、ラッキーw。

まぁ、今回の場合、2泊3日なので、大人2人&車1台×3日分で、780ペソ。
そんで、中に入ってRecepcionまで行って、
宿泊施設に泊まる場合は(部屋があればね笑)
部屋代を別途に払う、と。まぁ400ペソから高くても900ペソなので安い方だと思う。
宿泊棟はこんなかんじ↓
e0172085_13422980.jpg



ま、ここね、

「温泉リゾートホテル」だと思ったら大間違いで、

どっちかっていうと、
「温泉付きのキャンプ場に、Cabaña(コテージ)とか宿泊できる場所もある」
と考えて来る方が無難!
絶対最初はキャンプメインで作られた、んだと思う。
今はリゾートの方向へ移行しようとしてるけどw。

その証拠に、我々、2日目は無事にコテージへ泊まれたんだけど、
部屋にタオルがない!シャンプーもない!あるのは、石鹸とボトルの水のみ。

てっきり温泉ホテルに来た気分だった我々。
タオルとか、普通部屋にあるでしょー、なくても借りれるでしょーと思ったら大間違い!
でもご安心ください、ちゃんと売店に売ってます(笑)
しょうがないので「Grutas de Tolantongo」ってばっちり刺繍してある、
めっちゃお土産感満載のバスタオル3枚買っちゃいました。
ちなみにオットオクンはあろうことが水着を忘れ、
これまた刺繍入りの水着も購入(爆)
記念になるからおもしろくていいけどさ、正直トラントンゴ以外の場所で履くの恥ずかしいよ!


もちろん、我々のように部屋がない人には、
テントを120ペソくらい?だったかな?で貸してもらえますw。
(借りると設営までしてくれます)
ちなみに下に敷く薄いマットレスみたいのはやはり有料で借りれるけど、なんと毛布は販売のみ。
我が家のように泊まれない可能性がある時間に出かける場合は、
毛布などは持参した方が無難(そんな人いないかw)
っていうか、うちねー、テントも寝袋も毛布もあるのに!もっていけばよかったよ、ほんと…


また、キャンプ用の人にシャワーもあります、
でも温泉の温度だからちょっとぬるめ…。
ちなみにキャンプ用のトイレ、というか外のトイレは
レストランのトイレをのぞいて、すべてトイレットペーパーもないので、
トイレットペーパーは忘れずに。売店でも買えますけどね。
うちは車の中に偶然あった箱ティッシュが大活躍でした(笑)
キャンプのところには水場もちゃんとあるし、キャンプ場としてはすごく整備されてると思う。

さて、施設ですが、最初のEntradaから2つのエリアに分かれています。
左側はメインの洞窟(Grutas)と温泉の泳げる川がある方。
右側はPozasという日本人好みの露天風呂とtirolesaっていうターザンみたいなやつがある方。
宿泊施設とキャンプ場、レストランはどちらにもあるんだけど、
泊まるならおすすめはPozas側のseccion Paraiso Escondidoの方。

メインの洞窟と泳げる温泉の川はアクティビティとしては楽しいけれど、
1日中そこにいたいものでもないし、日本人からして「温泉」といえば、
やっぱりGrutas や川よりPozasの圧勝です!
なんといっても絶景温泉だし!
お湯の温度はあんまり熱くないけど、その分ずーっと入っていられるし、
すごい沢山数があるので、人が多くなければ自分たちだけの貸切みたいにして入れるし、
色んなところに入ってみるのもいい。
プールはどちら側にもあるけど、Pozas側のプールには大きな滑り台もあるしね、





というわけで、着いて早々、テントを確保し、とりあえずお腹が減ったのでご飯へ。
e0172085_13312955.jpg

メキシコといえばミチェラダだ!
(ビールにチャモイという甘酸っぱいサルサやウスターソース、レモンを絞ったのなんかが入ってるやつ。
誠にメキシコらしい味ですが、慣れると癖になる…)


ここが経営してる公式なレストラン(っていうほどでもないけど)は3つしかなくて、
洞窟側にメインのレストラン一つ(このミチェラダのところ)と、バルバコア専用のところが1つ。
Pozas側に軽食兼日祭日はバルバコアやるよ、っていうとこが1つ。
でも、実はね、洞窟側のキャンプ場の上の方を川下に向かって歩いて行くと
闇食堂みたいなのが10軒くらいあります(笑)
たぶん、メインのとこだけじゃ収容しきれないのと、キャンプで来る人たちは
もっと安く済ませたいからかな?
もちろんキャンプに来てる人たちはそこらじゅうで火を起こしてBBQなんかやってるわけですが、
それにも疲れてきた人々が夜な夜な集まってご飯を食べています、
正直言って、メインのレストランとメニューはそうたいして変わらないし、
安くて美味しいから、我々は最初のお昼だけレストランで食べて、
そのあとは、ずっと闇食堂で食べてましたw。

さて、腹ごしらえが終わったらもう夕方(涙)
でも一応テントの中で着替えて、川に入ってみました!
(この写真は翌日だけど)
e0172085_13373688.jpg


ほんとに川全体がぬるい温泉だ!
結構気持ちいいけど、流れがあるから小さい子は浮き輪とか必須w。
ちなみにクロックスでも流されそうだったので、
水の中専用の靴とかあると便利だなーと思いました。
夕方だと出るとき寒かったけど、昼間の日が出ているときなら充分楽しめるな、ていうかんじ。

その後は、闇食堂にご飯食べに行って、早めに就寝。
(だってテントの中に何もできないしw)
ちなみにこのキャンプエリア、夜中までみんなが歌ったりおしゃべりしたり、
(ギターもってきてた人いたw)かなりにぎやか!
メキシコのワイワイ感を味わうにはいいけどw
静かに寝たい人は、キャンプはおすすめできません。
ま、オットオクンとかふつーに爆睡でしたが…

長い1日が終わり、後半はまた後ほど。
[PR]
by punkpink | 2013-11-20 14:37 | 旅行 メキシコ国内 | Comments(7)

2013 めいの運動会 @Liceo Japones Mexicano

e0172085_3484281.jpg



先週の土曜日は、めいの幼稚園の運動会でした!


今まで運動会といえば、モンテレイの日本語補習校の運動会に、
未就学児としてパン食い競争とかに混ぜてもらう、のがめいの運動会。
最近増えてきたとはいえ、モンテレイの補習校の子供の人数はたぶん50人いかないくらい?
いや、最近はもっといるのかな?
とにかく、モンテレイのパパママたちが主催の
少人数でアットホームな雰囲気の運動会しかでたことのないめいにとって
今年が初めての、本格的な「運動会」。

当たり前なんだけど、1か月くらい前から運動会の練習が始まり、
めいに何を練習してるの?って聞いても教えてくれないので
一体何をやるのか、ずっと楽しみにしていたのでした。

当日、早起きしていつものから揚げ弁当作って
急いで学校に向かうと、もうグランドは人でいっぱい!
でも、日本から来たばかりの人の話を聞くと、日本の幼稚園運動会の場所取りはもっとすごいらしいので
これでものんびりしてる方なんだとか…いやー、メヒコでよかった(笑)

めいを先生のところに送り届け、レジャーシートを敷き(売ってないから作った)
さぁ用意は万全!


満を持して、入場!
e0172085_342498.jpg


そしてなんと、ここで早くも本日のハイライト!
e0172085_3421894.jpg


なんとなんと、めい、開会式の「始めの言葉」をいうことになってたのです!
そんな大役、大丈夫か…?と心配になったけれど、
e0172085_3423222.jpg


「これから運動会を始めます、Vamos a comenzar nuestro UNDOKAI!」と
練習通りに言えました…
(リセオはメキシコ人日本人混合なので、公式行事はスペイン語日本語両方でのアナウンスです)
e0172085_3425649.jpg


いやー、こっちがドキドキした…よくやったぜ、めい!
e0172085_3431098.jpg



さ、これで今日の一番メインイベント終わりってことで(始まったばっかだけどw)
リラックスして体操し、開会式終了。
e0172085_344794.jpg


3つ目くらいの年長さんのリレーが始まるなぁと思って見ていたら、
なぜか先生に手をひかれて入場してくるめい…
e0172085_3442111.jpg


おや?と思ったら第一走者じゃん!
そんな大事な役目、大丈夫ですか…(汗)
e0172085_3443624.jpg


こっちが緊張しちゃうなか、あっさり始まっちゃって、
e0172085_3445228.jpg


まぁ3人中3位でしたけど、がんばりました!
e0172085_3463562.jpg


最後は2位の子に追いつきそうになったところで、バトンタッチ!
e0172085_3464984.jpg




いやー、びっくりした、緊張した!
なんせ、今までめいが人と走る競争してるの見たことなかったもんで、
めいがどんな走りを見せるのか、全くの未知数…
我が家の運動神経を家系的に見てみますと、

   わたし→走るのめちゃめちゃ遅い
オットオクン→マラソン大会小学校6年間ずっと1位

と極端に分かれるわけでして、私に似れば走るの遅い、オットオクンに似れば走るの速い、
んだろうね、なーんて話していたんだけど、
運動会を見たかんじでは、限りなく私似?(あぁ、ごめんよ、めい笑)

ま、一生懸命やればいいと思うんです、こういうのは。
私も運動神経のなさでコンプレックスだったのは小学校くらいまでだったしね、
その後はあんまり関係ありません(笑)

そうそう、思わず大きな声で「めいがんばれ!」って応援しちゃったんだけど、
隣でビデオを撮っていたオットオクンから「うるさい」と苦情の声が…

周りを見てみると、やっぱりみんなビデオを撮っているから、
応援はせずに、しずーかに見てる。
でもさぁ、やっぱり自分の子供が一生懸命走ってたら、
応援したくなるのは親の性じゃない??
子供だって応援が聞こえたら嬉しいと思うし。
日本にいるおじいちゃんやおばあちゃんに見てもらうビデオなら、
応援の声が入ったっていいじゃない?
一緒に見るときちょっと恥ずかしいくらいで(笑)

ビデオや写真で記憶を残すことも大事だけど、
その場でがんばって走ってる子供にも応援はしてあげたい、
というわけで、めいが走った後も、周りの空気をちっとも読まず、
明らかに知ってる子が走ってるときには容赦なく大声で応援したのでした(笑)

みんな、ほんとに一生懸命走ってて、なんかじーんとした。
無心で頑張る子供たちを見てると、なんか色々と反省することがいっぱいある気がします(笑)


さて、次は「親子競技」

もちろんここはパパの出番!
オットオクンは
「俺、こういうの苦手なの知ってるでしょ?」とかブツブツ言ってましたが
容赦なく送り出しておきました(鬼嫁w)

肝心の競技はというと、何も描いてないお面をかぶった親と、
子供が手をつないで走っていって、そのお面に顔を描いて帰ってくる、というもの。
しかし、何も描いていないお面をかぶったお父さんお母さん方…
完全に「13日の金曜日のジェイソン」なんですけど…(怖い!)
ジェイソンがいっぱい…
e0172085_4152347.jpg



まぁでも無難に終わり、そのあとは年長さんが女子と男子に分かれて、ダンス。
e0172085_415711.jpg


めいたちは、なんか「メヒコ!」って言いながら踊る、っていう
e0172085_4154158.jpg


ちょっとよくわかんないかんじでしたw。ま、いいよね。
e0172085_4155558.jpg



ダンスが終わったらお弁当を食べて、なんかみんなでグランドの真ん中で踊って
閉会式へ突入。
1人1人先生からメダルが渡されて、終了。
e0172085_617339.jpg


いやー、初めての運動会!
流れがよくわかんなくって戸惑うことも多かったけど、
天気もよかったし、楽しかった!

一生懸命踊ったり走ったりするめいを見て、ついこの間まで赤ちゃんだったのに、
となんか感慨深かったです。
「幼稚園生」としての運動会はこれが最初で最後。
いい思い出になりました!
[PR]
by punkpink | 2013-11-13 06:18 | めい/メキシコでの育児 | Comments(4)

Feliz Halloween 2013

e0172085_1315862.jpg



先週の木曜日は10月31日、ハロウィン。
メキシコではもともと11月1日2日の「死者の日」をお祝いするのだけど、
最近はアメリカ文化の影響が多大にあって、
ハロウィンもなんかいっしょくたにしてお祝いしてることが多い、気がする。w
まあね、子供にとっては、「仮装してお菓子もらえる」楽しいイベント!
これは参加しちゃうしかありません!

しかも我々の住んでいるコロニアは、ハロウィンがすごいことで有名らしい。
みんなが友達をおうちに招くから、その日はコロニア中で子供がいっぱい!と聞いてたので
それならば、ということで、めいの幼稚園のお友達を招いてハロウィンパーティー!をすることに。

とりあえず、気分を盛り上げるために2,3日前からクッキーを焼いてアイシング。

こーんなかんじです。
e0172085_1323642.jpg


めいと二人で、せっせとクッキーの生地を作り、せっせと型抜きし、
せっせと焼いて、せっせとアイシング。
e0172085_1325627.jpg


ちなみにめいがアイシングしたやつがこちら。
ある意味、私がアイシングした場合より怖い!
しっかし結構上手にできたじゃん!と親ばか全開ですみません…
e0172085_1534772.jpg


ガイコツのクッキー型を買ったのでウキウキしながらアイシングしたんだけど、
あれ?完全にルチャリブレ…悪役プロレスラーコンビになってるじゃん!
(もちろん死者の日の骸骨をイメージしたのに!)
e0172085_1331314.jpg



これはいかんと、ネットで画像検索して真似しながらやっと完成したのがこっち。
それでもまだ微妙ですが、さっきのよりはまし…まぁいいとしましょう…
e0172085_1332823.jpg



クッキーはお持ち帰り用、人にあげる用、飾り用に分けて、ラッピングして、
飾り用はCentro de la mesa(この記事の一番上の写真のやつ。よくパーティー会場とかでテーブルの真ん中に飾ってあるやつ。) を作るのに使用。

そして10月31日のお弁当はこれ!
わーい、満を持してのハロウィンお弁当だい!
e0172085_1334358.jpg


といっても、おばけおにぎり以外は、前日の煮物が鍋に残ってたので、
それをちょいと拝借して、ハロウィンのクッキー型で抜いただけ、という手抜きですが。

それでもかなりかわいくできた!と思って、めいが帰ってきたとき

「ねぇ、お弁当どうだった!!??」って聞いたら

「今日のお弁当、多かったから今度から少なくして」


ガーン…


「えぇ、それだけぇ?」というと、



「(投げやりに)あぁ、かわいかった、ちがうちがう、こわかった」



ですって!

うーむ、うちの娘にキャラ弁は必要ない!ということが決定!
母、しょんぼりです…
ま、自己満足だからね、キャラ弁は。いいんですけども…



そして、本当は10月31日がハロウィンなんだけど、次の日の11月1日が金曜日だったので
コロニアのハロウィン(つまり、仮装してお菓子をもらいにおうちのドアをたたいて廻る、というイベント)
は11月1日に行われました。

11月1日は死者の日当日ということで学校でもイベントが。
当日は、いつもは制服の幼稚園も「服装自由」
ということで、幼稚園生から中学生まで思い思いの格好でバスに乗って行っていて、
みーんなすってきだった!

幼稚園のイベントはクラスごとに「死者がよみがえる」みたいな歌に合わせてちょっと振り付きで歌う、
というちょびっと地味なもの(笑)
めいはどこにいってもこの顔!

e0172085_1342100.jpg
e0172085_1341536.jpg


ちなみに、このイベント中に牙をなくしてしまったらしく、
イベント終了時には半泣きでしょんぼりしていためい。
あの牙のためにバンパイアになったようなものなのに、かわいそすぎる!
ということで、イベント帰りにお店に寄って牙を再購入してあげました。
こんなとこだけ優しい母…

そうそう、ブログをずっと読んでいてくださる方はお気づきでしょうが、
めいは今年も去年と同じバンパイア…
e0172085_1343180.jpg



ほんとは今年はなんか別なものになりたかったんだけど(私がw)
「恐ろしい化粧&牙」がよほど印象的だったようで、
「今年も絶対バンパイアがいい!」と譲らなかっためい。

しょうがないわね、そんならバンパイアでもいいけどもさ。
でもせっかくだからもっと本格的にメイクしてみましょう、ということで
やってみたのがこんなかんじ。

e0172085_1344775.jpg


でも、写真を撮ってみてみたら、めいは牙の効果もあるからいいとして、
私の化粧になんかまだ恐ろしさが足りない…
ということで、更にメイクを足して完成したのが、これ!


e0172085_135342.jpg


うんうん、怖い怖い(笑)
このくらいやらないとね、どうせやるならね!


さぁ、Trick or Treat出かけるぞー!
(かわいい女子4人の中で恐ろしいメイクをしているのは、もちろんめいだけ笑)
e0172085_1352046.jpg



メキシコでは場所にもよるけど、大体おうちの前で
「Queremos Halloween!(直訳すれば、『ハロウィンが欲しい!』)」と叫びます。
e0172085_1353618.jpg


お菓子をあげる側ももらいに行く側もかなーり気合入っていて、
e0172085_1355563.jpg


たまーに本気で怖い子とかいて(私たちなんてめじゃないくらい!まじで!)ぎょっとします!
e0172085_1361260.jpg



ほんとは、コロニアのパーティー会場で、屋台が出るというので
それにも行ってみるつもりだったんだけど、
さすがに1時間歩き続けて子供も大人もぐったり。
なのでおうちに帰ってごはんにしました。
子供は甘口カレーと大人はタイカレー。かぼちゃプリンも作ったけど、
e0172085_1362970.jpg


一番作りたかったのはこれ!魔女の指ソーセージ!(入りのスパゲティグラタンw)
e0172085_1365069.jpg


あぁ気持ち悪い!

その後は、子供たちも散々遊んで、大人たちはおしゃべりして、
楽しい夜はふけていきました…

来年のハロウィンはどこにいるのかなー?
メキシコにいるなら、メイクも楽しかったし、
来年こそはカトリーナ(メキシコの有名なガイコツのモチーフ)になろうっと!


あ、最後におじいちゃまおばあちゃま、
孫の写真が恐ろしい顔の写真ばかりですみません(笑)
そのうちかわいいのも載せるからねw。
[PR]
by punkpink | 2013-11-05 02:09 | メキシコ生活 (シティ編) | Comments(8)


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

最新のコメント

hiyoriさま ..
by punkpink at 11:36
Junさま、 コメ..
by punkpink at 11:34
あささま、 大変今..
by punkpink at 11:31
こなつさま コメン..
by punkpink at 11:28
初めまして。"メキシコ ..
by Jun at 09:03
まりさま、 コメン..
by punkpink at 07:11
友達に今週末行こうといわ..
by あさ at 03:41
こんにちは、いきなりコメ..
by こなつ at 17:10
> ノーラ・コーリさん ..
by punkpink at 22:37
はじめまして、海外出産・..
by ノーラ・コーリ at 11:33

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧