1学期が終わって。幼稚園あれこれ、日本とメキシコ。

今日が2013年最後の日でした。
得意げな顔で帰ってきためい。
そうそう、昨日は幼稚園で作った2014年のカレンダーを持って帰ってきました。
e0172085_14192771.jpg
これがかわいいの。
簡単な版画みたいにしたみたい。
なにがいいって、 またしてもこのゆるきゃら! 人面馬かっ!
e0172085_14194767.jpg
いやー、年賀状とか作るなら絶対このデザイン使っちゃうんだけど(笑)

そんなこんなで、めいの日本人学校での1学期が終わろうとしています。
最初は友達できるかなってすごく心配してたけど、
今ではたくさんの友達ができて、
楽しそうに通っていて、 よかったな、とホッとしています。

ほぼ4か月通わせてみていいなぁと思ったことは
やっぱり日本人学校だけにきちっとしてるってこと。
段取りとか準備とか、すごく前もって教えてくれるw。
基本、メキシコの学校は前日か前々日くらいに
「これ持ってきてください」とか言われるのが普通だからw、
2週間前くらいから教えてもらえてすごく安心して準備できるw。
「聞いてないよー」とダチョウ倶楽部の上島竜平になることもない(笑)
あと挨拶とかがなんかきちっとしたり、しゃべる言葉がしっかりして、
これなら日本帰ってもなんとか馴染めそう、と思ったり…


ちょっとびっくりしたことは、幼稚園で
もう「人と比べる」ことを教えてしまうこと。
なんか「できたよカード」みたいのがあって、
そこにたとえばあやとりがここまでできた、とか鉄棒がここまでできた、
みたいなのが書いてあって、できるとシールとかもらえる。
どういうシステムなのかわからないけど、
他の子のカードを見ることができるみたいで、
みんな出来てる子に追いつくように、競い合ってできるようになろうとする。

もちろんめいはあやとりも鉄棒もしたことない(笑)
あやとりだって私と本を見ながら1こ1こ覚えるだけだし、
鉄棒なんてまずぶらさがるところから!
そもそも鉄棒自体にリセオで初めて触ったと思うw。

他の子はもうずいぶん先の方まで進んでるから、
めいがあやとりの「2段梯子」をやっとできるようになるころには、
他の子は「5段梯子」ができてる、って感じ(笑)
みんな、シールをもらおうと休み時間も一生懸命鉄棒を練習したり、
あやとりを練習したりするみたい。

このシステム、「目標のために努力する」ことを推奨してていいと思う、
けど 同時に「人と比べて劣等感を持つ」というマイナス面もあると思う。
今までメキシコの現地校に行ってて、
クラスの中で体格的にも誕生日的にも小さい方だったけど、
めいが「他の子よりできない」って思ったことなかった。
たぶんめい本人もそうだったと思う。
もちろん言語的な面で両親ともメキシコ人の子にかなうはずないんだけど、
なんかそういうのをあんまり感じなかった。
他の子と比べる、っていう発想がなかったんだと思う、
特にめいの行ってた幼稚園は、ナチュラル系だったし
(いや、ほんとはSocio-constructivistaっていうちゃんとした方法論にのっとってたんだけど笑)。
やっぱり「褒める」ことが基本の文化だからなのかな?

リセオに来て、そういうなわとびとか鉄棒とか、
自分が他の子よりできないことを明確に示されて、
「めいはできないから」とか
「他の子はもっと上手にできるよ」とか
ちょっとネガティブな発言を初めて聞いた。
そのたびに
「めいは初めてなんだからしょうがないよ、
めいはめいのペースで少しずつやればいいじゃん」って言ってた。
正直私個人は鉄棒もあやとりもできなくてもいいと思ってる。(ダメ人間w)
でもめいが「自分もできるようになりたい」って思ってるなら
応援はしてあげたいなぁと思うけど、
何も無理に周りに合わせなくてもいいじゃん、って思う気持ちもあったり。
まぁこれは天邪鬼な私の気持ちからくるものだから、
素直に一緒にがんばろうって言ってあげればいいんだろうけど、
なんとなく100%納得できないものを感じたり…

あと、「食べ物を大切にする」っていうのは日本では当たり前で、
すごくいいことなのはわかる。
わかるけど、「お弁当は絶対に全部食べる」方針も、
わざわざ「空のお弁当を先生に見せる」という儀式が終わらないと
お弁当を終われない、というのも、なんかなぁというか…
これも日本の幼稚園や学校では当たり前らしいけど、
なんとなく慣れてないと異質なものを感じてしまう。

めいの今の担任の先生はすごく優しいし、
めいのいいところをいっぱい話してくれる。
クラスの活動もクリエイティブだし、工夫してるし、
子供と一緒に考えて進んでいくってところが
おもしろいし、すごくいいと思う。

けど、やっぱり日本の教育システムっていうのが
「基準に合わせる」っていうのを柱においてるからなのかなー?
なんでも同じに、はやっぱりなんとなく抵抗を感じるのです。
でも、日本の幼稚園を体験してきたママさんから聞くと
「まだリセオはゆるい方だよ」とのことなので(失礼笑)
日本の幼稚園に行ったら「画一感」はもっとハンパないのかもなぁ…

でもそのおかげで?というか昨日みたいな発表会とかだと
やっぱりみんなびしっと決まるし、
正直メキシコ人だけのクラスよりレベルが数段高い…
もちろん年齢が1学年上っていうのもあるけど、
やっぱり小さい頃からのそういう教育の影響もあるのかなぁとか…

まぁね、当たり前だけど大人になるともっと顕著に表れるよね。
全てにおいてきっちりしておいて、綿密で計画的、
時間通りに物事は進んでいくけど融通がきかなくてまじめな日本人と、
おおらかでのんびり、お祭り好きでいつもハッピーで
でもおおざっぱ過ぎでいろんなところで支障がでちゃうメキシコ人。
どっちがいいってことでなくって、やっぱりもう幼稚園の段階から
その特徴が表れてるのが、果たして教育のせいなのか、
なかなか興味深いな、と考えてしまった学期末でした。

なにはともあれ、笑顔で終われた今年。
来年はめいもとうとう卒園。
そして小学校入学!
また忙しくなりそうだけど、見守って行きたいと思います。

最後はいつのまにかめいのおもちゃになってるモンティ。
迷惑そうな顔(笑)
e0172085_14190575.jpg




  
[PR]
by punkpink | 2013-12-20 09:00 | めい/メキシコでの育児


2009年2月よりメキシコ・モンテレイで4年半を過ごし、そろそろ帰国かと思いきや2013年8月よりメキシコシティに引っ越しとなりました。いつまで続くかぐうたら子育て生活inメキシコをのんべんだらりとお届けします。


by punkpink

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
メキシコ生活(モンテレイ編)
メキシコ生活 (シティ編)
めい/メキシコでの育児
メキシコでの妊娠・出産
メキシコシティ 見どころ
日本への帰省
旅行 メキシコ国内
旅行 アメリカその他
旅行 ニカラグア
旅行 ニューヨーク
旅行 キューバ
旅行 ペルーマチュピチュ
おでかけ モンテレイ近郊
おうち時間
猫たち
ピニャータ/フィエスタ
モンテレイ 生活情報
お知らせ
スペイン語
料理・美味しいもの
メキシコ 民芸品
オットオクン
カメラ・写真
未分類

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
more...

フォロー中のブログ

はなぺちゃキョウ子
ばーさんがじーさんに作る食卓
Life in Leon
Lush Life
The other side
あられ   ☆雨チル天使☆
IEbiyori
México Diario
ジェット妻ストリーム2
サンフランシスコ食堂 
Belize*Breeze

外部リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧